もーちゃんの部屋

日本のアブナイ政治屋たちによる右傾化を憂える記事が多いけれど、本当はキリスト教信仰やBCL、昔習っていた電子オルガンにまつわる話などを書きたいと思っています。

憲法は、国民が国家の暴走を食い止めるためにあるのです。国家が国民を統制するためのものではありません!
憲法・教育基本法の改悪と共謀罪、ホワイトカラーエグゼンプションの新設、原子力政策、特定秘密保護法、TPPに反対します!
人前での喫煙は殺人、吸い殻のポイ捨ては放火と同罪です!

「戦争はもう絶対にしたくないという日本人の感情と、理想主義に燃えたGHQの若いアメリカ人との奇跡の合作だった」──『憲法九条を世界遺産に』(集英社新書)
「憲法は天皇陛下と私の合作だ」「天皇陛下がいなければこの憲法はありえなかった」──マッカーサーの言葉
「マスメディアは、なぐさみと娯楽と恐怖を与える。/マスメディアは、ニュースを選別する。/マスメディアは、反対意見を小さく見せる。/
マスメディアは、本当に重要な問題を語らない。/マスメディアは、ただ過大な利潤を求める。/マスメディアは、人びとを孤立させる。」──チョムスキーの発言より
<< 何とか3日が過ぎ… | main | 【転載】[Press] 調査鯨肉裁判:第一回公判前整理手続きで弁護団が主張 「表現の自由」の保障により2人は無罪 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    【転載】いま公教育に襲いかかりつつある荒波とは−−急激に進む体制への迎合憂う
    0
      JUGEMテーマ:政治思想

      いま公教育に襲いかかりつつある荒波とは
      −−急激に進む体制への迎合憂う

      記・石黒イサク

       日の丸・君が代斉唱を厳しく“指導”する教育委員会の動向、チラシ配布や路上パフォーマンスなどに自粛を促すかのような判決や無言の圧力。思想・信条・表現の自由が重苦しい空気に包み込まれてゆく中で、公教育現場での一例を石黒イサク氏にレポートしてもらった。

      ======================================

        いま、この国の過去と現在をきっちりと見て、この時代に生かされている証人としての立場を自覚しているキリスト者はどれぐらいあるのでしょう。1999年の国旗・国歌法強行成立以来、急激に進んでいる右旋回の中で、いま学校教育が、子どもたち・若者たちを取りまく環境が危機を迎えています。近年は公立学校 だけではなく、ミッションスクールまでもが、体制に迎合する方向に進んでいくのを目にするのは残念でなりません。

       1929年から33年にかけて、私たち美濃ミッションの先輩が神社参拝を拒否して迫害されたことは、すでに聞かれたことがあり、ご存じの方もおられると思います。

        では当時の状況と、現在がすべての点で酷似していることはご存じでしょうか? 神道教育を学校教育に盛り込み、公教育の場で皇国史観を植え付けていった時代は、経済的には世界大恐慌の時であり、国内では五・一五事件(32年=昭和7)、二・二六事件(36年=昭和11)などが起こり軍部の勢力が増大した時でもあるのです。治安維持法(25年制定、28年勅令により中改正、41年全面改正)が制定されて国民を監視し、民衆の口を封じて軍事態勢に進んでいった恐ろしい時代だったのです。

       昨今の出来事は、実に恐ろしいほど当時と同じ流れになってきていることを証明しています。すでに触れた国旗・国歌法制定、2006年に教育基本法改悪以降の教育界の変貌は、最初のアラームでありました。昨年、田母神発言で暴露された自衛隊内での偏向した歴史教育が、次世代の自衛官幹部候補生に浸透していることは、実に由々しきことです。加えて密かに進んでいる「共謀罪」成立の動きはまさに戦慄ものであります。そこへ昨秋起こった急激な世界同時不況は、景気対策から進められるナショナリズムの勃興を予測させます。民衆の期待するヒーロー、ヒトラーごときリーダーの出現があったならば……どうなるのでしょう。

      愛国心教育と 「こころの日」運動

       現在、学校では日の丸・君が代の強制と「心のノート」をセットにした愛国心教育により、ダブルで児童・生徒たちがマインド・コントロールされています。社会では式典や行事で国旗・国歌が常用され、 皇族がスター扱いされ、オリンピックやWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)は天皇のため、日の丸のためとして若者たちを駆り立てています。残念ながら子どもたちは正しい歴史教育も、憲法・人権教育も受けていません。なんと自衛官の多くでさえ、日本がアジア・アメリカ・ヨーロッパと戦争したことを知らない世代が増えていると聞きます。小さい時から、テレビやインターネットやゲームで、性風俗の乱れや虐待・殺人を溺れるほど見せられ、その一方で真の意味でのいのちの大切さ、人に対する愛や思いやりについては、学ぶ機会も体験することも希有になっています。

       先日、私が牧会する教会に「こころの日」推進運動をしている人が訪れました。じつは岐阜県は05年から毎月8日を「こころの日」と決めて、日本の美風・真の心を育てる運動として毎年1回県民大会を開催しているのです。政界、経済界、教育界、宗教界を巻き込んで、岐阜から全国へと意気込んでいます。現在、まだキリスト教会で同調しているところはありません。今後も絶対に同調しないことを望みます。

       「こころの日」の内容を少し紹介しますと、

      1月8日「敬う心を育てよう」
      2月8日「国を愛する心を育てよう」
      3月8日「父母を大切にする心を育てよう」
      4月8日「生命を大切にする心を育てよう」
      5月8日「家庭を大切にする心を育てよう」
      6月8日「環境を守る心を育てよう」
      7月8日「祖先を敬うやさしい心を育てよう」
      8月8日「平和を願う心を育てよう」
      9月8日「人のため に尽くす心を育てよう」
      10月8日「きまりを守る心を育てよう」
      11月8日「文化遺産を大切にする心を育てよう」
      12月8日「人権を大切にする心を 育てよう」

      ──というものです。現在彼らは、文科大臣をはじめ有名人を起用し、大々的にポスターやステッカーを配布しています。この運動の推進役が教育委員会と神社庁であることを看過できません。実はこの「こころの日」キャンペーンも「心のノート」と同様、現在は空白にしているところに、天皇や神社がうまく収まるようにセットされているからです。

      キリスト者の社会での責任

       最近の日本では「伝統」、「愛」、「こころ」とい うことばが多用されています。その一方で多くの弱い人たちが切り捨てられ、無視され、差別され、苦しんでいます。経済状況が逼迫する中で軍備は増強され、 福祉は切り捨てられていきます。信教の自由や人権の保持も風前の灯火となりつつあります。

       真の神様を礼拝して福音を宣べ伝えている私たちキリスト者は、聖書の真理を語るとともに、社会に対する大切な責任も担っています。まず自分の家族、近所、教会に通う子どもたち・若者たちのために祈り、彼らの今と将来のために、正しい歴史と歩むべき方向を伝える責任をもちましょう。そして邪悪な社会や罪悪に対して、小さいながらも「おかしい」「間違っている」 と、はっきり口を開くことができる子ども・若者たちを養育して、社会に送り出していきたいと願っています。

       (いしぐろ・いさく 美濃ミッション代表、大垣聖書教会牧師)

      『クリスチャン新聞』2009年02月02日号より
      | もーちゃん | 日の丸・君が代問題 | 14:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 14:44 | - | - |
        転載だから仕方ないけど

        真の神様なんて言っている段階で一神教の排他的ないやらしさがでてますよね。そういう上から目線でどれだけの先住民がキリスト教徒の白人に虐殺されたのでしょう?このことを忘れさせないで認識させることこそが「正しい歴史教育」でしょう。


        父母や祖先、国はもとより、人権や平和、環境とか生命を大切にって当然じゃないの? こういうものにもこの人たちは反対なのか不思議ですわ。
        やはり日本の土着の風習や宗教観を否定して侵略させようというのでしょうか。
        まず宣教師を送り込み、次に侵略軍を送り込む伝統そのものの体質に思えます。
        他のキリスト教国でも同様に愛国心教育を否定しているのか、または日本とどう違うのか興味あるところです。
        聖書に反するからと進化論教育を禁止するお馬鹿なアメリカは国旗も国歌も大切にするキリスト教国でしたよね。王室がスター扱いのイギリスはキリスト教国ではなかったかな? 他にも君主国があるヨーロッパはどうなんでしょ? ドイツはナチスの民族浄化については反省してますけど戦争自体については懺悔してませんよね。

        ローマ法王から十字軍以降、欧米の侵略や植民地化への反省と謝罪が出るまでは、アジア人として納得できませんわ。
        | shenggang_qibing | 2009/02/05 1:27 AM |
        shenggang_qibingさん、毎度です!

        アメリカ先住民を“回心”を拒否したという理由で虐殺した(と学校で習った?──私は記憶にないが、妻はそう言っている)のが事実なら、それはもうどうしたって言い逃れのできない過ちです。
        しかしそのような虐殺行為は決して聖書の神が望んでいることではないこと、念のために申し添えておきます。

        「父母・生命・家庭・文化遺産・人権を大切にする」ことや「環境を守」り「平和を願」い、「人のために尽く」し「きまりを守る」ことに、私としては特に異議を唱える気はありませんが、上記記事に示されている通り、『心のノート』と同様に、その先に目指す物が大問題なのです。

        進化論については、進化論こそが“宗教じみた”思考に基づいています。
        それに、ダーウィン自身も懐疑的になっているように、なぜ進化途上の化石が何一つ発見されないのかなど、不可解な点が数多く存在します。
        そして最後には、張本人のダーウィン自身が進化論の誤りを認めています。
        | もーちゃん | 2009/02/09 3:32 PM |









        トラックバック機能は終了しました。
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        戦争のつくりかた
        戦争のつくりかた (JUGEMレビュー »)
        りぼん・ぷろじぇくと
        戦争はいきなり始まるものではなくて、一歩、また一歩とゆっくりと「戦争ができる」「戦争をしてもいい」「戦争しなきゃ」というように進むものだと思います。 本書はまさにこのプロセスを絵本仕立てでわかりやすく示した「戦争レシピ本」です。小学生でも80歳の方でも等しく読める内容です。多くの一般市民にとってこの本は「戦争を考えるヒント」になるのではないかと思います。
        + RECOMMEND
        茶色の朝
        茶色の朝 (JUGEMレビュー »)
        フランク パヴロフ,ヴィンセント ギャロ,藤本 一勇,高橋 哲哉
        突然「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことで起こる変化を描いた反ファシズムの寓話。
        + RECOMMEND
        みどりのゆび
        みどりのゆび (JUGEMレビュー »)
        モーリス ドリュオン, Maurice Druon, 安東 次男
        裕福に暮らすチト少年は、お父さんが兵器を作る人だったことを知り、驚きました。じぶんが不思議な<みどりのゆび>をもっていることに気づいた少年は、町じゅうに花を咲かせます。チトって、だれだったのでしょう? (小学4・5年以上)
        + RECOMMEND
        憲法九条を世界遺産に
        憲法九条を世界遺産に (JUGEMレビュー »)
        太田 光, 中沢 新一
        実に、日本国憲法とは、一瞬の奇蹟であった。それは無邪気なまでに理想社会の具現を目指したアメリカ人と、敗戦からようやく立ち上がり二度と戦争を起こすまいと固く決意した日本人との、奇蹟の合作というべきものだったのだ。しかし今、日本国憲法、特に九条は次第にその輝きを奪われつつあるように見える。この奇蹟をいかにして遺すべきか、いかにして次世代に伝えていくべきか。お笑い芸人の意地にかけて、芸の中でそれを表現しようとする太田と、その方法論を歴史から引き出そうとする中沢の、稀に見る熱い対論。宮沢賢治を手がかりに交わされた二人の議論の行き着く先は…。
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        憲法は、政府に対する命令である。
        憲法は、政府に対する命令である。 (JUGEMレビュー »)
        ダグラス・ラミス
        日本国民のどれくらいが「憲法とは何か」という問いに正しく答えられるのだろうか。著者は基本的に護憲の立場を取るが、その主張は第9条の正当性をヒステリックに叫ぶだけのものではない。本書は国際的かつ歴史的視点から憲法を解説し、日本国憲法が為政者と国民に何をもたらし、また何を抑制してきたかを整理するもの。
        まずは「国の最高法規」である憲法が政府の施策のみならず、国民個人の政治的アイデンティティーを規定し、その国の文化にまで深い影響を与えていることを種々の学説や西欧の実例で示す。結果、日本国憲法の条文は主権在民の原則に立つ我が国の政府に対する「命令」であり、命令を下された側が足かせと感じるのは当然のことだと言う。「この憲法は米国から押しつけられたもので国民の総意ではない」という改憲派の常套句については、戦勝国の米国自身ですら制御できない権限を日本国民に与えたことを、米国が最も悔やんでいると反論する。
        こうした立ち位置から第9条と安全保障条約、言論の自由、人権条項、政教分離の原則などをテーマに、現憲法の価値について考察を加えていく。
        + RECOMMEND
        憲法と戦争
        憲法と戦争 (JUGEMレビュー »)
        C.ダグラス ラミス, C.Douglas Lummis
        憲法第9条に人びとを戦争からまもる力があるか? 国の交戦権とはどんな権利か? 自衛隊の海外派遣の本当の目的とは? 日米新ガイドラインのめざしているものは何か? これからの日本国憲法のために、改憲派であれ護憲派であれ、これだけは考えておきたいことを根源から問いなおす。
        + RECOMMEND
        愛国者は信用できるか
        愛国者は信用できるか (JUGEMレビュー »)
        鈴木 邦男
        三島由紀夫は言った。「愛国心は嫌いだ」 なぜか!? 新右翼の大物が初心に返って「愛国心とは何か」を考え、その素晴らしさと危うさの両面を説く。天皇制や天皇論についても一家言を述べる。
        + RECOMMEND
        ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術
        ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術 (JUGEMレビュー »)
        板倉 徹
        ケータイ、テレビ、パソコン…。視覚に頼りすぎた生活では「脳」は萎縮する。ラジオを聴いているときや読書の「場面想像」で脳全体が活性化する―など、脳機能低下を防ぎ、頭を良くするカンタンな方法を提案。無理なく継続でき、能力向上、記憶力アップ、脳の若返り、うつ病・アルツハイマー防止などにも効果抜群なシンプル生活のすすめ。
        + RECOMMEND
        放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと?
        放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと? (JUGEMレビュー »)
        水口 憲哉
        25年以上昔から再処理工場からの放射能廃液の海洋放出に関して情報発信を行ってきた著者による、気仙沼における講演記録を収録したブックレット。さまざまな事例をもとに、放射能廃液による海洋汚染の実態を述べる。
        + PR
        + BBN聖書放送
        + 9条守ろう!ブロガーズ・リンク
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE