無料カウンター
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Profile
BBN聖書放送
9条守ろう!ブロガーズ・リンク
天木直人のブログ-日本の動きを伝えたい-
[公式] 天木直人のブログ
STOP!再処理 ネットワーキング
Recommend
新改訳聖書―注解・索引・チェーン式引照付
新改訳聖書―注解・索引・チェーン式引照付 (JUGEMレビュー »)

スタンダード版でも好評の引照(Cross Reference)に加え、主要項目の参照個所が“いもづる式”に分かるチェーン式引照、簡潔明瞭な注解、体系的な学びに役立つ索引を備えた、日本語で唯一とも言えるスタディ・バイブル。
Recommend
バイリンガル聖書
バイリンガル聖書 (JUGEMレビュー »)

新改訳とNIVの初めての和英対照聖書。巻末に最新の聖書地図を掲載(こちらも和英対照)。日本語では分かりにくかった聖句も、英語ではストレートに心に響いてくることもあるから、不思議……。
Recommend
すぐに役立つみことば集 バイリンガル版
すぐに役立つみことば集 バイリンガル版 (JUGEMレビュー »)

1982年の初版発行以来、生活の様々なシーンで助けと慰めを与え続けてきた本書。今回、NIVとのバイリンガル化で、その時に必要な御言葉をさらに深く味わえるようになりました。最善最良の信仰書の一つに加えてみてはいかが?
Recommend
Streams in the Desert: 366 Daily Devotional Readings, Walnut, Italian Duo-tone
Streams in the Desert: 366 Daily Devotional Readings, Walnut, Italian Duo-tone (JUGEMレビュー »)
Charles E., Mrs. Cowman
FEBC(韓国・済州島のキリスト教放送局。毎日21:30〜22:45、1566kHz)の放送終了前に、この邦訳『荒野の泉』の一節が朗読されている。
本書は改訂版で、聖句の引用は英訳聖書の中で最も普及しているNIVを使用しており、読みやすくなっている。
一日の終わりに、心に沁みるデボーションのひとときを持ってみてはいかが。
Recommend
ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術
ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術 (JUGEMレビュー »)
板倉 徹
ケータイ、テレビ、パソコン…。視覚に頼りすぎた生活では「脳」は萎縮する。ラジオを聴いているときや読書の「場面想像」で脳全体が活性化する―など、脳機能低下を防ぎ、頭を良くするカンタンな方法を提案。無理なく継続でき、能力向上、記憶力アップ、脳の若返り、うつ病・アルツハイマー防止などにも効果抜群なシンプル生活のすすめ。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

国や電力会社は「原発は地球にやさしい」「エコに貢献」などと盛んにPRしているが、やさしくないどころか、逆に温暖化を促すことを分かりやすく解説する。
Recommend
放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと?
放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと? (JUGEMレビュー »)
水口 憲哉
25年以上昔から再処理工場からの放射能廃液の海洋放出に関して情報発信を行ってきた著者による、気仙沼における講演記録を収録したブックレット。さまざまな事例をもとに、放射能廃液による海洋汚染の実態を述べる。
Recommend
Recommend
Recommend
トリックスターから、空へ
トリックスターから、空へ (JUGEMレビュー »)
太田 光
オピニオンリーダーとして俄然注目を集める太田光が、戦争、憲法、教育、そして日本という国そのものに真っ向から挑む! 話題作『憲法九条を世界遺産に』の論点を広げ、さらに掘り下げた意欲作。「本書を出すことが今の自分の使命だ」とまで言い切る太田光、渾身の一冊!
Recommend
憲法九条を世界遺産に
憲法九条を世界遺産に (JUGEMレビュー »)
太田 光, 中沢 新一
実に、日本国憲法とは、一瞬の奇蹟であった。それは無邪気なまでに理想社会の具現を目指したアメリカ人と、敗戦からようやく立ち上がり二度と戦争を起こすまいと固く決意した日本人との、奇蹟の合作というべきものだったのだ。しかし今、日本国憲法、特に九条は次第にその輝きを奪われつつあるように見える。この奇蹟をいかにして遺すべきか、いかにして次世代に伝えていくべきか。お笑い芸人の意地にかけて、芸の中でそれを表現しようとする太田と、その方法論を歴史から引き出そうとする中沢の、稀に見る熱い対論。宮沢賢治を手がかりに交わされた二人の議論の行き着く先は…。
Recommend
茶色の朝
茶色の朝 (JUGEMレビュー »)
フランク パヴロフ,ヴィンセント ギャロ,藤本 一勇,高橋 哲哉
突然「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことで起こる変化を描いた反ファシズムの寓話。
Recommend
戦争のつくりかた
戦争のつくりかた (JUGEMレビュー »)
りぼん・ぷろじぇくと
戦争はいきなり始まるものではなくて、一歩、また一歩とゆっくりと「戦争ができる」「戦争をしてもいい」「戦争しなきゃ」というように進むものだと思います。 本書はまさにこのプロセスを絵本仕立てでわかりやすく示した「戦争レシピ本」です。小学生でも80歳の方でも等しく読める内容です。多くの一般市民にとってこの本は「戦争を考えるヒント」になるのではないかと思います。
Recommend
Recommend
憲法は、政府に対する命令である。
憲法は、政府に対する命令である。 (JUGEMレビュー »)
ダグラス・ラミス
日本国民のどれくらいが「憲法とは何か」という問いに正しく答えられるのだろうか。著者は基本的に護憲の立場を取るが、その主張は第9条の正当性をヒステリックに叫ぶだけのものではない。本書は国際的かつ歴史的視点から憲法を解説し、日本国憲法が為政者と国民に何をもたらし、また何を抑制してきたかを整理するもの。
まずは「国の最高法規」である憲法が政府の施策のみならず、国民個人の政治的アイデンティティーを規定し、その国の文化にまで深い影響を与えていることを種々の学説や西欧の実例で示す。結果、日本国憲法の条文は主権在民の原則に立つ我が国の政府に対する「命令」であり、命令を下された側が足かせと感じるのは当然のことだと言う。「この憲法は米国から押しつけられたもので国民の総意ではない」という改憲派の常套句については、戦勝国の米国自身ですら制御できない権限を日本国民に与えたことを、米国が最も悔やんでいると反論する。
こうした立ち位置から第9条と安全保障条約、言論の自由、人権条項、政教分離の原則などをテーマに、現憲法の価値について考察を加えていく。
Recommend
憲法と戦争
憲法と戦争 (JUGEMレビュー »)
C.ダグラス ラミス, C.Douglas Lummis
憲法第9条に人びとを戦争からまもる力があるか? 国の交戦権とはどんな権利か? 自衛隊の海外派遣の本当の目的とは? 日米新ガイドラインのめざしているものは何か? これからの日本国憲法のために、改憲派であれ護憲派であれ、これだけは考えておきたいことを根源から問いなおす。
Recommend
みどりのゆび
みどりのゆび (JUGEMレビュー »)
モーリス ドリュオン, Maurice Druon, 安東 次男
裕福に暮らすチト少年は、お父さんが兵器を作る人だったことを知り、驚きました。じぶんが不思議な<みどりのゆび>をもっていることに気づいた少年は、町じゅうに花を咲かせます。チトって、だれだったのでしょう? (小学4・5年以上)
Recommend
愛国者は信用できるか
愛国者は信用できるか (JUGEMレビュー »)
鈴木 邦男
三島由紀夫は言った。「愛国心は嫌いだ」 なぜか!? 新右翼の大物が初心に返って「愛国心とは何か」を考え、その素晴らしさと危うさの両面を説く。天皇制や天皇論についても一家言を述べる。
Recommend
沖雅也と「大追跡」―70年代が生んだアクションの寵児
沖雅也と「大追跡」―70年代が生んだアクションの寵児 (JUGEMレビュー »)

初めてコメディータッチを取り入れた刑事ドラマ「大追跡」(1978年4〜9月)。後の「俺たちは天使だ」「プロハンター」「あぶない刑事」などに大きな影響を与えた。
「大追跡」を軸に、主役メンバーであった沖雅也氏の芝居やアクションを中心に論じた評伝。これまで知られていないエピソードなど満載。
Sponsored Links
SEO / RSS
New Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search This Site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

朝鮮の声HP開設

JUGEMテーマ:BCL

4月12日の朝鮮の声(Voice of Korea=VOK)放送によると、同局は来る15日に「朝鮮の声インターネット版」を開設します。
アドレスは、

www.vok.rep.kp

とのことです。

他の多くの放送局は既にHPを設けているので、VOKもようやく追いついた、といった感じです。

報道の自由度最下位を誇る()朝鮮民主主義人民共和国の国際放送「朝鮮の声」のHP。
一体どんな内容となっているのか、今から“ある意味”で楽しみです。

at 19:40, もーちゃん, BCL

comments(0), trackbacks(0)

欧米vs.中国、“情報戦争”の勝者は?

JUGEMテーマ:BCL

短波放送を廃止・縮小する欧米諸国と、拡充する中国。
好対照の2陣営。
情報による世界制覇に勝利するのは、果たしてどちら?!

◎中国全人代でメディア世界制覇に向け勝利宣言

 台湾のKeith Perron氏が中南海筋から得た情報によれば、3月5日より中国で開催されている全国人民代表者会議(全人代)において、3月6日夜李長春政治局常任委員が率いる中国共産党宣伝部の部長から次の趣旨の報告が行われた。VOAとBBC World Serviceの縮小で中国共産党は西側と戦いで勝利した。李長春常任委員の見解によれば、西側メディアは情報戦争で中国に敗北しており、中国には電波の国際的覇者となるチャンスが巡ってきている。中国は2011年には5200万元(約800万ドル)の予算で世界中の聴取者を増やす取組を行う。具体的には衛星放送の強化、西側世界のAM/FM局の買収を進める。また短波放送については南北アメリカ、欧州、アフリカ、東南アジア向を強化する。また西側諸放送局が中国を不安定化するため虚語をばらまくのに使用していた短波中継局を買収して中国が支配する。またBBCやVOA等の帝国主義侵略局からメディア覇権を奪い取るためにCTV4/CCTV9(海外向TV放送)とCRIを一体化する。(Media Network 3/7)

 李長春氏は対日強硬派で、一連のgoogle攻撃を統括した人物とされています。

◎クリントン国務長官「情報戦争での敗北」を認める

 米国のクリントン国務長官は3月2日、米国が米国はBBCと同じく国際放送を削減していることを指摘し、情報戦争で敗北したことを認めた。長官はアルジャジーラや、24時間英語ニュースチャンネルに資金をつぎ込んでいる中国やロシアが勝者であるとし、自分もロシアのニュース番組を見ているが参考になると語った。これを聞いたアルジャジーラのスタッフは中国やロシアはそうかも知れないが、自分たちはニュースをありのまま伝えているだけで「情報戦争」などしていないとし、国際放送と外交は別物であると当惑した。(Media Network 3/2)

 中国・ロシアと同じく中東も敵という先入観があるのかも知れません。

いずれも『月刊短波 2011年4月号』より引用

at 21:09, もーちゃん, BCL

comments(0), trackbacks(0)

【続報(訂正)】radikoエリア制限復活

JUGEMテーマ:BCL

radikoのエリア制限復活の件の情報訂正を。

同社の
プレスリリースによると、関東7局については4月11日まで全国で聴取可能、12日より従来の配信エリアに戻る。

関西および中京の放送は4月1日より従来の配信エリアに戻る。

at 20:23, もーちゃん, BCL

comments(0), trackbacks(0)

radikoエリア制限復活と参加局増加

JUGEMテーマ:BCL

東日本大震災への対応として3月13日(日曜日)17時からから実施されていたエリア制限の解除が4月1日(金曜日)に中止され、以前のように制限が復活するという。
放送エリアに準じた地域に配信するサイマルサービス

震災への対応を謳うのであれば、その規模を考慮するとせめて向こう1年間程度の制限解除が妥当ではないかと思う。

それに、昨年10月にマンションに引っ越して以来BCL的環境が最悪となった私個人としては、このままずっとエリアフリーで関東・関西のAM・FM局をPCで楽しみたかったのだけれど……。

その代わりと言っては何だけれど、radiko参加局が増えるらしい。
関西圏については、ラジオ関西やKBS京都、それに短波のラジオNIKKEIが新たに聴けるようになる。

ジャズ好きな私としては、ジャズの生演奏を中継する番組などがあるラジオ関西の参加が何より嬉しい

しかし、なぜかα-STATION(エフエム京都)が入っていないのが不思議……

2011年3月25日10時より、中京地域のラジオ局が参加する。
中京地区でも「radiko.jp」でラジオが聴けるようになる。

中部日本放送、東海ラジオ放送、岐阜放送、日経ラジオ社、ZIP-FM、
三重エフエム放送、エフエム愛知の7局。
三重エフエム放送のみ実施エリアが三重県に限られる。
ほかの放送局は、愛知県、三重県、岐阜県で聴取できる。

3月31日までは、全国で聴取可能
4月1日にも本来の実施エリアに戻る予定

4月中にも関東、関西、北海道、福岡において18局が参加する予定。
新たに参加する局は以下の通り。

・関東エリア
 茨城放送/アール・エフ・ラジオ日本/エフエム栃木/ベイエフエム/エフエムナックファイブ/横浜エフエム放送/エフエム群馬
・関西エリア
 ラジオ関西/京都放送/和歌山放送/兵庫エフエム放送/日経ラジオ社
・北海道エリア
 北海道放送/STVラジオ/エフエム北海道/日経ラジオ社
・福岡エリア
 RKB毎日放送/九州朝日放送/天神エフエム/エフエム福岡/日経ラジオ社

2010年12月1日より開始した「radiko.jp」は、平均週間聴取回数が300万〜400万回で、専用ガジェットは160万ダウンロード、iPhoneおよびAndroid向けアプリも150万ダウンロードを記録している。地震にともなうエリア制限解除後は、通常の10倍近くダウンロードされているという。

ケータイ Watch Flash 2011-03-24 より引用

at 20:10, もーちゃん, BCL

comments(0), trackbacks(0)

【転載】Radio Australia日本向特別放送

JUGEMテーマ:BCL

◎Radio Australia日本向特別放送   4版新規

 Radio Australiaは在日オーストラリア人に緊急情報を伝えるために特別短波放送を開始した。これらの放送は通常はパプアニューギニア向に行われていたものを日本向にも拡張して実施される。また東南アジア向の放送(2回)も日本向に再編成する。送信所はSheppertonでスケジュールは以下の通り。
  08:00-16:00 13690
  08:30-16:00 17750
  09:00-14:00 21725
  16:00-22:00 11945
  16:00-18:00 9710
  20:00-23:00 9560
  23:00-03:00 5995 6080
(Media Network 3/17)

原発の放射能汚染の恐れにより外国人の日本からの避難が始まっています。災害時・緊急時には短波放送の威力はより大きくなります。

at 11:43, もーちゃん, BCL

comments(0), trackbacks(0)

有事にはやはり短波放送

JUGEMテーマ:BCL

BBC WSの短波放送重要な事件発生時に復活を検討

 英国Guardian紙の報道によると、短波放送の全廃を宣言したBBC World Serviceはエジプトでの民衆革命等に鑑み、重要な事件が起きた地域向には期間限定で短波送信を復活させる検討をしている。エジプトではBBCアラビア語短波放送の聴取者は約40万人いたが、同局が予算削減の一環として中東向短波放送を廃止すると発表して以来数週間で聴取者数が大幅に減少した。BBC国際ニュース部Peter Horrocks氏は中東地域等で重要な事件が起きた場合に短波送信が出来るような短波送信施設を確保すべく探していると語った。(
Media Network 2/17)

 アイルランドのようにイベントがある時だけ臨時放送という訳です。全廃よりはましですか。臨時放送があった場合は「月刊短波」にもいち早く掲載を心掛けますが!


短波放送を廃止しようとする局はいずれも、「短波放送の聴取者は激減している。今後はインターネットや衛星放送をどうぞ」と言うが、やはり有事の際には短波放送が唯一の情報入手手段ということを認めていることになりはしないか。

at 20:02, もーちゃん, BCL

comments(0), trackbacks(0)

BBC、エジプト向け放送縮小へ

JUGEMテーマ:BCL

それでもBBCは“情報難民”を生産することに躊躇しないようだ。
公共放送としての使命を果たすことを忘れてしまったのか。

以下、
『月刊短波2011年2月号第3版』より。
文字強調はもーちゃんによる。)

◎エジプトの聴取者を見捨てるBBC-WS 3版 新規

 英国のMike Terry氏によると英国の新聞The Gardian誌2月3日版は次のようにBBC-WSを批判した。BBCはエジプト情勢の悪化にも拘わらずエジプト向放送を縮小することを決定した。エジプト政府によるインターネット、携帯電話の遮断、衛星TV放送の聴取禁止でBBCのアラビア語webサイトにはアクセスが集中(1月24日には130万ア クセスを記録)しているのにである。BBC-WSのアラビア語短波放送はエジプトで40万人の聴取者がいるが、同地域向短波放送は廃止されることになっている。またアラビア語TVサービスも大幅に時間を縮小することになっている。BBCの公式見解ではインターネットと現地放送局によるFM及びTVの中継があるから大丈夫としているが、政府が回線を遮断し、中継を禁止した場合に手段がなくなるとの批判が寄せられている。中東・アフリカ向のアラビア語短波放送廃止で570万人の聴取者が失われると見込まれている。

(DX Listening Digest 2/3)

現在のBBCの論理では「儲からない放送」で聴取者が減ろうと関係ないということになりそうです。

at 20:55, もーちゃん, BCL

comments(0), trackbacks(0)

BBC WSほぼ全廃へ

JUGEMテーマ:BCL

何たることか!

イギリスの公共放送BBC(British Broadcasting Corporation)の短波によるWorld Serviceが2014年3月でほぼ全廃となり、インターネットなどに移行される。
これには、日本でも人気の英語放送も含まれる。

◎BBC World Service壊滅的大リストラ 〜 短波放送はほぼ廃止 650人解雇

 BBC World Serviceは5言語部門の完全廃止、7言語部門のラジオ放送廃止、C伺函γ翡畔送の廃止を骨子とする大リストラを実施し、650人の職員を解雇すると発表した。
 BBC World Serviceの大リストラは昨年10月に英国政府より要請された16%の費用削減に応えたもので、今後3年間に渡り政府の要請を上回る20%の費用削減を行うことで要請を完全実施するものである。このリストラ計画で政府からの資金援助が打ち切られる2014年4月までに毎年4600万ポンドが削減されることになる。今年4月から始まる2011年度(英国の年度は日本と同じで4月〜3月)では1900万ポンド削減して費用を2億3670万ポンドに抑制する。
 リストラに伴いスタッフ部門(人事、財務、計画、マーケティング等)の人数も現状の2/3に削減する。スタッフ部門も含めて2011年度に削減される人数は450人で、2013年度までに合計650人を削減する。このリストラの影響で現在1億8000万人いる聴取者は2011年度だけで3000万人以上減少すると見られている。
 完全に廃止される部門はアルバニア語、マケドニア語、アフリカ向ポルトガル語、セルビア語、カリブ海向英語の5部門である。
 ラジオ放送が廃止されるのはアゼリ語、中国語(広東語は継続)、ロシア語(インターネット放送で一部は継続)、キューバ向スペイン語、トルコ語、ベトナム語、ウクライナ語で、TV放送とインターネット上(携帯も含む)の情報提供に切り替える。
 ラジオ放送を継続する部門でも、2013年度までに短波・中波の放送はビルマ・ソマリア向を除いて廃止する。2011年3月いっぱいで、ロシア向英語放送、ヒンズー語、インドネシア語、キルギス語、ネパール語、スワヒリ語、ルワンダ・ブルンジ向サービスの短波放送を廃止する。同時に欧州向に648kHzで行われている中波放送も廃止する。欧州のリスナーはインターネット放送または衛星放送で聴取することになる。他の地域のリスナーは現地FM中継、インターネット放送、携帯電話放送で聴取すれば良いとしている。2014年3月いっぱいで英語の短波放送も、廃止する。また英語放送の番組内容は大幅に削減する。この時点で残る短波放送はビルマ及びソマリア向のそれぞれ1日2時間づつのみとなる。
(Media Network 1/26)

 英国のMike Barraclough氏によると、BBC有志によりリストラに反対する「Stop the BBC World Service Cuts」というサイトが開設された。
http://www.savews.com/
(DX Listening Digest Yahoo Group 1/27)

 リストラというよりも無料放送部門の解体に近いといえましょう。

Bush Houseの玄関に置かれた「BBC World Serviceの死」を悼む花束(http://www.savews.com/ より、「R.I.P」は墓標に書かれる「〜ここに眠る」の意味)

◎無料の電波放送はなくなる運命 〜BBC会長が指摘

 BBC会長のMark Thomson氏は、Oxford Media Conventionにおいて無料のラジオ・TV電波放送は間もなく時代遅れとなり消滅するので、公共放送はそれに代わる新しいメディアのプラットホームを開発しておかなければならないと語った。将来の放送はすべて有料の閉じたシステム内で行われるようになり、無料放送は 「YouView」のようなシステム内でだけ可能になる。公共放送はそういう時代が来ることに備えて「YouView」等を採用することを考えておく必要があるとしている。
(Media Network 1/19)

 BBC World Serviceの解体もこの考え方がベースにあると思われます。「YouView」とはBBCが開発中のIP化ラジオ・TVシステムのことです。ラジオ・TVの番組を高速携帯回線や光回線等からのIP接続によりSTB(セットトップボックス)経由で受信するもので、無料放送でもSTB使用料や回線使用料を徴収でき、しかも高いTV塔等コストのかかる電波送信所は不要になるというものです。全世界への拡販を考えているようです。

また、ドイツのDW(Deutsche Welle)も政府から短波・中波放送の廃止するよう圧力を掛けられている。

◎ドイツ政府DWに対して短波・中波放送の原則廃止を要求

 ドイツ財務省の諮問委員会はDeutsche Welle(DW)に対して短波・中波放送の原則廃止と海外在留ドイツ人向の放送の中止を求めた。ドイツ国民の税金で賄われているDWは短波・中波の放送は廃止し、特定の国でのFM放送のみを残すべきとしている。DWはドイツ政府より2億7300万ユーロの年間予算で運用されている。400ページにのぼる諮問委員会の報告書は次のように指摘している。海外在留ドイツ人はインターネットでいつでも母国の情報を得られるし、海外でドイツの衛星TV放送も聴取できるためDWが海外在留ドイツ人向の放送を行う理由はなくなった。DWには現在1500人の職員がいるが、人数を圧縮して外国の非ドイツ人がドイツの政策に興味を持つような活動に集中すべきである。2013年までに海外放送のターゲットはアジア、アフリカ、中東、中南米に絞り、短波放送は最低限必要な地域向のみとして原則廃止すべきとしている。
(Media Network 1/20)

以前の記事でも述べたが、インターネットに接続できる環境にある国は一部であり、本当に正確・迅速な情報を必要としている発展途上国や独裁国家の民衆にとってはラジオが一番の、そして唯一の手段であることがまだまだ多い。

有事の際にはインターネット回線が切断されることは、最近のエジプトの例を見てみても容易に想像できる。
同時に国内の放送局が占拠されたり破壊されたとしても、短波による放送で海外から正しい情報がもたらされることにより、その国の民主化に寄与することは十分にあり得る。

また大規模な自然災害の場合でも同様で、短波放送のおかげで人々の命が救われることもある。

このように、有事や災害の際の重要な情報伝達手段を単に財政上の理由から次々と廃止していってよいものか。

※上記引用記事は『月刊短波2011年2月号』より。

at 21:04, もーちゃん, BCL

comments(0), trackbacks(0)

短波聴取者に続く受難の日々

JUGEMテーマ:BCL

いつだったかは忘れたが、手持ちのラジオにVOAの周波数をプリセットしておこうと思い、HPにアクセスしてみたものの、どこをどうたどっていっても放送スケジュールに行き着かなかった。

それでも何とか粘りに粘って、最終的には、下記引用記事のURLにたどり着いた。

「いつからVOAはこんな不親切な局になったんだ
と、驚くやら腹立つやらあきれるやらで、くたびれてしまった……。

VOAに限らず、世界のどの海外向け放送も短波・中波放送からインターネットへとシフトする傾向が強い。

ラジオによる聴取者の減少を局側は理由としているようだが、本当の第一の理由は、設備の維持・運営がネットの方がずっと楽で安上がりだからである。

たとえ、いくらラジオ聴取者が減ったとは言えど、依然として数百万人単位でリスナーはいるはず。

ネットで聴取できるリスナーの居住地はいわゆる先進国ばかりで、発展途上国ではまだまだ短波放送が唯一の正確な情報源であることが多い。
(自国での放送は政権に掌握されている国営放送ばかりで、歪んだ情報ばかりがもたらされているため。)

ニュースの正確性・迅速性で有名なあのBBC(イギリスの公共放送)でさえ、インターネットや衛星放送にシフトしている現状。

「VOAよ、お前もか」と叫びたい気分である。

もっとも、VOAも所詮国営放送なので、BBCほどの正確性を求めることはできないけれど……。

◎短波受信者を遠ざけるVOA

VOAのHP(
http://www.voanews.com)にはfrequenciesの項目が設けられているが、現在はアクセスしても短波・中波以外のメディアによる受信方法しか出てこない。
ラジオでVOAを聴きたくても何時どの周波数で聞こえるかが全く分からなくなった。
これは米国の鉄道業者が 1960年代に乗客を追い出して当時儲かった貨物輸送だけに切り替えた事例と似ている。
短波受信者に情報を与えずに、ラジオを捨てさせ、TV、インター ネット、携帯電話に意図的にシフトさせて予算を削減しようとするものである。
では人は何故VOAをラジオで聴きたいのであろうか?
確かに仕事場やインターネットカフェではインターネット情報にアクセスできるが、家にはラジオしかないかコンピュータに接続するのが面倒くさいのでラジオで聴く、あるいはインターネットで放送を聴くのが嫌いか、接続料金を払う(特に携帯電話の場合)のが嫌だからである。
短波スケジュールを扱わないことで、確実に聴取者数を減らすことは出来るだろう。
それを望まないのならばせめてRFE/RL並の周波数案内程度はして欲しいものだ。
(kimandrewelliott.com 12/24) 

インドのAlokesh Gupta氏によると、この批判を受けた後アクセスしにくい隠しページのような場所に周波数表が掲載された。
http://author.voanews.com/english/about/frequenciesAtoZ_a.cfm
(DXLDyg 1/11)

at 20:20, もーちゃん, BCL

comments(0), trackbacks(0)

VORは同期検波で

JUGEMテーマ:BCL

21〜23時(JST)のロシアの声(VOR)日本語放送。

当地では4波(中波・短波各2波)ともに受信状態は今ひとつ。


それでも、たとえば7235kHzでは、同期検波でUSBを選択すると、選択度がWIDE側でも随分聞きやすくなる。


是非お試しを。

at 22:17, もーちゃん, BCL

comments(0), trackbacks(0)