smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Profile
BBN聖書放送
9条守ろう!ブロガーズ・リンク
天木直人のブログ-日本の動きを伝えたい-
[公式] 天木直人のブログ
STOP!再処理 ネットワーキング
Recommend
新改訳聖書―注解・索引・チェーン式引照付
新改訳聖書―注解・索引・チェーン式引照付 (JUGEMレビュー »)

スタンダード版でも好評の引照(Cross Reference)に加え、主要項目の参照個所が“いもづる式”に分かるチェーン式引照、簡潔明瞭な注解、体系的な学びに役立つ索引を備えた、日本語で唯一とも言えるスタディ・バイブル。
Recommend
バイリンガル聖書
バイリンガル聖書 (JUGEMレビュー »)

新改訳とNIVの初めての和英対照聖書。巻末に最新の聖書地図を掲載(こちらも和英対照)。日本語では分かりにくかった聖句も、英語ではストレートに心に響いてくることもあるから、不思議……。
Recommend
すぐに役立つみことば集 バイリンガル版
すぐに役立つみことば集 バイリンガル版 (JUGEMレビュー »)

1982年の初版発行以来、生活の様々なシーンで助けと慰めを与え続けてきた本書。今回、NIVとのバイリンガル化で、その時に必要な御言葉をさらに深く味わえるようになりました。最善最良の信仰書の一つに加えてみてはいかが?
Recommend
Streams in the Desert: 366 Daily Devotional Readings, Walnut, Italian Duo-tone
Streams in the Desert: 366 Daily Devotional Readings, Walnut, Italian Duo-tone (JUGEMレビュー »)
Charles E., Mrs. Cowman
FEBC(韓国・済州島のキリスト教放送局。毎日21:30〜22:45、1566kHz)の放送終了前に、この邦訳『荒野の泉』の一節が朗読されている。
本書は改訂版で、聖句の引用は英訳聖書の中で最も普及しているNIVを使用しており、読みやすくなっている。
一日の終わりに、心に沁みるデボーションのひとときを持ってみてはいかが。
Recommend
ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術
ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術 (JUGEMレビュー »)
板倉 徹
ケータイ、テレビ、パソコン…。視覚に頼りすぎた生活では「脳」は萎縮する。ラジオを聴いているときや読書の「場面想像」で脳全体が活性化する―など、脳機能低下を防ぎ、頭を良くするカンタンな方法を提案。無理なく継続でき、能力向上、記憶力アップ、脳の若返り、うつ病・アルツハイマー防止などにも効果抜群なシンプル生活のすすめ。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

国や電力会社は「原発は地球にやさしい」「エコに貢献」などと盛んにPRしているが、やさしくないどころか、逆に温暖化を促すことを分かりやすく解説する。
Recommend
放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと?
放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと? (JUGEMレビュー »)
水口 憲哉
25年以上昔から再処理工場からの放射能廃液の海洋放出に関して情報発信を行ってきた著者による、気仙沼における講演記録を収録したブックレット。さまざまな事例をもとに、放射能廃液による海洋汚染の実態を述べる。
Recommend
Recommend
Recommend
トリックスターから、空へ
トリックスターから、空へ (JUGEMレビュー »)
太田 光
オピニオンリーダーとして俄然注目を集める太田光が、戦争、憲法、教育、そして日本という国そのものに真っ向から挑む! 話題作『憲法九条を世界遺産に』の論点を広げ、さらに掘り下げた意欲作。「本書を出すことが今の自分の使命だ」とまで言い切る太田光、渾身の一冊!
Recommend
憲法九条を世界遺産に
憲法九条を世界遺産に (JUGEMレビュー »)
太田 光, 中沢 新一
実に、日本国憲法とは、一瞬の奇蹟であった。それは無邪気なまでに理想社会の具現を目指したアメリカ人と、敗戦からようやく立ち上がり二度と戦争を起こすまいと固く決意した日本人との、奇蹟の合作というべきものだったのだ。しかし今、日本国憲法、特に九条は次第にその輝きを奪われつつあるように見える。この奇蹟をいかにして遺すべきか、いかにして次世代に伝えていくべきか。お笑い芸人の意地にかけて、芸の中でそれを表現しようとする太田と、その方法論を歴史から引き出そうとする中沢の、稀に見る熱い対論。宮沢賢治を手がかりに交わされた二人の議論の行き着く先は…。
Recommend
茶色の朝
茶色の朝 (JUGEMレビュー »)
フランク パヴロフ,ヴィンセント ギャロ,藤本 一勇,高橋 哲哉
突然「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことで起こる変化を描いた反ファシズムの寓話。
Recommend
戦争のつくりかた
戦争のつくりかた (JUGEMレビュー »)
りぼん・ぷろじぇくと
戦争はいきなり始まるものではなくて、一歩、また一歩とゆっくりと「戦争ができる」「戦争をしてもいい」「戦争しなきゃ」というように進むものだと思います。 本書はまさにこのプロセスを絵本仕立てでわかりやすく示した「戦争レシピ本」です。小学生でも80歳の方でも等しく読める内容です。多くの一般市民にとってこの本は「戦争を考えるヒント」になるのではないかと思います。
Recommend
Recommend
憲法は、政府に対する命令である。
憲法は、政府に対する命令である。 (JUGEMレビュー »)
ダグラス・ラミス
日本国民のどれくらいが「憲法とは何か」という問いに正しく答えられるのだろうか。著者は基本的に護憲の立場を取るが、その主張は第9条の正当性をヒステリックに叫ぶだけのものではない。本書は国際的かつ歴史的視点から憲法を解説し、日本国憲法が為政者と国民に何をもたらし、また何を抑制してきたかを整理するもの。
まずは「国の最高法規」である憲法が政府の施策のみならず、国民個人の政治的アイデンティティーを規定し、その国の文化にまで深い影響を与えていることを種々の学説や西欧の実例で示す。結果、日本国憲法の条文は主権在民の原則に立つ我が国の政府に対する「命令」であり、命令を下された側が足かせと感じるのは当然のことだと言う。「この憲法は米国から押しつけられたもので国民の総意ではない」という改憲派の常套句については、戦勝国の米国自身ですら制御できない権限を日本国民に与えたことを、米国が最も悔やんでいると反論する。
こうした立ち位置から第9条と安全保障条約、言論の自由、人権条項、政教分離の原則などをテーマに、現憲法の価値について考察を加えていく。
Recommend
憲法と戦争
憲法と戦争 (JUGEMレビュー »)
C.ダグラス ラミス, C.Douglas Lummis
憲法第9条に人びとを戦争からまもる力があるか? 国の交戦権とはどんな権利か? 自衛隊の海外派遣の本当の目的とは? 日米新ガイドラインのめざしているものは何か? これからの日本国憲法のために、改憲派であれ護憲派であれ、これだけは考えておきたいことを根源から問いなおす。
Recommend
みどりのゆび
みどりのゆび (JUGEMレビュー »)
モーリス ドリュオン, Maurice Druon, 安東 次男
裕福に暮らすチト少年は、お父さんが兵器を作る人だったことを知り、驚きました。じぶんが不思議な<みどりのゆび>をもっていることに気づいた少年は、町じゅうに花を咲かせます。チトって、だれだったのでしょう? (小学4・5年以上)
Recommend
愛国者は信用できるか
愛国者は信用できるか (JUGEMレビュー »)
鈴木 邦男
三島由紀夫は言った。「愛国心は嫌いだ」 なぜか!? 新右翼の大物が初心に返って「愛国心とは何か」を考え、その素晴らしさと危うさの両面を説く。天皇制や天皇論についても一家言を述べる。
Recommend
沖雅也と「大追跡」―70年代が生んだアクションの寵児
沖雅也と「大追跡」―70年代が生んだアクションの寵児 (JUGEMレビュー »)

初めてコメディータッチを取り入れた刑事ドラマ「大追跡」(1978年4〜9月)。後の「俺たちは天使だ」「プロハンター」「あぶない刑事」などに大きな影響を与えた。
「大追跡」を軸に、主役メンバーであった沖雅也氏の芝居やアクションを中心に論じた評伝。これまで知られていないエピソードなど満載。
Sponsored Links
SEO / RSS
New Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search This Site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

【転載】■3・ 14 法大弾圧救援会ニュース 07.5.11 ■

■4.27法大でっち上げ弾圧-勾留延長弾劾!
■闘う法大生2人を今すぐ取り戻そう!

◆5・16勾留理由開示公判へ結集を!
5月16日(水)15時 東京地裁428号法廷

みなさん! 4月27日の処分撤回要求集会つぶしを狙った不当逮捕から勾留は2週間を越えています。2人の仲間には連日、転向強要の脅迫的取り調べが行われています。絶対に許すことはできません。5月8日の勾留理由開示公判に集まり、仲間を激励しよう! 直ちに2人を取り戻そう!
---------------------------------------------------
◆不当逮捕された法大生2人の救援カンパを!
▽郵便振替 00160-0-585187 「法大弾圧救援会」
---------------------------------------------------
◆29人の学生を釈放しろ!3.14法大弾圧救援会
呼びかけ:葉山岳夫(第二東京弁護士会)/大口昭彦(第二東京弁護士会)/一瀬敬一郎(第二東京弁護士会)/小田原紀雄(日本基督教団羽生伝道所牧師)/伊藤えりか(法政大学第一法学部自治会元委員長、学生会館学生連盟元理事長)

2007年5月11日
(了)

at 09:27, もーちゃん, 法政大学の闇

comments(0), trackbacks(0)

【転載】3.14 法大弾圧救援会ニュース 07.4.30

3.14法大弾圧救援会です。

■法大生2人のでっち上げ弾圧弾劾! 即時奪還へ支援を!
■退停学処分を撤回せよ!4.27法大集会が500人でかちとられる!

*07年度第一波の処分撤回要求集会に500人の結集! 正門以外の門をすべて封鎖する「入構規制」や、集会呼びかけビラの連絡先である法大生への恫喝「警告」。そして公安警察、暴力ガードマン、学生部の一体となった集会圧殺体制を打ち破り、処分粉砕.平林打倒の総長室デモが、多くの新入生とともにうち抜かれました。

3.14以来の闘いでグラグラに追い詰められた平林は、友部君へ退学、久木野君へ無期停学と、独裁を維持しぬくために追加処分を強行しました。しかし、彼らの猛然たる怒りの決起は、平林独裁と学生部の横暴にもはや我慢ならないという法大生の思いと結びつき、07年の闘いの爆発の号砲となっています。
改憲投票法案の制定策動と法大での言論弾圧、学生自治圧殺、サークル活動つぶしは一体です。だからこそ、改憲の先取り攻撃との法大での闘いが決定的です。闘う法大生は、3万法大生の団結した力で、法大を学生に取りもどそうとさらなる闘いを宣言しています。すべてのみなさんに支援.連帯を訴えます!

当日の様子は以下のホームページを見られます。
3.14法大弾圧を許さない法大生の会
http://hosei29.noblog.net/
全日本学生自治会総連合
http://www.zengakuren.jp/zenkoku/zenkoku_index.htm

*4.27当日の午前、集会の成功を勝ち取るため最先頭で闘っていた2人の法大生が不当にも逮捕されました。「暴行」なる容疑をでっち上げ、学生を警察に売り渡した法大当局を絶対に許せません。逮捕時の画像が上記HPで見られます。
現在それぞれ麹町、神田の両警察署に拘置されています。10日間の勾留延長が決定され、自白強要、転向強要の取調べが連日行われています。即時奪還へ、救援カンパにご協力をお願いします。ただちに2人の法大生を奪還しよう!
---------------------------------------------------
■不当逮捕された法大生2人の救援カンパを!
▽郵便振替 00160-0-585187 「法大弾圧救援会」
---------------------------------------------------
■警視庁と法政大学当局に抗議の電話.FAX.メールを!
▽警視庁公安一課 03-3581-4321
▽神田警察署 03-3295-0110
▽麹町警察署 03-3234-0110(代表)

▽法政大学総長室 広報.広聴担当
電話】03-3264-9420
▽法政大学学生部
【電話】03-3264-9471
【FAX】03-3264-9598
【メール】gakusei@hosei.ac.jp
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.--.-.-.-.-
.-.-.-.-.-.-
◆29人の学生を釈放しろ!3.14法大弾圧救援会
呼びかけ:葉山岳夫(第二東京弁護士会)/大口昭彦(第二東京弁護士会)/一瀬敬一郎(第二東京弁護士会)/小田原紀雄(日本基督教団羽生伝道所牧師)/伊藤えりか(法政大学第一法学部自治会元委員長、学生会館学生連盟元理事長)
mail:houdaikyuuenkai@yahoo.co.jp

2007年4月30日
(了)

at 20:44, もーちゃん, 法政大学の闇

comments(1), trackbacks(0)

【転載】■3・14法大弾圧救援会ニュース 07.3.21 ■速報! 法学部・久木野君への無期停学処分弾劾!

無期停学処分は全世界の学生の怒りに恐怖した平林総長の暴挙だ! 全法大生.教職員の団結で法大を取り戻そう!

●反撃宣言する久木野君とともに闘おう

 3月20日、平林総長.法学部教授会は、1年間停学処分中の久木野君に対して、「無期停学」の重処分を決定しました。平林総長.法学部教授会の処分理由は「停学処分.入構禁止措置中に、繰り返し学内に立ち入った」ということです。

 これは、06年法大闘争の爆発に恐怖した平林総長の暴挙に他なりません。処分の不法・不当を新入生に訴えることを封じるための処分です。さらには、3.14弾圧以来一切の法大における言論弾圧、改憲を先取りする学生支配、平林独裁を暴露することを許さないということです。こんな処分を絶対に認めるわけにはいきません。

 法大当局・平林よ! 久木野君がこんな事で屈服する思ったら大間違いです。 久木野君は、自分の人生を、生き様をかけて、法大を学生の手に取り戻すことを宣言しています。全国の闘う仲間のみなさん! 卑劣な処分を下した法大当局に抗議の声を集中してください。そして共に闘おう!

3.14法大弾圧を許さない法大生の会ブログhttp://hosei29.noblog.net/
に久木野君のアピールが出ています。

at 23:45, もーちゃん, 法政大学の闇

comments(0), trackbacks(0)

【転載】■ 3 . 14 法大弾圧救援会ニュース 07.3.16 ■

◆3・14弾圧一周年でも打ち抜かれる
立て看板規制に反対して29人の学生が逮捕された大弾圧から一年。新たに退学処分を通知された友部君を先頭に、法大門前→総長室デモが行われました。80人の私服刑事による監視も何のその、一年間の闘いの高揚感、勝利感で戦闘的に闘われました。
 詳しくは「法大生の会」blogにて→http://hosei29.noblog.net/
「3・14弾圧はまさに法大学生運動に火をつけた。去年1年間をエピソードにしてしまうような闘いを今年やろう。革命に向かって突き進もう!」(集会でのアピールより)

◆次の呼びかけが、「3・18集会実行委員会」から寄せられています。<どんどん転送を>

*3月18日、イラク開戦から4年目のこの日、「労働運動の力で革命をやろう」と訴えて東京を揺るがすデモをやろう。アメリカ、韓国を先頭に、全世界で同時に「イラク戦争止めよう。ブッシュを倒そう」と労働者数千万人のデモが準備されています。日本の闘いが注目されています。日本ではいよいよ17日から国鉄千葉動力車労働組合が春闘ストライキに起ちあがります。卒業式では、都立高校を先頭に、昨年を上回る「日の丸・君が代」強制に反対する不起立が闘われています。こうした労働者の闘いが安倍や石原を追いつめています。歴史は変わりました。労働者が主人公になってイラク侵略戦争を止め、戦争と貧困
のこの社会をつくりかえるときが来ました。いまやらずしていつやるのか。3月18日、午後1時、日比谷野音(地下鉄丸ノ内線.霞ヶ関駅下車すぐ)に集まって下さい。

*集会では、動労千葉、教育労働者の闘いの報告、海外からのメッセージの他、青年から労働組合結成の報告、職場で民営化攻撃と闘う自治体・郵政の青年労働者からのアピール、改憲投票法案阻止.安倍打倒のアピール、成田空港の軍事空港化を40年にもわたって阻止し続けている成田・三里塚農民からの報告があります。「どうやって闘えば戦争は止められるのか」「こんな世の中を変えたい」という思いをもっているみなさんにこそぜひ集まってほしい。みんなでやるデモも絶対におもしろい! 準備も着々と進んでいます。歴史が変わる集会とデモをひとりで体験するのはもったいない! 仲間を誘ってぜひ集まろう!
*HPは→http://noabe318.web.fc2.com/

at 22:59, もーちゃん, 法政大学の闇

comments(0), trackbacks(0)

【転載】■3・14法大弾圧救援会ニュース 07.03.09 ■ 友部君への退学処分弾劾!

こんにちは、3・14法大弾圧救援会です。
以下、法大生の会メールニュースの転送です。
-------------------------------------
情勢は激動です!ガンガン発信していきます。※長文で失礼します。

●法学部・友部くんへの退学処分決定弾劾!

 みなさん! 2月19日、平林総長・法学部教授会が友部くんへの退学処分を強行した。絶対に許せない! 私たちは、平林総長や、退学処分決定を行った法学部教授会、加担した法大職員を絶対に許さない。退学処分撤回に向けてトコトン闘うことを宣言する。

 平林総長・法学部教授会は、友部くんの退学処分の理由として、「貴君は、2006年11月26日、本学職員に暴行を加え」たなどと言っている。ふざけるのもいい加減にしろ!

 3・14法大弾圧以来、私たちに対して暴行を加え続けてきたのは、警察権力、法大教職員、ガードマンではないか!

 さらに、「退学処分通知」においては、事情聴取の場で、「貴君からは反省の言葉は得られませんでした」などと言っている。冗談ではない! 友部君は2月19日におこなわれた事情聴取の場において、3・14法大弾圧以来の警察権力と法大当局による冤罪逮捕や言論弾圧、ガードマンを使った暴行の数々など法大当局の一連のやり方を徹底的に弾劾した。反省すべきは友部くんではない。平林総長こそ、3・14法大弾圧以来の数々の暴行、言論弾圧について私たちに対して謝罪すべきではないか! 反省すべきは平林総長の方だ!

 平林総長は、不屈に闘う友部くんの存在に恐怖している。だからこそ、平林総長は、停学6ヶ月の不当処分が解けた友部くんにまたしても処分をちらつかせ、屈服させようとした。全く卑劣なやり方だ。しかし、友部くんは決然と平林総長に対する闘いに立ち上がった。このことに平林総長は打ちのめされたのだ。その結果が、事情聴取−即日退学処分決定という事の中に現れているではないか。

 私たちは、ますます怒りを爆発させて闘うのみだ。こんな攻撃に屈していて、人間らしく生きていけるわけがないからだ。平林総長は完全に墓穴を掘った。われわれは勝利している! 平林打倒の全学ストライキまで、徹底的に闘うのみだ。

 みなさん! 友部くんの決起に続き、全法大生、そして全国学生の団結をうちかためて闘おう!

★友部くんの戦闘宣言など、随時メールやブログ(http://hosei29.noblog.net/)でアップしていきます。とりあえず速報です。

at 12:05, もーちゃん, 法政大学の闇

comments(0), trackbacks(0)

【転載】■3・14法大弾圧救援会ニュース 06.12.29 ■昨日( 12/28 )不当逮捕の有朋寮生を奪還!

 こんにちは、3・14法大弾圧救援会です。
 昨日(12/28)夕方、12/16東北大学有朋寮に対する明け渡し強制執行に際し、宮城県警に不当逮捕された有朋寮生A君が奪還されました!
 以下、有朋寮ホームページhttp://uforyou.exblog.jp/からの転載です。

●不当逮捕のA君を奪還!!

 12月28日、「公務執行妨害」でデッチあげ不当逮捕されていたA君の釈放を勝ちとりました。

 26日には、勾留理由開示公判で一切証拠も示せないことが明らかになり、あわてて翌27日には東北大学学生自治会へ不当な家宅捜索をやる。それでも証拠は出てこない。勾留の理由などどこにもないことは明々白々でした。

 取り調べ検事は、「残念だけど、君は釈放だね」と悔し紛れに捨て台詞をはき、夕方までは釈放指示書を出さないという嫌がらせもやってきましたが、最後は無事奪還を勝ちとることができました。

 抗議アピールに賛同していただいた皆さん。本当にありがとうございました。有朋寮は、これからも不当逮捕と強制執行を強行した東北大学当局・井上執行部の責任を徹底的に追及していきます。来年からも、有朋寮はますます先頭で闘っていきますので、ご支援よろしくお願いします。

[転載ここまで]

▽激励のメッセージは→有朋寮メールアドレスufo_ryou@hotmail.com

※前回の救援会メールに掲載した有朋寮メールアドレスに間違いがありました。たいへん申し訳ありません。

●遅くなりましたが、11・29法大デッチあげ弾圧−学生3人からの勝利メッセージです。

▽A君
 デッチあげ弾圧を粉砕して、釈放をかちとりました!
 今回の逮捕が、正当性のまったくない政治弾圧であることがはっきりしました。
 大学は学生のものだ! ガードマンや公安警察や、独裁者・平林のものではない!
 5人に法大生に対する退学・停学処分を撤回させて、法政大に自由を取り戻そう!

▽B君
 不当逮捕・勾留への抗議、救援の声、本当にありがとうございました。今回の弾圧は、3・14法大弾圧以来、平林総長が手を染めてきた暴挙の最たるものでした。5人の法大生への退学・停学処分、総長選挙廃止への怒りに追いつめられた中、これを力づくで押さえつけようという魂胆が見え見えでした。しかし、結局は不当逮捕した学生をどうすることもできず、自分の不正義を示すことしかできなかったのです。
 平林よ! お前の時代はすでに終わった。ルンゲといっしょにさっさと退陣しろ!
 法大生のみなさん、ボロボロの平林を追撃し、法大を学生の手に取り戻そう。これからもよろしく!

▽C君
 不当弾圧を粉砕して奪還されました。法政大の全学生の怒りの声、国会から法政にかけつけてくれた多くのみなさんのおかげです。
 「傷害」「建造物侵入」デッチあげ粉砕は、法政大を学生のもとに取り戻す大きな闘いです。ルンゲ追放・平林打倒へ、さらに突き進もう。

●法大生5人に対する退学・停学処分撤回へ、裁判闘争支援のカンパをよろしくお願いします。

▽救援カンパの送り先 「29人の学生を釈放しろ!3・14法大弾圧救援会」
住所 東京都港区新橋2-8-16石田ビル4階(救援連絡センター気付)
▽銀行振込 三菱東京UFJ銀行 錦糸町駅前支店 普通3520695 法大弾圧救援会
▽郵便振替 口座番号 00160−0−585187 法大弾圧救援会

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

■29人の学生を釈放しろ!3・14法大弾圧救援会
▽呼びかけ人:葉山岳夫(第二東京弁護士会)/大口昭彦(第二東京弁護士会)/一瀬敬一郎(第二東京弁護士会)/小田原紀雄(日本基督教団羽生伝道所牧師)/伊藤えりか(法政大学第一法学部自治会元委員長、学生会館学生連盟元理事長)/吉川経夫(法政大学名誉教授、刑法学者、故人)
▽住所:東京都港区新橋2―8―16石田ビル4階(救援連絡センター気付)
▽電話:090―4812―7003
▽FAX:03―3591―3583
▽Eメール:houdaikyuuenkai@yahoo.co.jp
▽ホームページ:http://www.geocities.co.jp/houdaikyuuenkai/

2006年12月29日

at 15:51, もーちゃん, 法政大学の闇

comments(0), trackbacks(0)

【転載】■3・14法大弾圧救援会ニュース 06.12.20 ■速報:勾留されていた学生3人が釈放されました!

 こんばんは。3・14法大弾圧救援会です。

●デッチあげ弾圧を完全にうち破る大勝利!

 速報です! 本日(12/20)午後4時、11・29法大弾圧で不当逮捕・勾留されていた学生3人が全員無事に、釈放されました! 大・大・大勝利です!

 「傷害」「建造物侵入」というとんでもないデッチあげ弾圧と23日間、必死にたたかってかちとった勝利です。3人の学生と、全国のたたかいが団結して、かちとった勝利です。デッチあげを仕組んできた法政大学当局や警視庁は、完全に真っ青。今日は門にいたガードマンが「君たちの大勝利だよ」と、思わず弱音を吐露していました。法政大学では、今年1年間で、実にのべ40人もの学生がデッチあげで不当逮捕されましたが、その全ての弾圧において「起訴」を許さず、40人全員の釈放をかちとってきました。本気で団結して闘えば、どんな弾圧もうち破れる! このことを本当に実感できる劇的大勝利です。

 また後ほど、3人のメッセージなどをお伝えしたいと思います。全国からの多くの抗議・激励のメッセージ、また救援カンパに心からお礼申し上げます。

●12/16東北大学有朋寮に対する明け渡し強制執行、寮生1名不当逮捕に、抗議の声を集中してください!

▽抗議先
東北大学 022-717-7800
仙台南警察署 022-246-7171
宮城県警 022-266-9110(ホームページから苦情投稿できますhttp://www.police.pref.miyagi.jp/hp/osetu/sodan-form/soudan-form.htm)
仙台地裁 022-222-6111(執行官につないでもらってください)

▽全国から激励のメッセージを寄せてください!
有朋寮メールufo_ryou@hotmai.com
有朋寮ホームページhttp://uforyou.exblog.jp/

●繰り返しで申し訳ありませんが、救援カンパをよろしくお願いします。

▽救援カンパの送り先 「29人の学生を釈放しろ!3・14法大弾圧救援会」
住所 東京都港区新橋2-8-16石田ビル4階(救援連絡センター気付)
▽銀行振込 三菱東京UFJ銀行 錦糸町駅前支店 普通3520695 法大弾圧救援会
▽郵便振替 口座番号 00160−0−585187 法大弾圧救援会

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

■29人の学生を釈放しろ!3・14法大弾圧救援会

▽呼びかけ人:葉山岳夫(第二東京弁護士会)/大口昭彦(第二東京弁護士会)/一瀬敬一郎(第二東京弁護士会)/小田原紀雄(日本基督教団羽生伝道所牧師)/伊藤えりか(法政大学第一法学部自治会元委員長、学生会館学生連盟元理事長)/吉川経夫(法政大学名誉教授、刑法学者、故人)
▽住所:東京都港区新橋2―8―16石田ビル4階(救援連絡センター気付)
▽電話:090―4812―7003
▽FAX:03―3591―3583
▽Eメール:houdaikyuuenkai@yahoo.co.jp
▽ホームページ:http://www.geocities.co.jp/houdaikyuuenkai/

2006年12月20日

at 19:20, もーちゃん, 法政大学の闇

comments(0), trackbacks(0)

【転載】■3・14法大弾圧救援会ニュース 06.12.19 ■無実の3人返せ!法政大学当局・平林総長に抗議の集中を!

 こんばんは。3・14法大弾圧救援会です。

 いよいよ明日(12/20)が11・29法大弾圧で不当逮捕された学生3人の勾留満期の日です。3人は未だ警察署に勾留され、警察・検察の不当な取り調べ=転向強要と対決して闘っています。

 法政大キャンパスと東京地裁前では、連日の抗議行動・ビラまき行動が続けられ、また3人が捕われている麹町・神田・久松の各警察署には、救援の街宣車を乗りつけて抗議&激励の宣伝行動を行ってきました。

 そうした中、今日、この間3人のデッチあげ起訴を狙っていた東京地検の担当検事は、全国からの猛烈な抗議の声の集中に対して「(11・29不当逮捕)たいした事件ではないが、法政大学当局が絶対起訴しろと求めている」(←要約)と、言っていることが明らかになりました。

 検察のデッチあげ起訴策動は打ち砕かれつつあります。デッチあげ起訴にあがいている最後の元凶は、法政大学当局・平林総長です。

 今晩から明日午前にかけて、法政大学当局および東京地検・児嶋検事に全国から「デッチあげ起訴をやめろ! 3人の学生を今すぐ釈放しろ!」の抗議を集中してください!

 明日は、総長室前でも抗議行動を展開します。抗議の集中をよろしくお願いします。

●法政大学当局・平林総長と東京地検に抗議を集中しよう!

【抗議先】

▽法政大学総長室 広報・広聴担当
【電話】03−3264−9420
▽法政大学学生部
【電話】03−3264−9471
【FAX】03−3264−9598
【メール】gakusei@hosei.ac.jp
▽東京地方検察庁 03−3592−5611(代)(勾留請求を出した児嶋隆司検事宛に抗議を)
▽警視庁公安一課
【電話】03−3581−4321
▽東京地方裁判所 03−3581−5411(代)(刑事14部.栗原正史裁判官宛に抗議を)
▽東京警備保障株式会社
【電話】03−3433−2761(代)
【FAX】03−3433−7995

●3人を取り戻すぞ!明日も、法政大正門前と東京地裁前でビラまき続けます!

▽日時と場所:
12月20日(水)
法政大正門前=8:30〜10:00 正門前集合
東京地裁前=11:30〜13:00 地裁正門前集合

●緊急の救援カンパをよろしくお願いします。

▽救援カンパの送り先 「29人の学生を釈放しろ!3・14法大弾圧救援会」
住所 東京都港区新橋2-8-16石田ビル4階(救援連絡センター気付)
▽銀行振込 三菱東京UFJ銀行 錦糸町駅前支店 普通3520695 法大弾圧救援会
▽郵便振替 口座番号 00160−0−585187 法大弾圧救援会

●以下、今日のお昼に裁判所前で配布したビラの内容です。

無実の学生3人をただちに釈放しろ!

▽「傷害」デッチあげはビデオ映像でも明らか!

 A君に対する「傷害」は、完全なデッチあげです。

 そのことは、「被害者」とされる大久保廣宣が撮影したビデオを見れば一目瞭然です。A君は、前に立ちふさがり挑発する大久保を避けようと、大久保の右側を大きく回り込んで進んで行きました。A君は大久保に接触すらしていません。後に続いてきたB君もその直後に、大久保をすり抜けて行きました。その後、「ガチャン」と音がしたので、A君がふり返ると大久保が転んでいたのです。この時の、A君と大久保の距離は10メートル以上も離れていたのです。

 大久保が自分で転んだ事実は、B君も目撃しています。さらに大久保が撮影したビデオを見た裁判官も検察官も、「傷害」事件がビデオに撮影されていないことを知っています。

しかし、東京地検の児嶋隆司検事は、大久保のウソの供述のみに依拠して、あくまでデッチあげを強行しようとしているのです。絶対に許すことはできません。

▽学生が不当な退学・停学処分に抗議するのは当然だ

 児嶋検事は、3人の学生が「退学・停学処分への抗議行動を行う目的で」法政大学に入ったことが「建造物侵入」にあたるなどと主張しています。

 ふざけるな! 法政大学の学生5人に対する退学・停学処分こそ不当だ。大学当局の一方的で強権的な処分に対して抗議するのは、学生として当然であり、そのことでどうして逮捕されたり、20日間も拘禁されなければならないのか。ビラをまいたり、昼休みに集会をしたり、学生に訴えることが「犯罪」なのか。そのことが「建造物侵入」にあたらないのは明白です。

 大学は、広く開放されており出入りは自由です。大学の自治や学問の自由は、自由な意見表明や表現活動が保障されて、はじめて実現できるのです。警察を学内にやすやすと入れる方がおかしいのです。他大学の学生がキャンパスに入構し、法政大学の学生と交流することは、大学であれば当たり前です。法政大学当局が行った不当な退学・停学処分に抗議することが「不法侵入」であるわけがありません。

▽学生を売り渡す平林総長に法政大の教員も怒りの抗議

 そもそも「許可なき学外者の立入禁止」などは、特定の学生や市民を弾圧することが目的であり、平林総長が勝手に決めたものにすぎません。東京警備保障のガードマンが導入されたのも、こうした不当な「立入禁止」措置への教員の支持・協力が得られず、動員を拒否されたからです。

 しかも平林総長は、今や完全に「裸の王様」です。平林総長の独裁的な大学運営には、今や7割の教職員が公然と反対の意志を表明するに至っています。

 今回の学生3人の不当逮捕に対しても、法政大の教員自らが、学生とともに、平林総長に対する抗議の行動に立ちあがっています。学生3人のデッチあげ逮捕と不当長期勾留は、平林総長に対する学生・教員の怒りを最後的に解き放つものとなったのです。

 12月15日に法政大キャンパスで行われた学生3人不当逮捕に抗議する緊急集会には、300人が結集、ついに法政大の専任教員も立ちあがり、学生に「連帯のアピール」を寄せてきました。

 その中で、専任教員は、次のように平林総長を徹底批判しています。

 「この学校は、現在たいへん異常な事態に陥っています」
 「今や学校法人・法政大学は、これまで我々が築きあげてきたデモクラシーとは全く逆の権力の独占、独断専行がまかり通っています」
 「崇高なビジョンも経営理念もなく、ただ権力あるいは利権を独占したいというだけの不見識な一部の人たちにこの学校が独占されることがないよう、私たち教員はしっかり闘い続けていきます」

 また、別の法学部の教授も、「現在法政大学では『改革』と称して、総長選挙廃止や、安易な学生退学処分など、戦後法政大学が作り上げてきた輝かしい伝統を反故にして、法人としての経営の効率性のみを、学問の府としての研究・教育に先行させて強行する動きが、急ピッチで進んでいます」と、平林総長を激しく弾劾しています。

 警視庁と結託して、大学自治を破壊し、学問の自由や言論・表現の自由を国家権力に売り渡す平林総長への怒りは、もう押し止めることはできません。

▽学生運動つぶしが目的の政治弾圧をやめろ!

 児嶋検事は、3人の学生に対して12月1日から10日まで10日間の勾留の上で、11日から5日間勾留延長を請求し、さらに16日から5日間再び勾留延長を請求しました。そしてこの間毎日長時間の取り調べを強要しています。

 デッチあげ逮捕である上に、20日間も長期に勾留しなければならない理由など一切ありません。ただただ3人の学生へ不当な転向強要が目的であり、許しがたい人権じゅうりんです。

 大学当局と警察・検察が一体となって3人の学生を不当逮捕し、違法・不当な長期勾留を強制しているのは、退学・停学処分への怒りと批判が大学で広がっていることに恐怖し、その声とたたかいをつぶしてしまうことが目的だったのです。そのためにガードマンを「転び屋」に仕立て、「傷害」事件をデッチあげ、それを口実に警察を学内に導入して、3人学生を違法・不当に逮捕しさったのです。

 法政大学では、本年1年間でなんとのべ40名もの学生が不当逮捕されています。しかし、不当なデッチあげ逮捕が起きる度に、学生・教職員の怒りは拡大し、警視庁と平林総長の思惑は、ことごとく破産してきました。

 今回の学生3人の不当逮捕もまた、独裁者・平林総長と警視庁が一体となった学生運動つぶしが目的です。児嶋検事は、警視庁、平林総長と結託した政治弾圧・学生運動弾圧をやめろ! 違法・不当な長期勾留をやめ、直ちに3人の学生を釈放せよ!

●12/16東北大学有朋寮に対する明け渡し強制執行、寮生1名不当逮捕に、抗議の声を集中してください!

▽抗議先
東北大学 022-717-7800
仙台南警察署 022-246-7171
宮城県警 022-266-9110(ホームページから苦情投稿できますhttp://www.police.pref.miyagi.jp/hp/osetu/sodan-form/soudan-form.htm)
仙台地裁 022-222-6111(執行官につないでもらってください)

▽全国から激励のメッセージを寄せてください!
有朋寮メールufo_ryou@hotmai.com
有朋寮ホームページhttp://uforyou.exblog.jp/

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

■29人の学生を釈放しろ!3・14法大弾圧救援会

▽呼びかけ人:葉山岳夫(第二東京弁護士会)/大口昭彦(第二東京弁護士会)/一瀬敬一郎(第二東京弁護士会)/小田原紀雄(日本基督教団羽生伝道所牧師)/伊藤えりか(法政大学第一法学部自治会元委員長、学生会館学生連盟元理事長)/吉川経夫(法政大学名誉教授、刑法学者、故人)
▽住所:東京都港区新橋2―8―16石田ビル4階(救援連絡センター気付)
▽電話:090―4812―7003
▽FAX:03―3591―3583
▽Eメール:houdaikyuuenkai@yahoo.co.jp
▽ホームページ:http://www.geocities.co.jp/houdaikyuuenkai/

2006年12月19日

at 08:31, もーちゃん, 法政大学の闇

comments(0), trackbacks(0)

【転載】■3・14法大弾圧救援会ニュース 06.12.17 ■ 12/15 勾留再延長弾劾! 12/16 有朋寮強制執行弾劾!

 おはようございます。3・14法大弾圧救援会です。12月15日、16日と、法政大と東北大でたいへんな暴挙が行われています! ただちに全国から大反撃していこう! よろしくお願いします。

●12/15 学生3人の勾留再延長弾劾!

 12月15日、法政大で不当逮捕された学生3人の勾留が再延長されました。期限は12月20日(水)。絶対許せません! 徹底弾劾しましょう!

 12月15日は、国会の参議院本会議で教育基本法改悪案の採決強行がされた日でもあり、3人の勾留再延長は、これと一体の言論弾圧・政治弾圧いがいの何ものでもありません。

 「傷害」も「建造物侵入」も完全なデッチあげであり、狙いは、大学で不当な退学・停学処分の撤回を訴えたり、改憲反対・戦争反対の行動をとにかくやらせないということです。学生部に至っては、「ストライキは絶対に許せない」などという文書を印刷・配布している有様です。しかし、のべ40人もの学生を不当逮捕したことには、一言も言及していません。その不当性があまりにも明らかで、あまねく知れ渡っているので、触れることができないのです。

 全国の労働者・学生の力をあわせて、3人を絶対に取り戻しましょう!

●12・15緊急法大集会は300人の参加で大成功!

 一方、12月15日の昼に法政大学で開催された緊急法大集会は300人の結集で大成功しました。集会には、発言者として半農半漁シンガーソングライターのZAKIさんと、日本山妙法寺の石橋さんがキャンパスに登場、言論弾圧を行い続ける法政大学当局を徹底弾劾しました。

 法政大学当局は、集会にあわせて、またもや外堀公園に公安警察100人の弾圧体制を要請。キャンパス内では、暴力ガードマンを増強し、各門を封鎖。本来なら12メートル開くはずの正門は、1メートル70センチにまで狭められ、ガードマンが3人〜4人がかりで「検問」を行っていました。恒例の校内放送では「日本山妙法寺の入構は認めていない」「不法集会」とまで言って、集会を妨害してきました。法政大学には「集会の自由」もないのか!ふざけるな!

 しかし、このような弾圧もまったく無力であり、集会では退学処分者・停学処分者も発言し、法大当局を徹底弾劾しました。

 なお、この日は、法大弾圧救援会ほか、法大統一0B会、また国会前からも共謀罪制定阻止を闘っている方々など、多くの人々が法政大にかけつけ、学生とともに闘いぬきました。

詳しくは、3・14法大弾圧を許さない法大生の会ブログhttp://hosei29.noblog.net/の方をご覧ください。

●12/16東北大学有朋寮に対する強制執行を徹底弾劾する!

 昨日12月16日早朝より、東北大有朋寮に対する「明け渡し」強制執行が強行されています! 絶対に許せません。

 15日より国会闘争に駆けつけた寮生の留守中を襲って、機動隊バス6台、作業員60人を動員して有朋寮の破壊・解体に踏み切ったのです。さらに、報せを聞いて、急ぎ現場に駆けつけた有朋寮生1人が不当逮捕されています!

 私たちは、教育基本法改悪、法大弾圧と一体のこの暴挙を絶対に許せません! 強制執行に対する阻止行動・抗議行動は、現在も行われています! 闘う有朋寮生・東北大生に連帯して、ともに有朋寮強制執行を徹底弾劾・即時中止させましょう!

詳しくは東北大学有朋寮ブログhttp://uforyou.exblog.jp/をご覧ください。

▽強制執行と不当逮捕に、抗議の声を集中してください!
東北大学 022−717−7800
仙台南警察署 022−246−7171
宮城県警 022−266−9110(ホームページから苦情投稿できますhttp://www.police.pref.miyagi.jp/hp/osetu/sodan-form/soudan-form.htm)
仙台地裁 022-222-6111(執行官につないでもらってください)

▽全国から激励のメッセージを寄せてください!
有朋寮委員長・古郡君の携帯電話(090-9374-8276)か、有朋寮メールufo_ryou@hotmai.comまでよろしくお願いします!

●3人を取り戻すぞ!連日、法政大正門前と東京地裁前でビラまき続けます!

▽日時と場所:
12月18日(月)
法政大正門前=8:30〜10:00 正門前集合
東京地裁前=11:30〜13:00 地裁正門前集合
12月19日(火)
法政大正門前=8:30〜10:00 正門前集合
東京地裁前=11:30〜13:00 地裁正門前集合
12月20日(水)
法政大正門前=8:30〜10:00 正門前集合
東京地裁前=11:30〜13:00 地裁正門前集合

※時間のある方は、ぜひご参加よろしくお願いします。

●3人の学生の即時釈放を!警視庁公安一課および法政大学当局に抗議を集中しよう!

【抗議先】

▽警視庁公安一課
【電話】03−3581−4321
▽東京地方検察庁 03−3592−5611(代)(勾留請求を出した児嶋隆司検事宛に抗議を)
▽東京地方裁判所 03−3581−5411(代)(刑事14部.栗原正史裁判官宛に抗議を)
▽法政大学総長室 広報・広聴担当
【電話】03−3264−9420
▽法政大学学生部
【電話】03−3264−9471
【FAX】03−3264−9598
【メール】gakusei@hosei.ac.jp
▽東京警備保障株式会社
【電話】03−3433−2761(代)
【FAX】03−3433−7995

●不当逮捕された3人の学生に激励のメッセージを寄せてください。

 メッセージは、このメールの最下段にある3・14法大弾圧救援会の連絡先までお願いします。

●緊急の救援カンパをよろしくお願いします。

▽救援カンパの送り先 「29人の学生を釈放しろ!3・14法大弾圧救援会」
住所 東京都港区新橋2-8-16石田ビル4階(救援連絡センター気付)
▽銀行振込 三菱東京UFJ銀行 錦糸町駅前支店 普通3520695 法大弾圧救援会
▽郵便振替 口座番号 00160−0−585187 法大弾圧救援会

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

■29人の学生を釈放しろ!3・14法大弾圧救援会

▽呼びかけ人:葉山岳夫(第二東京弁護士会)/大口昭彦(第二東京弁護士会)/一瀬敬一郎(第二東京弁護士会)/小田原紀雄(日本基督教団羽生伝道所牧師)/伊藤えりか(法政大学第一法学部自治会元委員長、学生会館学生連盟元理事長)/吉川経夫(法政大学名誉教授、刑法学者、故人)
▽住所:東京都港区新橋2―8―16石田ビル4階(救援連絡センター気付)
▽電話:090―4812―7003
▽FAX:03―3591―3583
▽Eメール:houdaikyuuenkai@yahoo.co.jp
▽ホームページ:http://www.geocities.co.jp/houdaikyuuenkai/

2006年12月17日

at 11:13, もーちゃん, 法政大学の闇

comments(0), trackbacks(0)

【転載】■3・14法大弾圧救援会ニュース 06.12.13 ■学生3人を取り戻すぞ! 12/15 緊急法大集会を大成功させよう!

 こんばんは。3・14法大弾圧救援会です。

 11・29法政大で不当逮捕された学生3人を取り戻す闘いも、いよいよ大詰めです。全国各地からの不当逮捕への抗議、3人への激励メール、救援カンパ、本当にありがとうございます。

 法大弾圧救援会も、連日、法政大正門前と東京地方裁判所前でのビラまき・情宣行動を行っています。勾留満期は12月15日(金)。3人を取り戻すために、なおいっそうのご支援・ご協力をお願いします。

●12/12京都大・富山大への不当家宅捜索を弾劾する!

 昨日12月12日(火)、11・29法政大弾圧の件で、京都大学熊野寮と富山大学の学生自治会室などに対して、本当に不当な家宅捜索が行われました。一体全体、11月29日の件で、なぜ、関係のない京都大や富山大にまで警視庁本庁の公安警察が出かけていくのか。 しかも現場で立ち会いを行った学生によれば、捜索に来た警察官は、酒臭かったとか。ふざけるな、公安警察! 警視庁は、ありもしない「傷害」「建造物侵入」を何とかデッチあげようと必死にあがき回っています。不当捜索を強行した警視庁と令状を出した裁判所を徹底弾劾しよう!

●次は、今週の法大キャンパスの状況です。

 以下、3・14法大弾圧を許さない法大生の会が出しているメールニュースを転載します。

[hosei29-2006][00062] 法大生の会 メールニュース

15日の集会に大結集を! 無実の3人を取り戻そう!

 署名が昨日だけで、キャンパスと国会で55筆集まりました。キャンパスの学生からは「ビラ見てます」「ずーっと注目している。処分はやりすぎだ。とにかく屈しないで下さい!」「15日は行きます」という声が続々出ています。やっぱり法大はおかしいですよね。平林なんて、大学人失格ですよね。革命やって、倒しちゃおう!

 キャンパスもポスターが貼りめぐらされて、「15日は何かあるぞ」という雰囲気になってきています。ZAKIさんの歌も完成! どんな歌かは当日のお楽しみですが、すばらしいものに仕上がっています。ちなみに作詞は、被処分者の久木野くんです。近日公開です。

 昨日のメールニュースでも伝えた、学生部の「法政大学市ヶ谷キャンパスにおける警備体制および一部出入り口の閉鎖について」という文書は、恥の上塗りであり、もっと言えば敗北宣言です。当局が、被処分者に対する憎しみを絞り出して、何とか悪く言おうと努力した結果としてのこの文書であり、もちろん怒りなしには読めません。

 しかし、「法大生の会を名乗る団体が、処分を不当であると一方的に決めつけ、連日不法にキャンパス内に侵入し、拡声器を用いての抗議演説やビラまきを行い、また前記5人以外の学外者を多数構内に引き入れて集会の名の下に騒動を起こすなどして、大学の秩序と平穏な環境を著しく損ねるという状況が続いています」という文章などは、要するに法大生の会が処分を不当だと訴えて大学に来て、ビラを撒き、演説をしたり、支援の学生を集めて集会をやっているということですよね。何か悪いんですかね。

 それに続けて「本学は、思想信条や表現の自由を保証する立場を従来から堅持しています」などと言っているわけです。え?あなた、自分が書いた文章読みました?ビラまきは不法とか言ってるんですよ? 全文および逐条批判はブログに掲載しますが、倒される寸前の権力者って、こういう感じかも知れないな、と実感しちゃうような文章です。っていうか、こんなゴミ文章にきれいにカラー印刷なんて、うちらの学費使うなよ!これ書いたヤツが自分で金払え!

 さらに、学生部の入り口と窓口には「警告」なる文書が貼られています。やたら長いので、引用などはブログに譲りますが、15日対策以外の何ものでもない文章です。10月20日やその前後でやったことは、これから全部禁止にするから!という、ここまで来るとやけくそに近いです。

 と、いくらでも書けそうな感じですが、今回はここまでにしておきたいと思います。読めば読むほど、私たちの勝利は近い! 15日の集会への大結集でとどめの一撃を刺そう!

[メールニュースの転載はここまでです]

●また、本日は、東京地方裁判所で、退学処分・停学処分の撤回に向けた仮処分裁判の第6回目の審尋が行われました。詳しいことは、また改めてご報告します。

●12・15緊急法大集会を大成功させよう!

でっち上げ逮捕された学生3人を釈放せよ! ルンゲ=大久保追放! 退学・停学処分撤回! 新たな処分を許さない 総長選廃止反対・平林打倒! 12・15緊急法大集会

▽スペシャルゲスト:
・ZAKIさん(自給自足シンガーソングライター。スマップの編曲などにも携わった経験をもつミュージシャンです。教育基本法改悪・共謀罪新設に反対する国会行動にも連日参加されている方です。)
・日本山妙法寺の方(法政大学の裏に妙法寺のお寺があるのです)

▽日時:12月15日(金)12時40分〜

▽場所:法政大学市ヶ谷キャンパス

▽主催:3・14法大弾圧を許さない法大生の会

●連日、法政大正門前と東京地裁前でビラまき・情宣行動やっています!

▽日時と場所:

12月14日(木)
法政大正門前=8:30〜10:00 正門前集合
東京地裁前=11:30〜13:00 地裁正門前集合

12月15日(金)
法政大正門前=8:30〜10:00、12:30〜13:30 正門前集合
東京地裁前=11:30〜13:00 地裁正門前集合

※時間のある方は、ぜひご参加よろしくお願いします。

●3人の学生の即時釈放を!警視庁公安一課および法政大学当局に抗議を集中しよう!

【抗議先】

▽警視庁公安一課
【電話】03−3581−4321
▽東京地方検察庁 03−3592−5611(代)(勾留請求を出した児嶋隆司検事宛に抗議を)
▽東京地方裁判所 03−3581−5411(代)(刑事14部.栗原正史裁判官宛に抗議を)
▽法政大学総長室 広報・広聴担当
【電話】03−3264−9420
▽法政大学学生部
【電話】03−3264−9471
【FAX】03−3264−9598
【メール】gakusei@hosei.ac.jp
▽東京警備保障株式会社
【電話】03−3433−2761(代)
【FAX】03−3433−7995

●不当逮捕された3人の学生に激励のメッセージを寄せてください。

 メッセージは、このメールの最下段にある3・14法大弾圧救援会の連絡先までお願いします。

●緊急の救援カンパをよろしくお願いします。

▽救援カンパの送り先 「29人の学生を釈放しろ!3・14法大弾圧救援会」
住所 東京都港区新橋2-8-16石田ビル4階(救援連絡センター気付)
▽銀行振込 三菱東京UFJ銀行 錦糸町駅前支店 普通3520695 法大弾圧救援会
▽郵便振替 口座番号 00160−0−585187 法大弾圧救援会

●教育基本法の改悪・共謀罪の新設を阻止しよう! 12・14〜15国会前行動に集まろう!

▽連日、以下のように国会前座り込み行動が行われています!
ハンスト者(午前9時〜午後6時)、東京教組(午後4時〜6時)、都高教(午後2時〜4時)、全国連絡会(14・15日の午前9時〜午後5時)、百万人署名運動(正午〜午後4時)
▽12・14〜15緊急国会行動が呼びかけられています!
日時:12月14日(木)午後2時〜7時 国会前座り込み
          午後2時〜 午後6時〜 国会前集会
   12月15日(金)午後2時〜 国会前座り込み
場所:衆議院第二議員会館前
呼びかけ:11・5集会実行委員会(全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、全国金属機械労働組合港合同、国鉄千葉動力車労働組合)

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

■29人の学生を釈放しろ!3・14法大弾圧救援会

▽呼びかけ人:葉山岳夫(第二東京弁護士会)/大口昭彦(第二東京弁護士会)/一瀬敬一郎(第二東京弁護士会)/小田原紀雄(日本基督教団羽生伝道所牧師)/伊藤えりか(法政大学第一法学部自治会元委員長、学生会館学生連盟元理事長)/吉川経夫(法政大学名誉教授、刑法学者、故人)
▽住所:東京都港区新橋2―8―16石田ビル4階(救援連絡センター気付)
▽電話:090―4812―7003
▽FAX:03―3591―3583
▽Eメール:houdaikyuuenkai@yahoo.co.jp
▽ホームページ:http://www.geocities.co.jp/houdaikyuuenkai/

2006年12月13日

at 08:27, もーちゃん, 法政大学の闇

comments(0), trackbacks(0)