無料カウンター
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Profile
BBN聖書放送
9条守ろう!ブロガーズ・リンク
天木直人のブログ-日本の動きを伝えたい-
[公式] 天木直人のブログ
STOP!再処理 ネットワーキング
Recommend
新改訳聖書―注解・索引・チェーン式引照付
新改訳聖書―注解・索引・チェーン式引照付 (JUGEMレビュー »)

スタンダード版でも好評の引照(Cross Reference)に加え、主要項目の参照個所が“いもづる式”に分かるチェーン式引照、簡潔明瞭な注解、体系的な学びに役立つ索引を備えた、日本語で唯一とも言えるスタディ・バイブル。
Recommend
バイリンガル聖書
バイリンガル聖書 (JUGEMレビュー »)

新改訳とNIVの初めての和英対照聖書。巻末に最新の聖書地図を掲載(こちらも和英対照)。日本語では分かりにくかった聖句も、英語ではストレートに心に響いてくることもあるから、不思議……。
Recommend
すぐに役立つみことば集 バイリンガル版
すぐに役立つみことば集 バイリンガル版 (JUGEMレビュー »)

1982年の初版発行以来、生活の様々なシーンで助けと慰めを与え続けてきた本書。今回、NIVとのバイリンガル化で、その時に必要な御言葉をさらに深く味わえるようになりました。最善最良の信仰書の一つに加えてみてはいかが?
Recommend
Streams in the Desert: 366 Daily Devotional Readings, Walnut, Italian Duo-tone
Streams in the Desert: 366 Daily Devotional Readings, Walnut, Italian Duo-tone (JUGEMレビュー »)
Charles E., Mrs. Cowman
FEBC(韓国・済州島のキリスト教放送局。毎日21:30〜22:45、1566kHz)の放送終了前に、この邦訳『荒野の泉』の一節が朗読されている。
本書は改訂版で、聖句の引用は英訳聖書の中で最も普及しているNIVを使用しており、読みやすくなっている。
一日の終わりに、心に沁みるデボーションのひとときを持ってみてはいかが。
Recommend
ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術
ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術 (JUGEMレビュー »)
板倉 徹
ケータイ、テレビ、パソコン…。視覚に頼りすぎた生活では「脳」は萎縮する。ラジオを聴いているときや読書の「場面想像」で脳全体が活性化する―など、脳機能低下を防ぎ、頭を良くするカンタンな方法を提案。無理なく継続でき、能力向上、記憶力アップ、脳の若返り、うつ病・アルツハイマー防止などにも効果抜群なシンプル生活のすすめ。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

国や電力会社は「原発は地球にやさしい」「エコに貢献」などと盛んにPRしているが、やさしくないどころか、逆に温暖化を促すことを分かりやすく解説する。
Recommend
放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと?
放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと? (JUGEMレビュー »)
水口 憲哉
25年以上昔から再処理工場からの放射能廃液の海洋放出に関して情報発信を行ってきた著者による、気仙沼における講演記録を収録したブックレット。さまざまな事例をもとに、放射能廃液による海洋汚染の実態を述べる。
Recommend
Recommend
Recommend
トリックスターから、空へ
トリックスターから、空へ (JUGEMレビュー »)
太田 光
オピニオンリーダーとして俄然注目を集める太田光が、戦争、憲法、教育、そして日本という国そのものに真っ向から挑む! 話題作『憲法九条を世界遺産に』の論点を広げ、さらに掘り下げた意欲作。「本書を出すことが今の自分の使命だ」とまで言い切る太田光、渾身の一冊!
Recommend
憲法九条を世界遺産に
憲法九条を世界遺産に (JUGEMレビュー »)
太田 光, 中沢 新一
実に、日本国憲法とは、一瞬の奇蹟であった。それは無邪気なまでに理想社会の具現を目指したアメリカ人と、敗戦からようやく立ち上がり二度と戦争を起こすまいと固く決意した日本人との、奇蹟の合作というべきものだったのだ。しかし今、日本国憲法、特に九条は次第にその輝きを奪われつつあるように見える。この奇蹟をいかにして遺すべきか、いかにして次世代に伝えていくべきか。お笑い芸人の意地にかけて、芸の中でそれを表現しようとする太田と、その方法論を歴史から引き出そうとする中沢の、稀に見る熱い対論。宮沢賢治を手がかりに交わされた二人の議論の行き着く先は…。
Recommend
茶色の朝
茶色の朝 (JUGEMレビュー »)
フランク パヴロフ,ヴィンセント ギャロ,藤本 一勇,高橋 哲哉
突然「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことで起こる変化を描いた反ファシズムの寓話。
Recommend
戦争のつくりかた
戦争のつくりかた (JUGEMレビュー »)
りぼん・ぷろじぇくと
戦争はいきなり始まるものではなくて、一歩、また一歩とゆっくりと「戦争ができる」「戦争をしてもいい」「戦争しなきゃ」というように進むものだと思います。 本書はまさにこのプロセスを絵本仕立てでわかりやすく示した「戦争レシピ本」です。小学生でも80歳の方でも等しく読める内容です。多くの一般市民にとってこの本は「戦争を考えるヒント」になるのではないかと思います。
Recommend
Recommend
憲法は、政府に対する命令である。
憲法は、政府に対する命令である。 (JUGEMレビュー »)
ダグラス・ラミス
日本国民のどれくらいが「憲法とは何か」という問いに正しく答えられるのだろうか。著者は基本的に護憲の立場を取るが、その主張は第9条の正当性をヒステリックに叫ぶだけのものではない。本書は国際的かつ歴史的視点から憲法を解説し、日本国憲法が為政者と国民に何をもたらし、また何を抑制してきたかを整理するもの。
まずは「国の最高法規」である憲法が政府の施策のみならず、国民個人の政治的アイデンティティーを規定し、その国の文化にまで深い影響を与えていることを種々の学説や西欧の実例で示す。結果、日本国憲法の条文は主権在民の原則に立つ我が国の政府に対する「命令」であり、命令を下された側が足かせと感じるのは当然のことだと言う。「この憲法は米国から押しつけられたもので国民の総意ではない」という改憲派の常套句については、戦勝国の米国自身ですら制御できない権限を日本国民に与えたことを、米国が最も悔やんでいると反論する。
こうした立ち位置から第9条と安全保障条約、言論の自由、人権条項、政教分離の原則などをテーマに、現憲法の価値について考察を加えていく。
Recommend
憲法と戦争
憲法と戦争 (JUGEMレビュー »)
C.ダグラス ラミス, C.Douglas Lummis
憲法第9条に人びとを戦争からまもる力があるか? 国の交戦権とはどんな権利か? 自衛隊の海外派遣の本当の目的とは? 日米新ガイドラインのめざしているものは何か? これからの日本国憲法のために、改憲派であれ護憲派であれ、これだけは考えておきたいことを根源から問いなおす。
Recommend
みどりのゆび
みどりのゆび (JUGEMレビュー »)
モーリス ドリュオン, Maurice Druon, 安東 次男
裕福に暮らすチト少年は、お父さんが兵器を作る人だったことを知り、驚きました。じぶんが不思議な<みどりのゆび>をもっていることに気づいた少年は、町じゅうに花を咲かせます。チトって、だれだったのでしょう? (小学4・5年以上)
Recommend
愛国者は信用できるか
愛国者は信用できるか (JUGEMレビュー »)
鈴木 邦男
三島由紀夫は言った。「愛国心は嫌いだ」 なぜか!? 新右翼の大物が初心に返って「愛国心とは何か」を考え、その素晴らしさと危うさの両面を説く。天皇制や天皇論についても一家言を述べる。
Recommend
沖雅也と「大追跡」―70年代が生んだアクションの寵児
沖雅也と「大追跡」―70年代が生んだアクションの寵児 (JUGEMレビュー »)

初めてコメディータッチを取り入れた刑事ドラマ「大追跡」(1978年4〜9月)。後の「俺たちは天使だ」「プロハンター」「あぶない刑事」などに大きな影響を与えた。
「大追跡」を軸に、主役メンバーであった沖雅也氏の芝居やアクションを中心に論じた評伝。これまで知られていないエピソードなど満載。
Sponsored Links
SEO / RSS
New Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search This Site.
<< 【転載】へいこうせんメルマガ第88号 | main | NHK経営委員人事は安倍主導 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

【転載】へいこうせんメルマガ第90号

へいこうせん-葉

転送歓迎/定期読者募集中(無料)!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□ 「ほっとけない!改憲と庶民増税、投票に行こう!」           
■   へいこうせんメールマガジン
□ ___________________________________
■ 第90号 2007年6月18日                         
□ 発行:平和と公正の選択を求めるネットワーク(略称:へいこうせん)   
■ heikosen07@yahoo.co.jp                        
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
▽定期購読のお申込みはこちらから
http://www.mag2.com/m/0000220835.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2007/6/18 第90号                     (転送紹介歓迎)
[へいこうせんメールマガジン]

 「ほっとけない!改憲と庶民増税」
 「平和憲法を活かし、格差社会を公正な社会に変えるために、選挙に行こう」
   と訴えます。

◇バックナンバー◇ http://blog.mag2.com/m/log/0000220835/
◇定期読者申込み◇ http://www.mag2.com/m/0000220835.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※許すな!自衛隊の国民監視活動!!!

☆☆今号のコンテンツ☆☆
◆へいこうせん共同声明  自衛隊情報保全隊によるイラク派遣反対運動への情報収集に関する共同抗議
◆へいこうせん共催上映会『密約 外務省機密漏洩事件』(6/23@堺)
◆賛同者からの投稿
 岩井さんより  参議院候補<靖国派>補強
◆運動情報コーナー
 ■「もうガマンできない!広がる貧困、人間らしい暮らしを求めてつながろう」
 ■一人で入れる地域労組紹介 全労連がビデオ
 ■【再掲】許すな!自衛隊の違憲・違法な国民監視 6・29緊急学習会(さいたま市)
 ■【再掲】「安倍自公政府によって、岩国市がつぶされようとしています!
 ■【再掲】女性自衛官の人権裁判を支援する会
 ■【再掲】働けと言わないワーキングマガジン 「フリーターズフリー」創刊記念トークセッション(6・24@立川)
 ■【再掲】第24回市民憲法講座「国際協力は九条のこころで」(6・23@文京区)
 ■【再掲】共謀罪問題の集会・情報
 ■【再掲】緊迫する辺野古の最新の状況がわかるサイト           
 ■【再掲】2008年5月「9条世界会議」を成功させよう!
 ■【再掲】生活相談実践講座「生活保護」(神戸)
 ■【再掲】『平和の書店』が開店!  きくちゆみ  転載
◆ピースイベント情報
 ■【再掲】『豊田直巳・戦火の子どもたち写真展を広げる会』6月18日(月)
 ■【再掲】第九で9条御堂筋パレード〜6月のご案内
 ■【再掲】虹の天使、募集!
 ■【再掲】かわさきゆたか愛と平和のジョイントライブ
◆学習会の案内
 ■【再掲】「九条の会」の学習会
 ■【再掲】オーバービー博士来日講演 全国予定一覧
 ■【再掲】6月24日 イベント「劣化ウラン弾とイラクのいま・2007」
 ■【再掲】「研究会「職場の人権」7月例会のご案内
 ■【再掲】「信州自由学舎」から、読後会のお知らせ(7/29)
 ■【再掲】「撫順」―加害と再生の地から現代と未来を語る―(7/1@渋谷)
◆おすすめ上映会・映画・DVD
 ■【再掲】上映&講演 〜「軍隊がなくても宵やぁま・上映とお話の集い」〜(7/14@京都)
 ■【再掲】「第4回東京平和映画祭2007.7.7
 ■【再掲】「日独裁判官物語(ビデオ)」上映会と弁護士トーク(6.23@京都)
 ■【再掲】“GHADA 〜パレスチナの詩〜上映会(7/22@姫路)
 ■【再掲】日本の青空 各地の上映情報
 ■【再掲】ドキュメント映画:「戦争をしない国 日本」各地の上映会
 ■【再掲】「基地はいらない どこにも」
 ■【再掲】映画「ひめゆり」の紹介
◆ほっとけない!政治ニュース
 ■仙台市長が自衛隊情報保全隊による市民監視を支持する発言
 ■防衛省:台湾に現役自衛官派遣を検討 、中国反発も
 ■9年連続で自殺者3万人台 警察庁発表
 ■歴史の闇に埋もれた陽高事件「東条英機の戦争責任」
◆へいこうせんアピール賛同・協力のお願い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆へいこうせん共同声明
 「へいこうせん」として、
以下の「自衛隊情報保全隊によるイラク派遣反対運動への情報収集に関する共同抗議声明」に団体賛同いたしました。

-----------------------------------------------------------
■自衛隊情報保全隊によるイラク派遣反対運動への情報収集に関する共同抗議声明

自衛隊情報保全隊による、イラク派遣反対運動の調査報告書の存在が明らかになりました。

 今回、明らかになった情報収集の対象にはなんの制限もありません。
市民団体、政党、ジャーナリスト、宗教団体、個人など、自衛隊のイラク派兵に疑問や異議、反対の声を「反自衛隊の活動」として調べています。

 そこにあるのは、自衛隊と違う価値観を持つものは「敵」といわんばかりの思想です。
軍隊の情報活動は「敵」を攻撃するためのものです。
自衛隊という軍事組織が「敵」の動向の調査が想定している先は、反自衛隊活動の鎮圧であると考えるのは至極当然ではないでしょうか。

 戦前の日本軍は憲兵隊をもって「非国民」「国賊」として反戦運動を弾圧しました。
同じようなことが再現されようとしていることに強い危惧を抱きます。
今回の情報収集にはなんらの合法性はありません。
塩崎官房長官は記者会見で調査の法的根拠を、防衛省設置法4条「必要な情報の収集整理に関すること」と発言しました。
しかし、これは「陸上自衛隊、海上自衛隊及び航空自衛隊の組織、定員、編成、装備及び配置に関する」事務のことであり、市民を監視することを定めたものではありません。
記者の取材活動を「調査」し、個人の写真を承諾なしに撮ることができる法的根拠などありません。
警察でも犯罪との関連がなければ撮影はできないのです。さらに公務員が身分を隠しながらの盗撮など許されません。
」公安警察の脱法的な情報収集も本来最高裁判例に違反しています。
更に、情報保全隊は警務隊と異なり、司法警察権は付与されていません。
従って、今回のような捜査まがいの行為は違法行為以外のなにものでもありません。
憲法19条に保障された思想・信条の自由と憲法21条の表現の自由を侵害し、民主主義の根幹を揺るがす国家的犯罪です。

 今回の、情報保全隊の調査について、政府・自衛隊は一貫して正当化をする発言を繰り返しています。
「必要な情報収集だ。違法性はない」(守屋事務次官)
「法令で決められた範囲の任務」(折木陸上幕僚長)
と合法活動であると言い切っています。
とりわけ、久間防衛大臣は、6日の記者会見で「派遣家族のために情報収集を行った」と発言しました。
これは情報収集の対象になった団体・個人が派遣家族に危害を加えるかのように考えているということで、決して許されない発言です。撤回を求めます。
更に、7日の参議院外交防衛委員会で、
「憲法上も情報収集は禁止されていない。何ら抵触していない」
「悪いことをしているわけではない。公開の場でやったことを報告しているだけ」
「写真で盛り上がりを確認しても良いではないか。情報収集をして参考にするのは良いことだ、国民の声に耳を傾けることだ」
「報道取材で写真を撮って良いのだから、自衛隊が撮っても良い。
最高裁判例に照らしても構わない。特定の誰かをねらい打ちにしているわけではない。」などと、開き直り、順法意識のかけらもない発言を繰り返しています。
自衛隊という国家権力とマスコミとの違いも、憲法の立憲主義もわきまえない久間防衛大臣は政治家としての資格はありません。

 5月の沖縄・辺野古沖での事前調査を威嚇するための掃海母艦「ぶんご」の派遣、今回のイラク反戦運動への「調査」とあわせてみても、これほどまでにあけすけに軍隊の本音を私たちに見せつけてくれる先には、自民党の新憲法草案がいう「自衛軍」に、「非国民」「国賊」として銃剣をつきつけられる私たちを想像します。
今回明らかになった事態は、日本の民主主義の根幹にふれる大問題であり極めて重大な人権侵害です。
防衛省のみならず安倍内閣は文書持ち出しの「犯人」探しと正当化、開き直りをするのではなく、このような違法な活動を即刻中止しすべきです。
今回、明らかになった事実にふまえながら、いまだ隠されている自衛隊の情報収集の実態、推測される公安警察との連携などすべての人権侵害、蹂躙の事実をあきらかにするのが、防衛省―自衛隊がすぐに取り組むべきことです。
最高指揮官安倍総理はすぐに上記の点を命令し、実施させたうえでその責任を明らかにすべきです。
 平和を求める全世界、日本中の民衆の声と運動を封殺することは絶対にできないし、私たちは人間的正義に基づいた戦争反対の声を上げ続けるということを最後に表明します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「自衛隊情報保全隊によるイラク派遣反対運動への情報収集に関する共同抗議声明」に賛同します。

団体名:               

送付先
Eメール:peace at r3.dion.ne.jp 
Fax :052−875−5130
締め切り:6月19日(火)

【賛同団体】
・ 有事法制反対ピースアクション
・ 東海民衆センター
・ エコアクション
・ 不戦へのネットワーク
・ <ノーモア南京>名古屋の会
・ 愛知県平和委員会
・ 「自主・平和・民主のための広範囲な国民連合愛知」

山本 みはぎ
有事法制反対ピースアクション
http://www.jca.apc.org/~husen/antiyuzi.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆へいこうせん共催上映会『密約 外務省機密漏洩事件』(6/23@堺)

日時 2007年6月23日(土)
  (午後2時、午後6時30分 の2回上映・上映時間1時間40分)
会場 「創造空間BOX1-6」
 大阪府堺市堺区市之町東6丁1−24 TEL&FAX0722.27.6123(かみや) 
 南海高野線「堺東駅」西へ徒歩7分
☆地図 http://vpress.la.coocan.jp/sakaitizu.html

会場費 500円
共催 
 市民社会フォーラム http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/
 へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク)
http://heikosenweb.oboroduki.com/

☆会場の「創造空間BOX1-6」は、1997年5月にオープンした木造平屋約45平方メートルのスペース。
展示会・ミニコンサート・ポスター展・ビデオ上映会等を開催しています。

※お申し込みなしでも参加できますが、事前にお申し込みいただければ幸甚です。
 へいこうせん heikosen07@yahoo.co.jp まで

■『密約 外務省機密漏洩事件』
 沖縄返還交渉で、アメリカが支払うはずの四百万ドルを日本が肩代わりするとした裏取引―。
時の内閣の命取りともなる「密約」の存在は国会でも大問題となるが、やがて、その証拠をつかんだ新聞記者と、それをもたらした外務省女性事務官との男女問題へと、巧妙に焦点がずらされていく。
 この事件に深い関心を抱いた作家の澤井久枝は裁判を傍聴し、裁判が密約を行った政府の政治責任を問わず、二人の倫理性だけを裁こうとしているのに疑問を持った。
 政府は何を隠蔽し、国民は何を追究しきれなかったのか。現在に続く沖縄問題の原点の記録。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD17976/comment.html

製作=S・H・P=テレビ朝日 配給=オフィス・ヘンミ
1988.06.11  100分 カラー ワイド

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆賛同者からの寄稿 ご寄稿募集しています。heikosen07@yahoo.co.jp まで

===========================================================
■参議院候補<靖国派>補強

岩井より 皆さまへ、資料サービス補強。
『赤旗』紙面に載った以外の「靖国派」候補者を問合わせ、編集局から返事がありました。

★これを見ると、東京区は自民も民主も靖国派。
とりあえず護憲派にとっては、ネガティブキャンペーンを張りやすいでしょうか。

民主党の比例20位以内にこの4人の誰かが入っていたら、私は比例区で民主党に投票しません。(04年は比例で19人通している)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆《靖国派》参議院候補者◆

【民主党】7人
*西岡 武夫・現議員 <民主・比例> 
  =教育基本法改正促進委員会 :最高顧問

*高竹 和明・(新人)<民主・比例> 
  =元日本青年会議所(JC):会頭
   05年に『日本国憲法JC草案』を作成

*大江 康弘・現議員 <民主・比例>
*広野ただし・現議員 <民主・比例>
*鈴木 寛・現議員 <民主・東京区>
*森 裕子・現議員 <民主・新潟区>
*羽田雄一郎・現議員 <民主・長野>
 
【自民党】26人
*有村 治子・現議員 <自民・比例>   =日本会議 国会議員懇談会:事務局次長
*衛藤せいいち・前衆議院議員 <自民・比例>  =日本会議 国会議員懇談会:前事務局長
*西田 昌司・(新人) <自民・京都区>   =日本会議 地方議員懇談会メンバー
*鴻池 祥肇・現議員 <自民・兵庫区>   =日本会議 国会議員懇談会:幹事長 
*片山虎之助・現議員 <自民・岡山区>   =日本会議 国会議員懇談会:副会長 

*愛知 治郎・現議員 <自民・宮城>
*金田 勝年・現議員 <自民・秋田>
*保坂 三蔵・現議員 <自民・東京>
*小林 温・現議員 <自民・神奈川>
*松村 龍二・現議員 <自民・福井>
*鈴木 政二・現議員 <自民・愛知>
*谷川 秀善・現議員 <自民・大阪>
*世耕 弘成・現議員 <自民・和歌山>
*常田 享詳・現議員 <自民・鳥取>
*景山俊太郎・現議員 <自民・島根>
*北岡 秀二・現議員 <自民・徳島>
*関谷 勝嗣・現議員 <自民・愛媛>
*松山まさじ・現議員 <自民・福岡>
*三浦 一水・現議員 <自民・熊本>
*小成平 敏文・現議員 <自民・宮崎>
*西銘 順志郎・現議員 <自民・沖縄>

*尾辻 秀久・現議員 <自民・比例>
*小泉あきお・現議員 <自民・比例>
*山東 昭子・現議員 <自民・比例>
*橋本 聖子・現議員 <自民・比例>
*福島啓史郎・現議員 <自民・比例>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆運動情報コーナー
 へいこうせんの趣旨に沿った運動・見解などの紹介です。

===========================================================
■「もうガマンできない!広がる貧困、人間らしい暮らしを求めてつながろう」
  反貧困のもと全国の市民団体が結集した反貧困キャンペーンのHPは
http://antipoverty07.blogspot.com/

===========================================================
■一人で入れる地域労組紹介 全労連がビデオ
 一人の青年が労働相談からローカルユニオン(地域労組)に出合い、働く権利を求めて立ちあがる姿を描いた全労連制作のビデオ映画「いまそこにあるユニオン」(二十六分)が完成しました。  
映画は、無権利に置かれた非正規労働者を対象に、正社員中心の企業内組合とは別に、一人で入れる地域労組があることを紹介。
「(組合は)作らなくていいんだよ。いまそこにあるユニオンに入ればいいんだ」と悩む青年の背中を押す相談員。
会社との団体交渉のやりとりもリアルです。  
ビデオとDVDがあり、各五百円。
企業内に労組をつくる二年前の前作(DVDのみ)とのセットは千円です。
申し込みは全労連組織局まで。電話03(5842)5611
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-05/2007060505_02_0.html

===========================================================
■許すな!自衛隊の違憲・違法な国民監視 6・29緊急学習会(さいたま市)

■とき   6月29日(金)13時開場、13時30分開会
■ところ  コラボ(さいたま市浦和区高砂2-3-10黒澤ビル3階 電話
048-825-7535)
■講師   内藤功さん(弁護士)
■資料代  500円
■よびかけ団体
      平和憲法を守る埼玉の共同センター埼玉憲法会議
      平和・民主・革新の日本をめざす埼玉の会
      自由法曹団埼玉支部
      埼玉県平和委員会
      安保破棄埼玉県実行委員会
      日本国民救援会埼玉県本部
      日本機関紙協会埼玉県本部
      埼玉県労働組合連合会
■連絡先  048-838-0771(埼玉憲法会議)
      048-825-7535(日本機関紙協会埼玉県本部)

===========================================================
■安倍自公政府によって、岩国市がつぶされようとしています! 岩国市 井原市長からのメール
 いつもお世話になっています、岩国市長の井原勝介です。岩国の窮状を知っていただきたくお便りをしました。
 国という大きな力に小さな岩国は押しつぶされそうになっています。空母艦載機部隊の移駐により、市民の平穏な生活が奪われようとしています。十分な説明責任が果たされないままに、建設中の市役所新庁舎に対する補助金の突然のカット、米軍再編特別措置法による「交付金」などアメとムチで市民の意思を抑えつけようとする手法は、到底納得できません。
 こうした国の不当なやり方に屈せず、市民の心意気を示すため、有志による新庁舎建設の募金活動が行われています。
 地方の自立のために、「民意」が尊重される真の民主主義の実現を図るために、ご支援をよろしくお願いします。ご友人などにもご紹介いただければ幸いです。

          岩国市新庁舎募金の会「風」
          代表 岡田 久男
            〒740-0017
            山口県岩国市今津町4丁目11-9          
            TEL・FAX 0827-21-9818
            メール   i.k.k1720@sky.icn-tv.ne.jp
            ブログ   http://iwakuni-kaze.weblogs.jp/blog/
           〈郵便振替〉
             口座番号 01310-2-96617
             口座名称 岩国市新庁舎募金の会 
                   井原 勝介  VEP00350@nifty.com
                         http://www.ihara.org

===========================================================
■女性自衛官の人権裁判を支援する会
http://jinken07.10.dtiblog.com/

【この報告会の連絡先】
アジア女性資料センター
TEL:03-3780-5245 FAX:03-3463-9752
e-mail:ajwrc@ajwrc.org
URL:http://www.ajwrc.org/

女性自衛官の人権裁判を支援する会より

 私たちは、性的尊厳を蹂躙され、著しく人権を踏みにじられた中で、人としての尊厳の回復と二度と同じことが起こらないようにとの思いから提訴にいたった原告に共感し、この裁判を支援する会を立ち上げました。
提訴後も、自衛隊は、原告に対して職場内での隔離や排斥を重ね、それを止めるよう申し入れた弁護士、支援する会にも、面談を拒否するなどの対応をとっています。
その中で、原告は、基地での勤務を続けており、精神的にも健康面でも過酷な状況におかれています。
原告が、提訴したことで不利益を受けず、安心して働ける状態の中で裁判を続けられるように、多くの人の支援が求められています。
どうぞ、ともに裁判をご支援ください。
裁判と活動を支えるカンパもお願いします。

代表 竹村泰子
振込み口座:○北洋銀行 北7条支店 普通 3859062
「女性自衛官の人権裁判を支援する会」
○郵便振込口座番号 02770-1-64969
「女性自衛官の人権裁判を支援する会」

■毛利正道さんから
全国の弁護士の皆様
この件については、毎号の非戦つうしんニュースでお知らせしているとおりです。

代理人の佐藤博文弁護士から、ぜひ全国の多くの弁護士から代理人に就任していただきたいとの
お願いが発せられています。私も代理人になりました。

御就任いただける方は、以下を、
 佐藤博文 [hirohumi@hg-law.jp]
に、お送り下さい。よろしく。
00000000000000000000000000000000000000000000
女性自衛官人権訴訟の原告訴訟代理人に就任します
住所 〒
事務所名
電話・FAX
氏名
000000000000000000000000000000000000000000000

===========================================================
■働けと言わないワーキングマガジン 「フリーターズフリー」創刊記念トークセッション
(編集・発行:有限責任事業組合フリーターズフリー、発行:人文書院)

この生きづらさをもう「ないこと」にしない──プレカリアートな女たち

雨宮処凛×貴戸理恵×栗田隆子×大澤信亮

6月24日(日)午後5時〜(開場4時半)
立川・オリオン書房ノルテ店ラウンジにて
入場料500円(当日精算)

参加ご希望の方は恐れ入りますが、
ノルテ店店頭・電話・メールにて席のご予約をお願い申し上げます。
オリオン書房ノルテ店 担当:白川(shirakawa@orionshobo.com)
東京都立川市曙町2-42-1パークアベニュー3F
TEL 042-522-1231
http://www.orionshobo.com/

〜パネラー紹介〜
雨宮処凛(あまみや・かりん)
1975年、北海道生まれ。愛国パンクバンド「維新赤誠塾」ボーカルを経て『生き地獄天国』(太田出版)で作家デビュー。近著に、『生きさせろ! 難民化する若者たち』(太田出版)、『右翼と左翼はどうちがう?』(河出書房新社)。

貴戸理恵(きど・りえ)
1978年、福岡生まれ。現在、東京大学大学院博士課程在籍(社会学)。当事者の視点を重視しながら、子ども・若者と社会との繋がりについて考えている。著書に、『不登校は終わらない』(新曜社)、『コドモであり続けるためのスキル』(理論社)等。

栗田隆子(くりた・りゅうこ)/フリーターズフリー組合員
1973年、東京生まれ。『子どもたちが語る登校拒否』(世織書房)に経験者として寄稿。学生時はシモーヌ・ヴェイユについて研究。ミニコミ・評論紙等において不登校・フェミニズムについての論考を発表。現在、国立保健医療科学院非常勤職員。

大澤信亮(おおさわ・のぶあき)/フリーターズフリー組合員(創刊号編集責任)
1976年、東京生まれ。物書き・編集者。現在、映画専門大学院大学助手。著作に、『「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか』(大塚英志との共著、角川書店)、「コンプレックス・パーソンズ」(「重力02」)、「マンガ・イデオロギー」(「comic新現実」)等。

フリーターズフリー
http://www.freetersfree.org/
http://d.hatena.ne.jp/FreetersFree/

===========================================================
■第24回市民憲法講座「国際協力は九条のこころで」

お話:伊勢崎賢治さん(東京外国語大学教授)
 
「憲法改正」論議の高まりの中、「“国際貢献”のためにも憲法を変えるべきだ」という声があります。九条を持つ日本が平和構築のためにできることは何なのか。東ティモール、シエラレオネ、アフガニスタンなどで武装解除にあたった体験を持ち「国際紛争の解決には非軍事での介入が不可欠」と主張される伊勢崎賢治さんにお話をうかがいます。
ぜひご参加ください。

日 時:2007年6月23日(土)6時半開始
場 所:文京区民センター 3C会議室
参加費:800円

主催◆許すな!憲法改悪・市民連絡会

-----------------------------------------------------------
許すな!憲法改悪・市民連絡会
高田 健
東京都千代田区三崎町2−21−6−301
03-3221-4668 Fax03-3221-2558
http://www.annie.ne.jp/~kenpou/

===========================================================
共謀罪問題の集会・情報

■6/21 院内集会 もっともっと国会へ!
 6・21共謀罪の廃案を求める市民と表現者の院内集会
 ──────────────────────────
とき  6月21日(木)12時30分〜13時45分
ところ 衆議院第2議員会館第3会議室
○東京メトロ有楽町線南北線永田町駅・千代田線丸の内線国会議事堂前駅
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
◇発言
 国会議員・法律家  表現者・市民団体
◇主催:共謀罪に反対するネットワーク
◇連絡先   盗聴法に反対する市民連絡会(日消連 Tel.03-5155-4765)
         ネットワーク反監視プロジェクト(小倉 Tel.070-5553-5495)

■7/5 連続学習会
共謀罪に反対するネットワーク連続学習会(第2回)
 マイノリティーの権利と共謀罪
 ────────────────────────
とき:7月5日(木)18時30分〜
ところ:東京・文京区民センター 3A会議室
○都営地下鉄三田線・大江戸線春日駅、東京メトロ丸の内線・南北
線後楽園駅
http://www.mapion.co.jp/c/f?el=139/45/20.374&scl=10000&pnf=1&uc=1&grp=all&nl
=35/42/20.433

◇お話:「マイノリティーの権利と共謀罪」(仮題)
 森原秀樹さん(反差別国際運動日本委員会)
◇参加費 500円  ◇主催 共謀罪に反対するネットワーク
◇連絡先
 盗聴法に反対する市民連絡会(日消連 Tel.03-5155-4765)
 ネットワーク反監視プロジェクト(小倉 Tel.070-5553-5495)

===========================================================
■緊迫する辺野古の最新の状況がわかるサイト
辺野古からの緊急情報
http://henoko.jp/info/
同 携帯版
http://henoko.jp/infom/
基地建設阻止(携帯可)
http://henoko.jp/fromhenoko/
ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!
http://blog.livedoor.jp/kitihantai555/
ジュゴンの家日誌
http://dugong2007.tuzikaze.com/
「北限のジュゴンを見守る」
http://yaplog.jp/sea_dugong/
■「ジュゴンを守るための環境アセス」を求める国際ネット署名
http://www.thepetitionsite.com/takeaction/511549172

===========================================================
■08年5月「9条世界会議」を成功させよう! どうかご賛同 そしてご支援を!
http://university.main.jp/blog3/archives/2007/02/085.html

===========================================================
■生活相談実践講座「生活保護」(神戸)
 今年度の生活相談実践講座のご案内です。
 例年通り、第1回、第2回は「生活保護」です。
 法の趣旨に反した違法な運用が横行し、また、制度自体も大きく変わろうとしています。
 そのような中、弁護士や司法書士など法律家が生活保護問題に本格的に関わって正しい運用を実現させようとする動きも活発化しています。
 私たちが生活保護に関する正しい知識を持つことは、貧困問題を解決し、市民の権利を守るために極めて重要なことです。
 しかし、一般的には誤解されている面が多いのも生活保護制度です。
 今回の講座では、生活保護の基本的な知識、今年度からの変更点、資産問題・稼働能力などよくある疑問点とその考え方、違法・不当な扱いを受けた時の対応策など、実際に生活保護の相談活動に役立つ知識・情報を中心に解説いたします。
 ぜひご参加ください。どなたでもご参加いただけます。

○第1回生活相談実践講座
 「生活保護の基礎知識・運用の実際」
(日時) 7月21日(土)  3時〜5時
(場所) カトリック社会活動神戸センター(神戸市中央区中山手通1−28−7)
(講師) 觜本 郁(神戸公務員ボランティア)
(主催) 神戸公務員ボランティア

○第2回生活相談実践講座
 「生活保護 −よくある事例から考える−」
(日時) 8月11日(土)  3時〜5時
(場所) カトリック社会活動神戸センター(神戸市中央区中山手通1−28−7)
(講師) 觜本 郁(神戸公務員ボランティア)
(主催) 神戸公務員ボランティア

神戸公務員ボランティア
http://homepage3.nifty.com/kobekoubora/index.html

===========================================================
■ 『平和の書店』が開店!  
 http://ministryofpeace.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ピースイベント情報

===========================================================
■『豊田直巳・戦火の子どもたち写真展を広げる会』6月18日(月)

設立お披露目イヴェント・写真展
フォトジャーナリスト豊田直巳の“仕事”展

■ 日時 6月18日 18:00〜
■ 会場 セッションハウス 
〒162-0805 東京都新宿区矢来町158 (地下鉄東西線 神楽坂下車徒歩3分以内)
(tel) 03-3266-0461
行き方:東西線神楽坂駅・神楽坂方面出口(中野・三鷹行きならば進行方向の一番後ろの車両、 西船橋・勝田台行きならば一番前の車両に乗るとすぐです) から地上へ。
神楽坂(=早稲田通り)から一本北側の道路を、早稲田方面に進んだところにコンクリート打ち放しのビルがあります。それがセッションハウスです。神楽坂駅から徒歩1〜2分です。
■ 入場無料
■ 催し
豊田直巳写真展
スライドショー『世界の子どもたち』
本邦初ビデオ『豊田直巳の“仕事”』
スライドトーク『戦火の子どもたち』
ゲスト・トーク(呼びかけ人から)

『豊田直巳・戦火の子どもたち写真展を広げる会』
事務局
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-21 静和
ビル2A 「住民ひろば」気付け
公式ブログ
http://senka-kodomotachi.cocolog-nifty.com/

呼びかけ人(6月4日現在)
石坂啓(漫画家)
嘉指信雄(NO DU ヒロシマ・プロジェクト代表)
郡司真弓(WE21ジャパン)
古今亭菊千代(落語家)
寿[kotobuki] (ミュージシャン)
土井敏邦(JVJA−日本ビジュアルジャーナリスト協会会員)
奈良間隆哉(丸木美術館事務局長)
林克明(JVJA−日本ビジュアルジャーナリスト協会会員)
針生一郎(丸木美術館館長・美術評論家)
福山真劫(平和フォーラム 事務局長)
古居みずえ(JVJA−日本ビジュアルジャーナリスト協会会員)
星川淳(グリーンピース・ジャパン事務局長、作家、翻訳家)
前田和記(生活クラブ生協・千葉)
桃井和馬(JVJA−日本ビジュアルジャーナリスト協会会員)
森瀧春子(核兵器廃絶をめざすヒロシマの会共同代表)
森達也(映画監督/ドキュメンタリー作家)
吉岡達也(ピースボート共同代表)

===========================================================
■第九で9条御堂筋パレード〜6月のご案内
◆今後の「第九で9条御堂筋パレード」の予定は・・・

◇6/17(日)午後5時集合  新町北公園(大阪・四ツ橋の大阪厚生年金会館前の公園)

◇*6/23(土) ※6/23だけ午後4時30分集合  新町北公園(大阪・四ツ橋の大阪厚生年金会館前の公園)
主催/おおさか女性行進 (もちろん男性の参加OKです。ジェンダーフリーです)
 この日は、400名〜500名の大規模なデモンストレーションになります。
「おおさか女性行進」は「おおさか女性9条の会」が中心になって呼びかけているとのことです。
(男性の参加OKです)
「おおさか女性9条の会」の呼びかけ人には、世界的に有名なデザイナーであるコシノアヤコさんも呼びかけ人です。(コシノアヤコさんは、コシノジュンコ、コシノミチコ、コシノヒロコ三姉妹のママです)

参考:おおさか女性9条の会
http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~ehiro/

◇7/1(日)午後5時集合  新町北公園(大阪・四ツ橋の大阪厚生年金会館前の公園)

◆「第九で9条」のお問い合わせ&連絡先は〜
ピースケ・おまるこの9条の会
(石炭倉庫)TEL06-6581-0664
〒552-0001大阪市港区波除6-5-5
メール papau_tan@yahoo.co.jp

遊牧民補足〜「第九で9条」は「大阪憲法会議・共同センター」のHPでも記事として取り上げられております。
http://osaka-kenpou.web5.jp/html/report/2006_12_31_dai9.html

なお、参院選期間中は「第九で9条ピースパレード」はありません。

===========================================================
■虹の天使、募集! TEAM GO GO
http://www.teamgogo.net/

===========================================================
■かわさきゆたか愛と平和のジョイントライブ
次回は8月18日・大阪市西区南堀江のミローホールにて
ゲストは「竹山流 津軽三味線」の山田栄水、白築宍山のお二人
(白築宍山さんは、かわさきゆたかさんの息子さんです)
入場料おひとり 2000円(小学生以下無料)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆学習会の案内

===========================================================
■「九条の会」の学習会

● 第2回全国交流集会(11月24日・東京)成功へ向け「九条の会」がアピール
<詳細はこちらをクリックしてください>
http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS070610.htm#070610a

●九条歌人の会
短歌サロン「9条」 窪田空穂と土岐善麿の歌を語るつどい
日時:6月30日(土)
 第1回 午前11時〜午後12時30分
      お話:筑波杏明さんと碓田のぼるさん
 第2回 午後1時〜午後3時
      お話:横山三樹さんと橋本喜典さん
<詳細はこちらをクリックしてください>
http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS070525.htm#070525r

●九条の会・中野(東京)
第7回 憲法問題連続学習講座 安倍晋三内閣の歴史認識を問う
     「今、なぜ従軍慰安婦問題か」
2007年6月19日(火) 18時開場 18時30分開会
<詳細はこちらをクリックしてください>
http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS070610.htm#070610h

●かも・九条の会(岐阜県美濃加茂市・加茂郡)
かも・九条の会2周年のつどい
6月24日(日) 午前10時〜12時
<詳細はこちらをクリックしてください>
http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS070610.htm#070610i

●かごしま女性九条の会
一周年のつどい「松元ヒロ 爆笑ライブ 笑って!知って!守ろう憲法!」
日時:6月24日(日)午後1時30分開場 2時開会 
<詳細はこちらをクリックしてください>
http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS070610.htm#070610j

●ふじさわ・九条の会
「日本の青空」藤沢・上映会
2007年6月26日(火)
<詳細はこちらをクリックしてください>
http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS070610.htm#070610k

●高槻・マスコミ九条の会
上映番組:『遠い島』 −硫黄島その33年−
と き:6月29日(金)午後7時〜9時
<詳細はこちらをクリックしてください>
http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS070610.htm#070610l

●九条科学者の会かながわ
第4回学習会(第5回憲法9条かながわフォーラム)
日時:7月1日(日)14時〜17時 
<詳細はこちらをクリックしてください>
http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS070610.htm#070610m

●栄区・九条の会
映画「日本の青空」栄区上映会
日時:7月6日(金)上映開始 1:10時30分〜 2:14時〜 3:19時〜
          (開場は各回とも30分前)
<詳細はこちらをクリックしてください>
http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS070610.htm#070610n

★☆★7月8日(日)13時半開場〜
アレン・ネルソン講演会
「これが戦争だ!もしも憲法9条がなかったら・・」
 主催:九条の会がくえん、桜ヶ丘・押部谷九条の会、
    平和を考える九条の会・たまつ、かがやき九条の会、
    憲法九条の会・岩岡、西神ニュータウン9条の会
 場所:UNITYセミナー室4
 資料代:¥500
   (代表・連)078−792−5440

===========================================================
■オーバービー博士来日講演 全国予定一覧
【 2007年 チャールズ・オーバービーさん講演旅行の日程 】

> ★6月20日(水)18時30分から オーバービー博士大阪講演会
>    場所:大阪市立住まい情報センター
>    参加費:1000円
>    共催:憲法9条の会・関西 大阪YWCA 阪大・9条の会
>
> ★6月25日(月)18時から20時半 オーバービー沖縄講演会
>    場所:沖縄国際大学 7号館201
>    呼掛け人:安里陽要江(沖縄の語り部)
>        佐久川政一(沖縄大学名誉教授)
>       石原昌家(沖縄国際大学教授)
>       比嘉盛久(琉球大學、沖縄大学講師)
>       高作正博(琉球大学大学院準教授)
>      照屋寛之(沖縄国際大学教授)
>       栄野川安邦(普天間基地爆音訴訟団幹事)
>     安里昌栄(北中城村議会議員)

===========================================================
■6月24日 イベント「劣化ウラン弾とイラクのいま・2007」 のお知らせ
【講演】
・綿井健陽さん(ジャーナリスト、映画監督)
映像ジャーナリストの綿井健陽氏が3月から3週間、イラク・バグダッドに滞在。
混乱の深まる現地の状況を、最新映像をまじえてレポートします。

・豊田直巳さん(フォトジャーナリスト)〈交渉中〉
5月14〜16日、EU議会で劣化ウラン弾問題の写真展を開催。
その後、セルビアで劣化ウラン弾被害や除去作業を取材。
EUで高まる劣化ウラン弾禁止の気運や、旧ユーゴの最新状況について報告予定。

※ほかに講演者数名交渉中(決まり次第、当HPやブログなどでご案内します)

・日 時 2007年6月24日(日) 午後1時半開場 2時開始
・会 場 豊島区民センター 第2会議室
・参加費 500円       ・主 催 STOP! 劣化ウラン弾キャンペーン

===========================================================
■研究会「職場の人権」7月例会のご案内

■第94回研究会(07年7月)
「ゴリ押しされる成果主義」  
●とき 7月21日(土曜日)1時30分〜4時30分
●ところ エルおおさか701号
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
(電 話 06-6942-0001、地下鉄谷町線「天満橋」駅下車、徒歩5〜6分)
●報告者
宮崎徹さん(化学一般関西地方本部書記長)
阪井清二さん(私鉄「連帯する会」代表世話人)
岩佐卓也さん(神戸大学教員)
●概要
 賃金水準の抑制、格差の拡大、職場人間関係の荒廃等々、成果主義の問題が多くのメディアで指摘されながらも、成果主義を導入しようという企業の流れは依然として続いています。「悪しき平等主義」から成果主義への流れはもはや不可避であるかのごとく宣伝されているいま、その狙いが何であり、どこに矛盾があるのか、そして労働運動はどのように対抗してゆくべきか、議論の深化が求められています。
 例会では、化学産業における事例について化学一般関西地方本部書記長の宮崎徹さん、私鉄における事例について私鉄「連帯する会」代表世話人の阪井清二さんに報告していただき、また成果主義の全般的動向について神戸大学教員の岩佐卓也さんに報告いただきます。ご参集ください。

★研究会「職場の人権」
Tel・Fax 06-6315-7804
〒530-0027大阪市北区堂山町8−13堂山ビル4階
メールアドレス  jinken@jp.bigplanet.com
ホームページ  http://homepage2.nifty.com/jinken
メーリングリストのトップページ  
http://groups.yahoo.co.jp/group/shokuba_no_jinken/
「職場の人権」事務局 泰山義雄

===========================================================
■「信州自由学舎」から、読後会のお知らせ(7/29)

7月29日(日)に山梨県と長野県の境、清里フォトアートミュージアム
電話 0551−48−5599 で、「信州自由学舎」読後会に取り組みます
地図 : http://www.kmopa.com/access/access_area_shuhen.htm
時間帯は 1300〜1700 で 参加費は無料

「私物化される世界 〜誰がわれわれを支配しているのか〜」
(ジャン・ジグレール著、阪急コミュニケーションズ 04年、2800円+)を事前にお読み下さいますよう

 参加希望者は末尾のアドレスにまでメールでご予約いただければ光栄です
 Jean Ziegler(ドイツ語圏ではツィーグラー)教授はスイス・ジュネーブ大学の社会学教授で、パリ・ソルボンヌ大学でも教
鞭をとっていますスイス連邦議会議員、国連人権委員会の「食糧にたいする権利」特別報告者をつとめました。
 岩波書店の「世界」(03年1月号)に「世界銀行グループの肖像」(フランスの「ル・モンド・ディプロマティーク」への寄稿)が訳出紹介され、翻訳としては他に、「世界の半分が飢えるのはなぜ? 〜ジグレール教授がわが子に語る飢餓の真実〜」(合同出版 03年)があります
 (清里フォトアートミュージアムでは、以前と異なり宿泊・食事は提供できません)

信州自由学舎 共同代表  内坂徹・色平(いろひら)哲郎 DZR06160@nifty.com

===========================================================
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃・・ 「撫順」 ―加害と再生の地から現代と未来を語る― Vol.2・・┃
┃       丸川哲史×熊谷伸一郎 対談ときどき座談会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    日 時: 7月1日(日)午後2時〜4時30分 (開場1時30分)

    場 所: 渋谷勤労福祉会館 2F
          MAP→→→ http://asp.netmap.jp/map/905872.html
    プログラム 
         ●ビデオ上映
         ●対談 丸川哲史×熊谷伸一郎
         ●フロアディスカッション
    参加費: ¥500
    主 催: 『撫順』から未来を語る実行委員会 (03−5379−2607)
        ★終了後は懇親会!
      
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ▼Panelist Profile
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 丸川哲史(まるかわ・てつし)
 1963年生まれ。明治大学教員。専門は台湾文学と東アジア文化論。
 著書に『日中一〇〇年史』(光文社新書)、『リージョナリズム』(岩波書店)など。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 熊谷伸一郎(くまがい・しんいちろう)
 1976年生まれ。編集者・ライター。著書に『なぜ加害を語るのか』(岩波ブックレット)、
 『金子さんの戦争』(リトルモア)、『反日とは何か』(中公新書ラクレ)など。
 季刊『中帰連』編集長。

■ 一緒にイベントをつくりませんか?
私たち実行委員会では一緒にイベントを告知してくださる方、当日の運営スタッフ、
その他様々な作業を一緒に行ってくださる方を募集しています!
是非下記連絡先までご連絡ください♪
  まじめに、且つ楽しく、20代、30代中心に活動しています!
■イベント開催・運営費は任意のカンパで賄われます。
  カンパのご協力をお願いいたしますm(_''_)m

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 口座名義 「撫順」から未来を語る実行委員会   
┃ 郵便口座 00150−0−335468 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  
 →→→ 撫順戦犯管理所や元兵士の戦後の活動に関心のある方
    ┌────────────────────────┘
    └⇒撫順の奇蹟を受け継ぐ会  
       http://www.tyuukiren.org/
 
 →→→ その他の中国人戦争被害事件について詳しく知りたい方
    ┌────────────────────────┘
    └⇒中国人戦争被害者の要求を支える会
       http://www.suopei.org/index-j.html

 「撫順」から未来を語る実行委員会              
〒160-0004 
     東京都新宿区四谷1-2 伊藤ビル3F
     中国人戦争被害者の要求を支える会 気付
     Tel 03-5379-2607/Fax 03-5379-2608 (担当:金子/大谷)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆おすすめ映画・DVD・上映会

===========================================================
■上映&講演 〜「軍隊がなくても宵やぁま・上映とお話の集い」〜(7/14@京都)

コスタリカ平和ビデオ上映&ロベルト・サモラさんの講演

大統領のイラク戦争支持に大学生が違憲訴訟 そして勝った!!・・・
あのロベルト・サモラさんが熱く語る平和のメッセージ!
コスタリカの平和ビデオも上映。
  
 (仮題)『私とコスタリカと平和憲法ーひとりから始める平和』
〜軍隊をすてた国コスタリカから考える――憲法9条のねうち〜

●日時 2007年7月14日(土)午後6時50分〜9時15分頃
 ・午後6時50分〜7時20分
コスタリカの平和ビデオ上映と解説(制作と解説・足立力也さん)
    「9条を『実践』するとどうなるか?〜コスタリカの例から〜」
 ・午後7時20分〜8時50分 
ロベルト・サモラさんの講演(通訳・足立力也さん)
    (仮題)『私とコスタリカと平和憲法ーひとりから始める平和』
   〜軍隊をすてた国コスタリカから考える――憲法9条のねうち〜     
     
     違憲訴訟を起こされたお気持ちや、コスタリカの平和憲法や
     日本の憲法9条についての思いなどを自由に語っていただく
     予定です。
     ロベルトさんのお話を共有しあう中で、私たちひとりひとりから
     平和を創る動きを更に進めていければと願っています。     
 
・講演後、質疑応答・意見交流 (9時15分頃終了)

●会場 キャンパスプラザ京都 4階 第2講義室(定員289名)
  案内:http://www.consortium.or.jp/campusplaza/access.html
  京都市下京区西洞院通塩小路下る(JR京都駅ビル駐車場西側)
  (会場TEL 075-353-9111)
●参加費  
   一般 800円(プラス「もしよろしければ」任意のカンパをお願いします) 
   学生 500円
●主催 ピースムービーメント実行委員会
    アムネスティ京都グループ
    中南米と交流する京都の会
    ロベルト・サモラさんの話を京都で聴く会
●協賛 日本ラテンアメリカ協力ネットワーク(レコム)
     http://www.jca.apc.org/recom/
  協賛していただけるグループ・団体募集中。
●問い合わせ先 TEL 075-751-0704(山崎)
       夜間 21:30〜22:30
       メール ANC49871@nifty.com

●ロベルト・サモラ さんのプロフィール(トーク)
コスタリカの大学生の時、パチェコ・コスタリカ大統領がイラク戦争において米国への支持を表明したことに対し、同国の平和主義に背くものとして違憲訴訟を起こした。裁判所はサモラさんの訴えを全面的に認め、行政府のイラク戦争についての合意とそれに付随する行為を無効とした。
参考:判決→ http://www.jca.apc.org/costarica/siryo/hanketu2003.html
現在、NGOピースボートのスタッフ。
参考:http://www.peaceboat.org/info/news/2006/060925.html

●足立力也さんのプロフィール(解説と通訳)
日本で唯一のフリーランス・コスタリカ研究家。
共著書に「コスタリカを知る55章」(明石書店) 
「平和をつくる教育〜『軍隊をすてた国』コスタリカの子どもたち」
(岩波ブックレット)がある。
映画「軍隊をすてた国」アシスタントプロデューサー。
コスタリカ研究家として、ピースツアーガイド、翻訳、執筆、講演などを行う。
参考:http://www.adachirikiya.com/profile.html
http://www.aifactory.co.jp/

※スタッフ募集と賛同カンパのお願い
広報・当日スタッフとしてご協力願える方を募集しております
もしよろしければ、お気軽に上記問合せ先までメールをお願いします。

また、共催・協賛・広報協力などの形で関わっていただけるグループや団体を募っております。

非常に図々しいお願いで誠に申し訳ありませんが、少人数の個人有志で現在企画しておりまして、上記の催しに賛同していただける方や団体のカンパを募っております。上記催しの広報・運営費に使わせていただきます。

郵便振替口座 01080−8−5554 アムネスティ京都グループ
まで、通信欄に「コスタリカ講演会へ」とお書きいただいて、お願いいたします。
1口1000円で、何口でもとてもとてもありがたいです。
もしもよろしければ、どうかお支えをお願いいたします。

===========================================================
■第4回東京平和映画祭2007.7.7開催 主催:『東京ピースフィルム倶楽部』
 http://www.peacefilm.net/

===========================================================
――★― 「日独裁判官物語(ビデオ)」上映会と弁護士トーク ―★
 【ドイツにできたことが、なぜ日本にはできないのでしょうか。】
    日独裁判官の姿を通して「司法のあり方」を激しく問う60分

■■■■ トーク 岩佐英夫弁護士 ―――♪
         京都南法律事務所所属 不正を憎み平和を愛する庶民派弁護士
 ● 日時:6月23日(土) 午後6時45分上映(開場6:30)
 ● 会場:ひと・まち交流館京都 第4・5会議室
       河原町五条下る東側 市バス「河原町正面」下車すぐ
        京阪「五条」駅下車 徒歩8分      
地下鉄烏丸線「五条」駅下車 徒歩10分      
  TEL:075ー354ー8711
     案内:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
 ● 参加費:500円                       
     
 ◎ ♪ 主催:ピースムービーメント実行委員会  ♪
            連絡先 090−2359−9278(松本)―■■

===========================================================
■“GHADA 〜パレスチナの詩〜上映会(7/22@姫路)
“GHADA 〜パレスチナの詩〜 古居みずえ監督
 フォト・ジャーナリスト、古居みずえさんがパレスチナで12年間にわたり撮った第一回目の記録映画。
 ガーダというパレスチナ女性の、23〜35歳までの歩みを追っています。
 彼女の生き方を通じて戦火のパレスチナだけではない、人々の普通の暮らしも伝えています。
 上映後、古居さんのトークショーがあります。
・ 平成19年7月22日(日)13:30上映(13:00 開場)
・ あいめっせホール(イーグレひめじ)
・ 前売り券:900円  当日券:1000円
・ 主催:平和へ!最初の一歩の会
・ 前売り券取扱所:山陽友の会(姫路市山陽百貨店内)
            だいとう循環器クリニック
・ 問い合わせ先:だいとう循環器クリニック内 大頭あや  電話:079-222-6789
 FAX:079-222-6785

===========================================================
■日本の青空 各地の上映情報
http://www.cinema-indies.co.jp/aozora/preview2.html
===========================================================
■ドキュメント映画:「戦争をしない国 日本」各地の上映会の案内
http://www.labornetjp.org/news/2007/1173096074079staff01
===========================================================
■「基地はいらない どこにも」
http://www.ndn-news.co.jp/untitled.htm
===========================================================
■映画「ひめゆり」
http://www.himeyuri.info

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ほっとけない!政治ニュース
 編集部で拾い読みしたニュースを紹介します。
 読者からのニュース提供も歓迎いたします。

===========================================================
■仙台市長が自衛隊情報保全隊による市民監視を支持する発言
☆「事実上の軍隊、情報収集は当然」梅原仙台市長が信条語る (河北新報)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000016-khk-l04
http://megalodon.jp/?url=http://headlines.yahoo.co.jp/hl%3fa%3d20070612-0000
0016-khk-l04&date=20070612160251
 陸上自衛隊の情報保全隊がイラク派遣に反対する市民集会などの情報を集めていた問題に関し、梅原克彦仙台市長は11日の定例記者会見で「自衛隊は事実上の軍隊。
情報収集活動であり、まったく問題ない」と肯定する考えを示した。
 梅原市長は「作戦過程において、反対の立場の動向を調べるのは当然だ」と強調した。
 「法律にのっとった調査活動は受け入れられるべきだ」(塩崎恭久官房長官)などとした政府見解より、さらに一歩踏み込んで、情報保全隊の活動や対応を支持する信条を披露したとみられる。

===========================================================
■防衛省:台湾に現役自衛官派遣を検討 、中国反発も
 防衛省は13日、台湾との交流の窓口機関である「財団法人交流協会台北事務所」
への現役自衛官派遣を検討することを決めた。同事務所は民間組織だが、事実上大使館の機能を持っている。外務省などから約30人が休職出向しているが、防衛省からは自衛官OBが駐在しているだけだった。中国が「日台間の防衛連携の強化につながる」と反発する可能性がある。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/china/news/20070613dde001010061000c.h
tml

===========================================================
■9年連続で自殺者3万人台 警察庁発表

年代別では、60歳以上が1万1120人で全体の3分の1を超えた。また、19歳以下は小学生14人、中学生81人、高校生220人など、前年よりも15人増えて632人で、全体の1.9%となっており、この2つの年代層で増加傾向が見られた。20−50代はいずれも減少している。

 子ども・若者の自殺が多かった点について、清水氏は昨年10月にいじめ報道が過熱していたことに触れ、「あのときの影響があったのかもしれない」と、いじめ自殺報道との関連を指摘する一方で、自殺の一歩手前という水際だけを防げばいいという問題ではないといい、「家族関係や人間関係まで目を向ける必要があり、問題は根が深い。命の重みが損なわれているといった面も見逃せない」と話す。
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070607/11894

===========================================================
■歴史の闇に埋もれた陽高事件「東条英機の戦争責任」
http://dj19.blog86.fc2.com/blog-entry-79.html

歴史学者の秦郁彦は「もし東京裁判がなく、代わりに日本人の手による国民裁判か軍法会議が開かれた、と仮定した場合も、同じ理由で東條は決定的に不利な立場に置かれただろう。既定法の枠内だけでも、刑法、陸軍刑法、戦時刑事特別法、陸軍懲罰令など適用すべき法律に不足はなかった。容疑対象としては、チャハル出兵、陽高の集団虐殺、中野正剛以下の虐待事件、内閣総辞職前の策動などが並んだだろう」 と推測している。

陽高事件とは、1937年(昭和12年)9月8日に山西省北部の町・陽高を占領した関東軍の察哈爾派遣兵団(兵団長は東条英機中将)が、占領当日から翌9 日にかけて城内で「男狩り」を行い、非戦闘員を含む数百人を虐殺したとされる事件だ。

中国側の主張では500〜600人が殺害され、12人が脱出に成功したとされている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆へいこうせんアピールをぜひ広めてください
  ↓
http://heikosen.blog86.fc2.com/blog-entry-65.html
◆賛同メッセージもおよせください
 へいこうせんアピールにご賛同いただける方に、
HPやメルマガに公表メッセージを募集します。
heikosen07@yahoo.coに、「公表可」である旨、ご寄稿ください♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
================================
平和と公正の選択を求めるネットワーク(へいこうせん)
 
メールマガジン http://www.mag2.com/m/0000220835.html
ホームページ http://heikosenweb.oboroduki.com/
ブログ http://heikosen.blog86.fc2.com/
mixiコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=1690424
=================================

◎平和と公正の選択(へいこうせん)
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000220835/

at 08:44, もーちゃん, 2007年統一地方選・参院選

comments(0), trackbacks(2)

スポンサーサイト

at 08:44, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://shalomochan.jugem.jp/trackback/865
【2ch】ニュース速報嫌儲版, 2012/10/07 6:05 PM

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/10/07(日) 13:34:32.90 ID:x+g5F3h30 ?PLT(13001) ポイント特典安倍晋三・自民党新総裁の病気に関する著名人のコメントが、相次いで物議を醸してい...

【2chまとめ】ニュース速報+, 2013/04/25 1:29 AM

1 :西独逸φ ★:2013/04/23(火) 12:28:00.66 ID:???0 防衛省情報本部に勤務していた60歳代の女性事務官が、持ち出し禁止の文書を持ち帰ろうとしていたなどとして、同省から注意処分を受けていたことが分かっ...