もーちゃんの部屋

日本のアブナイ政治屋たちによる右傾化を憂える記事が多いけれど、本当はキリスト教信仰やBCL、昔習っていた電子オルガンにまつわる話などを書きたいと思っています。

憲法は、国民が国家の暴走を食い止めるためにあるのです。国家が国民を統制するためのものではありません!
憲法・教育基本法の改悪と共謀罪、ホワイトカラーエグゼンプションの新設、原子力政策、特定秘密保護法、TPPに反対します!
人前での喫煙は殺人、吸い殻のポイ捨ては放火と同罪です!

「戦争はもう絶対にしたくないという日本人の感情と、理想主義に燃えたGHQの若いアメリカ人との奇跡の合作だった」──『憲法九条を世界遺産に』(集英社新書)
「憲法は天皇陛下と私の合作だ」「天皇陛下がいなければこの憲法はありえなかった」──マッカーサーの言葉
「マスメディアは、なぐさみと娯楽と恐怖を与える。/マスメディアは、ニュースを選別する。/マスメディアは、反対意見を小さく見せる。/
マスメディアは、本当に重要な問題を語らない。/マスメディアは、ただ過大な利潤を求める。/マスメディアは、人びとを孤立させる。」──チョムスキーの発言より
<< 【転載】 「二度と同じことが起こりませんように!」 | main | 【転載】へいこうせんメルマガ第33号 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    君が代伴奏拒否、教諭敗訴─最高裁
    0
      予想通り、最高裁でも国寄りの判決が。

      しかし4裁判官のうち藤田宙靖(ときやす)裁判官だけは
      「斉唱への協力を強制することが本人の信念・信条に対する抑圧となることは明白」
      と反対。
      最高裁もまだ見捨てたものではないのかも。

      1、2審の
      「公務員は全体の奉仕者で、思想・良心の自由も職務の公共性に由来する制約を受ける」
      というロジックが、どうも理解できない。

      「公務員は国家のための奉仕者であり、国体の維持のためには公務員の思想・良心の自由は制約を受ける」
      というのであれば納得できるが……。

      ところで、この女性教諭は「君が代」伴奏を拒否する姿勢を予め表明していたため、式自体はテープを流すことによって滞りなく行われたようだ。
      ということは、何も「君が代」を“生演奏”する必要性はない訳だ。

      何故強制してまで「君が代」の“生演奏”にこだわるのか。
      国家による教員に対する思想統制にしか見えないのだが……。


      君が代伴奏拒否 教諭の敗訴が確定 最高裁判決

       公立小学校の入学式で「君が代」のピアノ伴奏を求めた職務命令を拒否し、懲戒処分を受けた東京都の女性音楽教諭(53)が「伴奏命令は憲法が保障する思想・良心の自由を侵害する」として東京都教育委員会の処分取り消しを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は27日、原告側の上告を棄却した。国旗・国歌の「強制」を巡る初の最高裁判決で「伴奏命令は思想・良心の自由を侵害しない」として、職務命令を合憲と判断した。同種訴訟に影響を与えそうだ。

       判決は、君が代が日本のアジア侵略と結びついているなどとする教諭の考えを「自身の歴史観や世界観に由来する社会生活上の信念」と位置づけつつ「職務命令が直ちに教諭の歴史観や世界観それ自体を否定するものと認めることはできない」と指摘。ピアノ伴奏について「音楽専科の教諭にとって通常期待されるもの」と評価したうえで「命令は特定の思想を持つことを強制したり禁止するものではなく、児童に一方的な思想や理念を教え込むことを強制するものでもない」と述べた。

       さらに、職務の公共性に照らして、公務員の人権に一定の制約を認めた過去の判例も踏まえ「職務命令の目的や内容は、学習指導要領などの趣旨にかなうもので、不合理ではない」と判断。命令を合憲と結論付けた。

       判決は5裁判官のうち4裁判官の多数意見で、教諭の敗訴が確定した。藤田宙靖(ときやす)裁判官は「斉唱への協力を強制することが本人の信念・信条に対する抑圧となることは明白。伴奏命令と思想・良心の自由の関係を慎重に検討すべきだ」との反対意見を述べた。

       教諭は東京都日野市の市立小学校に勤務していた99年4月、入学式で君が代のピアノ伴奏を求めた校長の職務命令を拒否し戒告処分を受けた。1、2審は「公務員は全体の奉仕者で、思想・良心の自由も職務の公共性に由来する制約を受ける」と請求を棄却した。

       国旗・国歌法の施行翌年の00年度以降、全国で535人の教職員が懲戒処分を受けた。国旗に向かって起立斉唱することや、ピアノ伴奏を拒否した場合は処分するとした都教委の通達(03年10月)の適否が争われた同種訴訟では、東京地裁が昨年9月「通達とこれに基づく職務命令による強制は違憲」との判断を示したが、今回の判決は、この訴訟の控訴審にも影響を与える可能性がある。【木戸哲】

      2月28日10時24分配信 毎日新聞
      | もーちゃん | 日の丸・君が代問題 | 12:05 | comments(20) | trackbacks(3) |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 12:05 | - | - |
        何で自分の国の国家国旗をそんなに嫌うのでしょうか その極端な思想の方がよっぽど怖いです。この手の主張は大概にして日の丸君が代は侵略の証だとか言うのですが、アメリカ大陸にいたネイティブを9割がた殺戮し、州が出来る毎星を増やした星条旗などはどうなるのだろう。戦中条約違反をして戦争に参加し、戦争が終わったにも関わらず多くの人を極寒の地に抑留するような国がすぐ近くまでせまり、麻薬を自国内では禁止しながら、他国に売りつけ、拒否すれば戦艦で大砲を撃ち放ち、ダイヤモンド鉱山が見つかればそこの住民を虐殺してまで奪い取るような国がアジアを侵略している状態で、もちろんだからと言って日本のとった行動が全て正しいわけではありません しかしその世界情勢を考える中で、日本の全てが悪で君が代も日の丸も侵略の証というのはあまりに極端すぎませんか。そしていつも思うのですが、何故皆様が悪とするその時代やそれ以前、その後数十年、日本は、今のような身勝手で思いやりの無い、子殺し親殺し、極悪犯罪なども少なく、鍵も閉めずに夜眠ることができたのでしょうか。古き良き日本は確実にあったと思います。私も戦争は反対です 軍国主義が良いとも思いません。日の丸君が代を法定化してまで強要する事が良いとも思っておりません しかし、当時の歴史を一方的に日本は悪であり、日の丸君が代はその証とする教育の方がよほど危険だと私には思えてなりません。キリスト的信仰を持つ事も悪いとは思いません。しかし以前にも申し上げたように、右の頬を打たれたら左の頬を差し出す覚悟のない人が、当時の世界情勢、アジアでの実際の学術的歴史検証もせずただ戦争は反対、日の丸君が代は悪だと言うのはあまりに心無い行為だと私は思います 
        | 世直し上人 | 2007/04/04 7:16 PM |
        世直し上人さん、毎度ご来訪、ありがとうございます。

        「日の丸」が戦争の道具として(戦意高揚のために)使われ、「君が代」の「君」が「天皇」と定義されてしまった以上、終戦と共に国旗・国歌は新たなものに変えられるべきでした。
        それを怠ったための大きな弊害が今起こっているのです。
        「日の丸」「君が代」自身に罪はないものの、それらから戦争が連想される以上、忌み嫌われても仕方がないと思います。

        アメリカの侵略・殺戮と星条旗の例は、侵略者としての立場であり、天皇の名の下に無理矢理召集され戦わされ命を落とさざるを得なかった日本とは状況が異なります。
        | もーちゃん | 2007/04/04 11:24 PM |
         全体の奉仕者論を言うので在れば、その論を最も履践すべき国会議員が国旗国歌法を成立させた時の『強制力を持たせない趣旨』を外す事は問題にならないのでしょうかね?

         一方の抽象的義務を採り上げて一方の具体的制定意思を排除するというダブルスタンダードは、今時の流行りなのか・・・

         なんだか世情が乱れていく為に、何もかもをなぎ倒していくスーパーパワーを時代が欲している様で恐い気がします。
        | あすろん1へるつ | 2007/04/05 12:59 PM |
        >何もかもをなぎ倒していくスーパーパワー

        石原か!
        | もーちゃん | 2007/04/06 9:12 AM |
        <それらから戦争が連想される以上、>って 誰がそんなもの連想するの?学校の誰が忌み嫌うの? 児童?保護者?誰?具体的に教えてよ。
        団塊からして戦後生まれ、誰も戦争経験していないのにどうやって連想するのだろうか?
        きっと偏向教師の変な教育受けたか、一部の活動家の言うことを鵜呑みにでもしたんでしょうかね?

        | shenggang_qibing | 2007/04/07 1:25 AM |
        <それを怠ったための大きな弊害が今起こっているのです。>
        具体的にどんな弊害なのでしょうか?
        そもそも国として戦争するんだから国旗立てるのは当たり前でしょうに。 むしろ敗戦しても同じ国旗を持てた(国として断絶しないで済んだ)ということに感謝したいものなのに。
        天皇だって千年以上続いた歴史と伝統の象徴だしね。
        そもそももーちゃんの住んでいる市は、誰の決定で都市として形成され長い間首都として繁栄して今も観光都市として価値を得てきたの? うちらの近所にいたのに、わざわざ山背といって当時は何も無い山奥の盆地に遷都したからでしょ?
        | shenggang_qibing | 2007/04/07 1:33 AM |
        国旗・国歌は国民全体のものです。
        その国民の一部である戦争体験者が日の丸・君が代から悲惨な戦争体験を連想し苦しむのであれば、戦争で勝とうが負けようが、もっと早い段階からそれらを新たなものに変えるべきだったのです。
        | もーちゃん | 2007/04/07 4:57 PM |
        <その国民の一部である戦争体験者が日の丸・君が代から悲惨な戦争体験を連想し苦しむのであれば、>はて、その戦争体験者のうちでも、国旗国歌からそういう連想をする人は、一部の思想の人除いてはかなり少数派と思えますが?
        そういう戦争経験者は、それこそ学校行事からなにからどっぷりだったのですから、ことさら戦争と結びつける発想からして無いと思いませんか?
        結局、そういう人が1%でも反対していたら、後の7割8割の人が支持していても変えるべきというのがもーちゃん説の論理的帰結になりますが、それはあまりにも乱暴ではないですか?
        | shenggang_qibing | 2007/04/07 5:45 PM |
        言われてみれば確かに乱暴な意見かもしれませんが、仮に日の丸・君が代から戦争を連想して拒絶する人に対し、処分という強硬手段を持って強制するのは可と思われますか。
        | もーちゃん | 2007/04/07 6:22 PM |
        そもそも、頭の中で拒絶するから処分ではないんですよね。
        明らかに外見で思想信条を公然と主張して雰囲気壊したり妨害しているから処分なわけで。

        公務員は職務命令に従う義務がある。
        公務員は全体の奉仕者であり自分の思想信条で業務を否定したりさぼったりしてはいけない。
        卒業式や入学式は業務であり滞りなく進行させる義務がある。
        率先して歌ったり演奏するのは教育公務員の立場としては当然の業務でもある。
        (生徒に模範を見せないといけませんからね)
        お給料を貰って当然すべき仕事の義務と、自分の思想信条と、どっちを優先すべきか?ということです。
        明らかに他から見て違和感を持つ、つまり起立しなかったり、
        酷いのになると反対を叫んで進行を妨害したりする。
        事前に生徒に立たないように指導する。
        こういうのが処分の対象です。

        黙って口パクしてるだけの人を処分しやしません。
        内心で嫌いだと思っているの人の思想まで処分できませんもん。
        | shenggang_qibing | 2007/04/07 10:54 PM |
        正確な文言は忘れましたが、「人間の思想と行動は不可分なものである」という意見を述べた裁判官がいました。
        (強制処分に賛同する人は、この意見には同意されないのでしょうか。)

        基本的人権としての「思想・信条の自由」を、行動を強制することによって踏みにじることは許されるべきものではないし、わざわざそのような命令を出すこと自体やはり違憲だと思います。

        「反対を叫んで(式典の)進行を妨害」したり「事前に(君が代斉唱時に)生徒に立たないように指導する」(立つ・立たないは各人の自由と言うのではなく)のは問題外としても、他人の人権を蹂躙する命令に従う根拠はありません。
        | もーちゃん | 2007/04/07 11:33 PM |
        うーん、だったら国の象徴を忌み嫌うような思想の人は、そもそも公務員として不適任なのではないかと思います。
        ましてや、職業として割り切れず職務時間中に自分の思想信条を前面に出して抵抗してしまうなんてどうなんでしょ。
        いつまでも公務員の立場にしがみつかず、さっさと辞表を出してもっと若い世代の教師志望にポストを譲るべきでしょうに。

        音楽の時間、自分は歌いたくないのに歌わせられる。先生は思想信条の自由といって歌わない演奏しない、そんなのずるい。
        生徒がそう思ったら、はたして学校として成り立って収拾がつくのでしょうかね。
        | shenggang_qibing | 2007/04/08 6:16 PM |
        ちょっと書き忘れていましたが、先生自身が思想・信条の自由の下に拒否をしているのと同時に、生徒にはきちんと自身の考えを伝えているはずです。
        そして、彼らには“強制”ではなくて“立たない自由”を教えていたと思います。

        そんな先生を生徒たちは「ずるい」と思うのでしょうか。
        かえって「そうだったのか」と理解するのではないのでしょうか。
        | もーちゃん | 2007/04/08 10:09 PM |
        それじゃ、思想信条の自由を理由としたら、授業も宿題もテストも受けなくていいんですね?
        ってことになりませんか?
        そうだったのか。で一切の教師の言うことを思想信条を理由に拒否。それで学校が成り立つんですね?
        音楽の授業で歌を歌うのを拒否したら悪くて、でも思想信条が理由なら良いというのでは、やっぱりずるいでしょう。

        私も思想信条の自由でもって、テストも宿題も拒否していればよかったよ。
        人間に差をつけ点数つけるテストは「思想信条」に反します。
        それで通るんだったら喜んでやってましたよ。
        | shenggang_qibing | 2007/04/09 8:47 PM |
        >私も思想信条の自由でもって、テストも宿題も拒否していればよかったよ……。

        Ha,ha,ha...!
        そういうのもありかもね!

        まあ、冗談はともかく……。

        実際のところ、思想・信条の自由で授業やテストを拒否したいと思う人がいるのかどうかは分かりませんが、「日の丸」「君が代」に特化して考える時に、“厳粛”な儀式の進行を妨げるなどをしてほしくないという意見は理解できなくはありません。

        でも、なぜ、どうしても「日の丸」「君が代」なのでしょうか。

        国旗・国歌だから当たり前?
        でも私立校は全てではないにしろ、それらを抜きで式典を行う所が多いはずです。
        (ウチの娘の高校の入学式もそうでしたよ。)
        | もーちゃん | 2007/04/10 8:29 AM |
        <でも、なぜ、どうしても「日の丸」「君が代」なのでしょうか。>
        他になにがあるというのでしょう?六甲おろしでも歌います?
        式典ですから国旗国歌です。
        私の参加してる国際NGOも毎月の例会では君が代と組織のテーマソングを歌います。外国の組織でもそれぞれの国の国歌斉唱します。

        個人的に別に無くてもいいとは思うけど、でも公立で税金で運営され法律に基づいて運営されているんだから国家のテーマソングが一番適当じゃないですか?

        それからいずれにせよ、先生方が思想信条の自由で業務命令を堂々と拒否して、それが通用するというのなら、同じように生徒がそれに習って同じことを主張しても不思議はないでしょう。
        むしろ当然のリアクションでしょうね。
        | shenggang_qibing | 2007/04/11 10:12 PM |
        でも、世論を二分している日の丸・君が代をわざわざ式典に導入する意図が分かりません。
        | もーちゃん | 2007/04/12 8:24 AM |
        世論を二分ですか?
        そもそもその認識からしておかしい。
        せいぜい多くても、1.6対0.4分ぐらいでしょう。
        もちろん賛成派が1.6ね。
        日の丸君が代に反対、それも公立学校の親方日の丸な人たちが反対するのに納得して支持するなんて、良く言えば圧倒的少数派、はっきり言えば非常識。
        元気がいいのはマスコミを牛耳っている、いまや化石の団塊の左翼くずれが活躍しているからそう見えるだけですよ。

        ついでに言うと、大多数が支持した与党の法案を通すことを「暴走」なんて普通は言いません。
        自分の気に食わないように世の中が動くことに不平を言う前に、どうして自分の考える党が政権をとれない(大多数に支持されない)かを真剣に反省して対策をとるべきじゃないのかな?
        それこそ建設的な行動と思いますけどね。
        | shenggang_qibing | 2007/04/12 9:43 PM |
        公務員による国旗国歌拒否はもう感情的反発の制度化としか言いようがない。

        そもそも、公務員は、業務において自らの思想信条に相反する行動を取らざるを得ない場合があるものとして採用されているのである。

        思想信条の自由は全面的に認める。
        しかし、公務員として雇用されている以上、組織の指示命令に従わないのならば、依願退職すべきである。

        公務員の安定雇用のぬるま湯の浸かった中で、思想信条や政治活動を自由に行い、ユートピアを夢想する自慰集団は、即刻自主的に退職すべきである。

        その上で、民間で自活していく立場であれば、その主張を大いに尊重したい。

        要するに、あなた方の主張の是非は問うていないのである。公務員としての職務遵守である。
        ところが、あなた方は今の都合の良い環境を維持したいがために、ただそれだけのために、国家による思想信条の介入とただそれだけを主張する。国家は介入していないのである。公務員に行事の指示命令をしていることを換骨奪胎して主張する。

        極めて醜い不正行為の集団である。
        中国でも北朝鮮でも移民してもらいたい連中だが、民主主義の中では議論で是正していくしか仕方がないと思う。
        | 民青くずれ | 2009/01/19 3:05 PM |
        民青くずれさん、ご訪問とコメントを感謝します。

        > 公務員による国旗国歌拒否はもう感情的反発の制度化としか言いようがない。

        むしろ感情的になっているのは、国旗国歌法制定時には「日の丸・君が代を強制するものではない」としていたにもかかわらず、制定後強制に踏み切った自慰集団である為政者の方だと思いますが。

        > そもそも、公務員は、業務において自らの思想信条に相反する行動を取らざるを得ない場合があるものとして採用されているのである。

        恐れ入りますが、不勉強のためそういった事実があることは知りませんでした。
        ということは、こうした前提で採用活動を行っていること自体問題なのではないでしょうか。

        学校教育は軍隊教育とは異なります。
        確かに式典の雰囲気を乱すのは好ましいことではありませんが──本当にそういう事実があるのなら、ですが──、人それぞれに考え方が異なるのは当然のことで、それを受け入れようともせずに頭ごなしに強制する(しかもそれが思想信条に関わることであればなおさら)ことは、人権蹂躙以外の何物でもないと、私は考えます。
        | もーちゃん | 2009/01/20 10:23 AM |









        トラックバック機能は終了しました。
        −無理矢理の 自白、冤罪 作りだす−橋本勝の政治漫画再生計画第60回
        【橋本さんのコメント】  「事件」がなかったのに「事件」があったとされ、逮捕され起訴される。2003年4月の鹿児島県議選での「選挙違反事件」の裁判で、2月23日被告12人の全員無罪の判決があった。検察側が有罪の根拠とした被告らの自白は信用できぬという
        | 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士 | 2007/03/02 7:18 AM |
        [琉球新報]君が代命令合憲・管理優先発想でいいのか
        君が代命令合憲・管理優先発想でいいのか(琉球新報社説2007/3/1) http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-21714-storytopic-11.html 反対意見を述べた藤田宙靖裁判官が指摘したように、思想・良心の自由と、その制約要因となる「公共の利益」の具体的内容を比較して慎
        | +++ PPFV BLOG +++ | 2007/03/07 6:41 PM |
        国旗、国歌、国家意識(「愛国心」)を考えるリンク集
        (記事起草日 2008年4月19日) これは、死刑FAQと同じような考え方で、国旗、国歌、国家意識(「愛国心」)問題にオルターナティブで多彩...
        | 村野瀬玲奈の秘書課広報室 | 2008/12/25 9:54 PM |
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << June 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        戦争のつくりかた
        戦争のつくりかた (JUGEMレビュー »)
        りぼん・ぷろじぇくと
        戦争はいきなり始まるものではなくて、一歩、また一歩とゆっくりと「戦争ができる」「戦争をしてもいい」「戦争しなきゃ」というように進むものだと思います。 本書はまさにこのプロセスを絵本仕立てでわかりやすく示した「戦争レシピ本」です。小学生でも80歳の方でも等しく読める内容です。多くの一般市民にとってこの本は「戦争を考えるヒント」になるのではないかと思います。
        + RECOMMEND
        茶色の朝
        茶色の朝 (JUGEMレビュー »)
        フランク パヴロフ,ヴィンセント ギャロ,藤本 一勇,高橋 哲哉
        突然「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことで起こる変化を描いた反ファシズムの寓話。
        + RECOMMEND
        みどりのゆび
        みどりのゆび (JUGEMレビュー »)
        モーリス ドリュオン, Maurice Druon, 安東 次男
        裕福に暮らすチト少年は、お父さんが兵器を作る人だったことを知り、驚きました。じぶんが不思議な<みどりのゆび>をもっていることに気づいた少年は、町じゅうに花を咲かせます。チトって、だれだったのでしょう? (小学4・5年以上)
        + RECOMMEND
        憲法九条を世界遺産に
        憲法九条を世界遺産に (JUGEMレビュー »)
        太田 光, 中沢 新一
        実に、日本国憲法とは、一瞬の奇蹟であった。それは無邪気なまでに理想社会の具現を目指したアメリカ人と、敗戦からようやく立ち上がり二度と戦争を起こすまいと固く決意した日本人との、奇蹟の合作というべきものだったのだ。しかし今、日本国憲法、特に九条は次第にその輝きを奪われつつあるように見える。この奇蹟をいかにして遺すべきか、いかにして次世代に伝えていくべきか。お笑い芸人の意地にかけて、芸の中でそれを表現しようとする太田と、その方法論を歴史から引き出そうとする中沢の、稀に見る熱い対論。宮沢賢治を手がかりに交わされた二人の議論の行き着く先は…。
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        憲法は、政府に対する命令である。
        憲法は、政府に対する命令である。 (JUGEMレビュー »)
        ダグラス・ラミス
        日本国民のどれくらいが「憲法とは何か」という問いに正しく答えられるのだろうか。著者は基本的に護憲の立場を取るが、その主張は第9条の正当性をヒステリックに叫ぶだけのものではない。本書は国際的かつ歴史的視点から憲法を解説し、日本国憲法が為政者と国民に何をもたらし、また何を抑制してきたかを整理するもの。
        まずは「国の最高法規」である憲法が政府の施策のみならず、国民個人の政治的アイデンティティーを規定し、その国の文化にまで深い影響を与えていることを種々の学説や西欧の実例で示す。結果、日本国憲法の条文は主権在民の原則に立つ我が国の政府に対する「命令」であり、命令を下された側が足かせと感じるのは当然のことだと言う。「この憲法は米国から押しつけられたもので国民の総意ではない」という改憲派の常套句については、戦勝国の米国自身ですら制御できない権限を日本国民に与えたことを、米国が最も悔やんでいると反論する。
        こうした立ち位置から第9条と安全保障条約、言論の自由、人権条項、政教分離の原則などをテーマに、現憲法の価値について考察を加えていく。
        + RECOMMEND
        憲法と戦争
        憲法と戦争 (JUGEMレビュー »)
        C.ダグラス ラミス, C.Douglas Lummis
        憲法第9条に人びとを戦争からまもる力があるか? 国の交戦権とはどんな権利か? 自衛隊の海外派遣の本当の目的とは? 日米新ガイドラインのめざしているものは何か? これからの日本国憲法のために、改憲派であれ護憲派であれ、これだけは考えておきたいことを根源から問いなおす。
        + RECOMMEND
        愛国者は信用できるか
        愛国者は信用できるか (JUGEMレビュー »)
        鈴木 邦男
        三島由紀夫は言った。「愛国心は嫌いだ」 なぜか!? 新右翼の大物が初心に返って「愛国心とは何か」を考え、その素晴らしさと危うさの両面を説く。天皇制や天皇論についても一家言を述べる。
        + RECOMMEND
        ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術
        ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術 (JUGEMレビュー »)
        板倉 徹
        ケータイ、テレビ、パソコン…。視覚に頼りすぎた生活では「脳」は萎縮する。ラジオを聴いているときや読書の「場面想像」で脳全体が活性化する―など、脳機能低下を防ぎ、頭を良くするカンタンな方法を提案。無理なく継続でき、能力向上、記憶力アップ、脳の若返り、うつ病・アルツハイマー防止などにも効果抜群なシンプル生活のすすめ。
        + RECOMMEND
        放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと?
        放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと? (JUGEMレビュー »)
        水口 憲哉
        25年以上昔から再処理工場からの放射能廃液の海洋放出に関して情報発信を行ってきた著者による、気仙沼における講演記録を収録したブックレット。さまざまな事例をもとに、放射能廃液による海洋汚染の実態を述べる。
        + PR
        + BBN聖書放送
        + 9条守ろう!ブロガーズ・リンク
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE