もーちゃんの部屋

日本のアブナイ政治屋たちによる右傾化を憂える記事が多いけれど、本当はキリスト教信仰やBCL、昔習っていた電子オルガンにまつわる話などを書きたいと思っています。

憲法は、国民が国家の暴走を食い止めるためにあるのです。国家が国民を統制するためのものではありません!
憲法・教育基本法の改悪と共謀罪、ホワイトカラーエグゼンプションの新設、原子力政策、特定秘密保護法、TPPに反対します!
人前での喫煙は殺人、吸い殻のポイ捨ては放火と同罪です!

「戦争はもう絶対にしたくないという日本人の感情と、理想主義に燃えたGHQの若いアメリカ人との奇跡の合作だった」──『憲法九条を世界遺産に』(集英社新書)
「憲法は天皇陛下と私の合作だ」「天皇陛下がいなければこの憲法はありえなかった」──マッカーサーの言葉
「マスメディアは、なぐさみと娯楽と恐怖を与える。/マスメディアは、ニュースを選別する。/マスメディアは、反対意見を小さく見せる。/
マスメディアは、本当に重要な問題を語らない。/マスメディアは、ただ過大な利潤を求める。/マスメディアは、人びとを孤立させる。」──チョムスキーの発言より
<< 米国産牛肉輸入再開へ | main | 「君が代」斉唱時不起立者の調査を─埼玉県戸田市 >>
NHK受信料支払停止の理由は……。
0
    実のところ私も、現在NHK受信料の支払いを停止していて(以前は銀行からの自動引き落としで年払いをしていたが、解約した)、2度ばかり督促状(挨拶文と振替用紙、自動引き落としの手続きの書類同封!)が送付されてきたが、無視を決め込んでいる。

    支払い停止の理由は、NHK職員の不祥事……ではなく、2001年1月に放送された「女性国際戦犯法廷」の番組改竄問題が究明されないままだからである。

    NHKのメールフォームから、次のような文章を送信した。

    私も今のところ受信料の支払いを停止させていただいております。貴局職員の不祥事が原因ではなく、以前放送された女性国際戦犯法廷を取り扱った番組の改竄問題が究明されていないためです。それどころか今回、当該番組プロデューサー2名を制作現場から外すという報復的異動を行ったことに対し、強く抗議するとともに、受信料支払停止の継続を宣言します。

    受信料の義務化や違反者への罰則化、大いに結構。
    しかしその前に、“公共放送”を謳っているのならば、それ相応の番組作りに徹していただきたい。

    今のNHKは“公共放送”ではなく“国営放送”である。

    はじめから“国営放送”を名乗っていれば、政府が放送内容に介入するのも頷けなくはないのだが……。
    | もーちゃん | NHK | 15:22 | comments(12) | trackbacks(2) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 15:22 | - | - |
      貴方とおなじ理由で、受信料不払いしている人を知っています。けっして、NHKを公共放送にしてはいけないと思います。
      | カーク | 2006/06/22 4:53 PM |
      すみません、間違えた、国営放送と書くつもりだったのでした。
      | カーク | 2006/06/22 6:00 PM |
      その後、NHKからの返信及び回答はあったのでしょうか?
      | 赤沢 | 2006/06/22 7:59 PM |
      はっはっは。私は一度もはらったことがないです。個人的な考えから。NHKの督促状は毎回来ていますが。返送・受け取り拒否をしています。受取ってあけてしまうと何らかの問題に巻き込まれる可能性があるので。
      | 百珍 | 2006/06/23 6:53 AM |
      督促状の受け取り拒否はいいですね。今度からそうしよーっと。
      ちなみに、今のところNHKからの返信は、なし。
      | もーちゃん | 2006/06/24 1:03 PM |
      私も払ったことありませんが、集金係りのアルバイトさんには500円あげます。TVは週に1時間程度しか見ませんし、衛星放送も4年に1回ワールドカップのときだけです。国営放送らしく、税金で拠出するかTV買うときに課金すれば?
      | hiko | 2006/06/26 8:48 PM |
      性懲りもなく督促状が来たので、「受取拒否」と朱書きした紙を貼ってポストに投函した!
      | もーちゃん | 2006/10/21 5:00 PM |
      こんばんは、初めまして。
      私も3年程、NHKの受信料不払いをしています。
      私の町会の方に、受信料なんて1回も払った事がないなんて言ってる人がいます。そう言う方は、不払いではないんですよね。
      今迄払っていた方が止めると、不払いになるんですよね。これってオカシイですよね。
      | ナガ | 2007/09/03 9:21 PM |
      ナガさん、ご訪問とコメントをありがとうございました。

      受信料を一度も払ったことがないなんて方、本当におられるのですね。
      そこまでいくと、もうご立派としか言いようがない(笑)。

      最初から払っていない人は不払い扱いではないとなると、どんな扱いになるのでしたっけ?

      まあいずれにせよ、NHKが本気で反省の色を見せず、民主主義をないがしろにしている現政権寄りの放送をしている限りは、受信料は払えませんね。

      優良な番組も確かにあるにはあるんですがねえ……。

      ところで、ナガさんのHPの猫チャンたち、皆可愛いですね。

      私自身は犬派も猫派もなく、普通にペットとして買われている動物は皆好きです(犬・猫・鳥・魚など)が、妻はやはり猫派だったりします。
      | もーちゃん | 2007/09/04 8:32 AM |
      そうそう、今でも督促状が来ていて、そのたびに「受取拒否」と朱書きしてお返し差し上げているのですが(笑)、向こうも随分しつこいです。
      いい加減諦めればいいのに……。
      | もーちゃん | 2007/09/04 8:35 AM |
      テレビが無ければ支払い義務は無い。
      「ウチにテレビはありません」が最も有効。
      彼らに家に中を調べる権限は無い。

      不払いとして記録されればNHK受信料裁判が実行されるとまとめて支払う破目になるでしょう。
      相手に督促状を返送している場合は悪質なケースと判断される。
      督促状が届いていないという言い訳すら出来ない。
      | 公営ギャンブル | 2007/09/06 11:57 AM |
      公営ギャンブルさん(何とユニークなHN!)、ご訪問とコメント、感謝です。

      「ウチにテレビはありません」法はよく耳にする話ですね。
      でも、屋根にアンテナを確認されたらどうするのでしょう?
      (それとも集金人はそこまで見ない?)

      昨年末にNHKが法的督促を行い、これに屈した人たちが支払いに転じた一方で、NHKに屈せず異議申し立てを行った人もいます。

      この異議申し立てがその後どう扱われたかは、最初の一人が分割払いを申し出た件以外については未確認ですが、NHK側の言い分が丸々通ることはまずあり得ないと踏んでいます。

      http://shalomochan.jugem.jp/?eid=323

      さらに、その後督促が追加されたという話も聞きません。

      この“脅し”で100億円の増収があったそうなので、NHKもこれ以上のアクションは起こさないのではないでしょうか。
      | もーちゃん | 2007/09/06 12:19 PM |









      トラックバック機能は終了しました。
      NHKOBらが永田・長井左遷人事に意見表明〜放送を語る会
      6月5日のNHK管理職定期異動で行われた永田浩三・長井暁両氏(「ETV2001」番組改変問題のチーフ・プロデューサーとデスク)に対する報復左遷人事について、「放送を語る会」が,NHKOBの会員の職場体験、NHK制作現場の最新情報を基にまとめた見解を転載します。6
      | 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士 | 2006/06/26 11:03 PM |
      日本政府のイラク戦争取材拒否事件
       「読売新聞飯塚恵子記者が英軍に同行してサマワ自衛隊を取材しようとして拒否されて、1年後,彼女は二度目のチャレンジをしていた。しかし,このチャレンジは,「官邸の高官」からの衛星電話で拒否された…。なぜ,このことを騒ぎ立てないのか?」(詳細はヤメ記者弁
      | 未来を信じ、未来に生きる。 | 2006/09/23 7:10 PM |
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      戦争のつくりかた
      戦争のつくりかた (JUGEMレビュー »)
      りぼん・ぷろじぇくと
      戦争はいきなり始まるものではなくて、一歩、また一歩とゆっくりと「戦争ができる」「戦争をしてもいい」「戦争しなきゃ」というように進むものだと思います。 本書はまさにこのプロセスを絵本仕立てでわかりやすく示した「戦争レシピ本」です。小学生でも80歳の方でも等しく読める内容です。多くの一般市民にとってこの本は「戦争を考えるヒント」になるのではないかと思います。
      + RECOMMEND
      茶色の朝
      茶色の朝 (JUGEMレビュー »)
      フランク パヴロフ,ヴィンセント ギャロ,藤本 一勇,高橋 哲哉
      突然「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことで起こる変化を描いた反ファシズムの寓話。
      + RECOMMEND
      みどりのゆび
      みどりのゆび (JUGEMレビュー »)
      モーリス ドリュオン, Maurice Druon, 安東 次男
      裕福に暮らすチト少年は、お父さんが兵器を作る人だったことを知り、驚きました。じぶんが不思議な<みどりのゆび>をもっていることに気づいた少年は、町じゅうに花を咲かせます。チトって、だれだったのでしょう? (小学4・5年以上)
      + RECOMMEND
      憲法九条を世界遺産に
      憲法九条を世界遺産に (JUGEMレビュー »)
      太田 光, 中沢 新一
      実に、日本国憲法とは、一瞬の奇蹟であった。それは無邪気なまでに理想社会の具現を目指したアメリカ人と、敗戦からようやく立ち上がり二度と戦争を起こすまいと固く決意した日本人との、奇蹟の合作というべきものだったのだ。しかし今、日本国憲法、特に九条は次第にその輝きを奪われつつあるように見える。この奇蹟をいかにして遺すべきか、いかにして次世代に伝えていくべきか。お笑い芸人の意地にかけて、芸の中でそれを表現しようとする太田と、その方法論を歴史から引き出そうとする中沢の、稀に見る熱い対論。宮沢賢治を手がかりに交わされた二人の議論の行き着く先は…。
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      憲法は、政府に対する命令である。
      憲法は、政府に対する命令である。 (JUGEMレビュー »)
      ダグラス・ラミス
      日本国民のどれくらいが「憲法とは何か」という問いに正しく答えられるのだろうか。著者は基本的に護憲の立場を取るが、その主張は第9条の正当性をヒステリックに叫ぶだけのものではない。本書は国際的かつ歴史的視点から憲法を解説し、日本国憲法が為政者と国民に何をもたらし、また何を抑制してきたかを整理するもの。
      まずは「国の最高法規」である憲法が政府の施策のみならず、国民個人の政治的アイデンティティーを規定し、その国の文化にまで深い影響を与えていることを種々の学説や西欧の実例で示す。結果、日本国憲法の条文は主権在民の原則に立つ我が国の政府に対する「命令」であり、命令を下された側が足かせと感じるのは当然のことだと言う。「この憲法は米国から押しつけられたもので国民の総意ではない」という改憲派の常套句については、戦勝国の米国自身ですら制御できない権限を日本国民に与えたことを、米国が最も悔やんでいると反論する。
      こうした立ち位置から第9条と安全保障条約、言論の自由、人権条項、政教分離の原則などをテーマに、現憲法の価値について考察を加えていく。
      + RECOMMEND
      憲法と戦争
      憲法と戦争 (JUGEMレビュー »)
      C.ダグラス ラミス, C.Douglas Lummis
      憲法第9条に人びとを戦争からまもる力があるか? 国の交戦権とはどんな権利か? 自衛隊の海外派遣の本当の目的とは? 日米新ガイドラインのめざしているものは何か? これからの日本国憲法のために、改憲派であれ護憲派であれ、これだけは考えておきたいことを根源から問いなおす。
      + RECOMMEND
      愛国者は信用できるか
      愛国者は信用できるか (JUGEMレビュー »)
      鈴木 邦男
      三島由紀夫は言った。「愛国心は嫌いだ」 なぜか!? 新右翼の大物が初心に返って「愛国心とは何か」を考え、その素晴らしさと危うさの両面を説く。天皇制や天皇論についても一家言を述べる。
      + RECOMMEND
      ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術
      ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術 (JUGEMレビュー »)
      板倉 徹
      ケータイ、テレビ、パソコン…。視覚に頼りすぎた生活では「脳」は萎縮する。ラジオを聴いているときや読書の「場面想像」で脳全体が活性化する―など、脳機能低下を防ぎ、頭を良くするカンタンな方法を提案。無理なく継続でき、能力向上、記憶力アップ、脳の若返り、うつ病・アルツハイマー防止などにも効果抜群なシンプル生活のすすめ。
      + RECOMMEND
      放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと?
      放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと? (JUGEMレビュー »)
      水口 憲哉
      25年以上昔から再処理工場からの放射能廃液の海洋放出に関して情報発信を行ってきた著者による、気仙沼における講演記録を収録したブックレット。さまざまな事例をもとに、放射能廃液による海洋汚染の実態を述べる。
      + PR
      + BBN聖書放送
      + 9条守ろう!ブロガーズ・リンク
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE