smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Profile
BBN聖書放送
9条守ろう!ブロガーズ・リンク
天木直人のブログ-日本の動きを伝えたい-
[公式] 天木直人のブログ
STOP!再処理 ネットワーキング
Recommend
新改訳聖書―注解・索引・チェーン式引照付
新改訳聖書―注解・索引・チェーン式引照付 (JUGEMレビュー »)

スタンダード版でも好評の引照(Cross Reference)に加え、主要項目の参照個所が“いもづる式”に分かるチェーン式引照、簡潔明瞭な注解、体系的な学びに役立つ索引を備えた、日本語で唯一とも言えるスタディ・バイブル。
Recommend
バイリンガル聖書
バイリンガル聖書 (JUGEMレビュー »)

新改訳とNIVの初めての和英対照聖書。巻末に最新の聖書地図を掲載(こちらも和英対照)。日本語では分かりにくかった聖句も、英語ではストレートに心に響いてくることもあるから、不思議……。
Recommend
すぐに役立つみことば集 バイリンガル版
すぐに役立つみことば集 バイリンガル版 (JUGEMレビュー »)

1982年の初版発行以来、生活の様々なシーンで助けと慰めを与え続けてきた本書。今回、NIVとのバイリンガル化で、その時に必要な御言葉をさらに深く味わえるようになりました。最善最良の信仰書の一つに加えてみてはいかが?
Recommend
Streams in the Desert: 366 Daily Devotional Readings, Walnut, Italian Duo-tone
Streams in the Desert: 366 Daily Devotional Readings, Walnut, Italian Duo-tone (JUGEMレビュー »)
Charles E., Mrs. Cowman
FEBC(韓国・済州島のキリスト教放送局。毎日21:30〜22:45、1566kHz)の放送終了前に、この邦訳『荒野の泉』の一節が朗読されている。
本書は改訂版で、聖句の引用は英訳聖書の中で最も普及しているNIVを使用しており、読みやすくなっている。
一日の終わりに、心に沁みるデボーションのひとときを持ってみてはいかが。
Recommend
ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術
ラジオは脳にきく―頭脳を鍛える生活習慣術 (JUGEMレビュー »)
板倉 徹
ケータイ、テレビ、パソコン…。視覚に頼りすぎた生活では「脳」は萎縮する。ラジオを聴いているときや読書の「場面想像」で脳全体が活性化する―など、脳機能低下を防ぎ、頭を良くするカンタンな方法を提案。無理なく継続でき、能力向上、記憶力アップ、脳の若返り、うつ病・アルツハイマー防止などにも効果抜群なシンプル生活のすすめ。
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

国や電力会社は「原発は地球にやさしい」「エコに貢献」などと盛んにPRしているが、やさしくないどころか、逆に温暖化を促すことを分かりやすく解説する。
Recommend
放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと?
放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと? (JUGEMレビュー »)
水口 憲哉
25年以上昔から再処理工場からの放射能廃液の海洋放出に関して情報発信を行ってきた著者による、気仙沼における講演記録を収録したブックレット。さまざまな事例をもとに、放射能廃液による海洋汚染の実態を述べる。
Recommend
Recommend
Recommend
トリックスターから、空へ
トリックスターから、空へ (JUGEMレビュー »)
太田 光
オピニオンリーダーとして俄然注目を集める太田光が、戦争、憲法、教育、そして日本という国そのものに真っ向から挑む! 話題作『憲法九条を世界遺産に』の論点を広げ、さらに掘り下げた意欲作。「本書を出すことが今の自分の使命だ」とまで言い切る太田光、渾身の一冊!
Recommend
憲法九条を世界遺産に
憲法九条を世界遺産に (JUGEMレビュー »)
太田 光, 中沢 新一
実に、日本国憲法とは、一瞬の奇蹟であった。それは無邪気なまでに理想社会の具現を目指したアメリカ人と、敗戦からようやく立ち上がり二度と戦争を起こすまいと固く決意した日本人との、奇蹟の合作というべきものだったのだ。しかし今、日本国憲法、特に九条は次第にその輝きを奪われつつあるように見える。この奇蹟をいかにして遺すべきか、いかにして次世代に伝えていくべきか。お笑い芸人の意地にかけて、芸の中でそれを表現しようとする太田と、その方法論を歴史から引き出そうとする中沢の、稀に見る熱い対論。宮沢賢治を手がかりに交わされた二人の議論の行き着く先は…。
Recommend
茶色の朝
茶色の朝 (JUGEMレビュー »)
フランク パヴロフ,ヴィンセント ギャロ,藤本 一勇,高橋 哲哉
突然「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことで起こる変化を描いた反ファシズムの寓話。
Recommend
戦争のつくりかた
戦争のつくりかた (JUGEMレビュー »)
りぼん・ぷろじぇくと
戦争はいきなり始まるものではなくて、一歩、また一歩とゆっくりと「戦争ができる」「戦争をしてもいい」「戦争しなきゃ」というように進むものだと思います。 本書はまさにこのプロセスを絵本仕立てでわかりやすく示した「戦争レシピ本」です。小学生でも80歳の方でも等しく読める内容です。多くの一般市民にとってこの本は「戦争を考えるヒント」になるのではないかと思います。
Recommend
Recommend
憲法は、政府に対する命令である。
憲法は、政府に対する命令である。 (JUGEMレビュー »)
ダグラス・ラミス
日本国民のどれくらいが「憲法とは何か」という問いに正しく答えられるのだろうか。著者は基本的に護憲の立場を取るが、その主張は第9条の正当性をヒステリックに叫ぶだけのものではない。本書は国際的かつ歴史的視点から憲法を解説し、日本国憲法が為政者と国民に何をもたらし、また何を抑制してきたかを整理するもの。
まずは「国の最高法規」である憲法が政府の施策のみならず、国民個人の政治的アイデンティティーを規定し、その国の文化にまで深い影響を与えていることを種々の学説や西欧の実例で示す。結果、日本国憲法の条文は主権在民の原則に立つ我が国の政府に対する「命令」であり、命令を下された側が足かせと感じるのは当然のことだと言う。「この憲法は米国から押しつけられたもので国民の総意ではない」という改憲派の常套句については、戦勝国の米国自身ですら制御できない権限を日本国民に与えたことを、米国が最も悔やんでいると反論する。
こうした立ち位置から第9条と安全保障条約、言論の自由、人権条項、政教分離の原則などをテーマに、現憲法の価値について考察を加えていく。
Recommend
憲法と戦争
憲法と戦争 (JUGEMレビュー »)
C.ダグラス ラミス, C.Douglas Lummis
憲法第9条に人びとを戦争からまもる力があるか? 国の交戦権とはどんな権利か? 自衛隊の海外派遣の本当の目的とは? 日米新ガイドラインのめざしているものは何か? これからの日本国憲法のために、改憲派であれ護憲派であれ、これだけは考えておきたいことを根源から問いなおす。
Recommend
みどりのゆび
みどりのゆび (JUGEMレビュー »)
モーリス ドリュオン, Maurice Druon, 安東 次男
裕福に暮らすチト少年は、お父さんが兵器を作る人だったことを知り、驚きました。じぶんが不思議な<みどりのゆび>をもっていることに気づいた少年は、町じゅうに花を咲かせます。チトって、だれだったのでしょう? (小学4・5年以上)
Recommend
愛国者は信用できるか
愛国者は信用できるか (JUGEMレビュー »)
鈴木 邦男
三島由紀夫は言った。「愛国心は嫌いだ」 なぜか!? 新右翼の大物が初心に返って「愛国心とは何か」を考え、その素晴らしさと危うさの両面を説く。天皇制や天皇論についても一家言を述べる。
Recommend
沖雅也と「大追跡」―70年代が生んだアクションの寵児
沖雅也と「大追跡」―70年代が生んだアクションの寵児 (JUGEMレビュー »)

初めてコメディータッチを取り入れた刑事ドラマ「大追跡」(1978年4〜9月)。後の「俺たちは天使だ」「プロハンター」「あぶない刑事」などに大きな影響を与えた。
「大追跡」を軸に、主役メンバーであった沖雅也氏の芝居やアクションを中心に論じた評伝。これまで知られていないエピソードなど満載。
Sponsored Links
SEO / RSS
New Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Search This Site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

あなたをチェンジするのに必要なこと

JUGEMテーマ:聖書

Saddleback Internet Campusの礼拝メモ(1月16日分)より。
ローマ人への手紙 第12章1〜12節からの説教。

WHAT IT TAKES TO REALLY CHANGE
A New You For A New Decade – Part 3
Rick Warren
January 15-16, 2011

 

ROMANS 12:1-12


1.  Commit your body to God

“Therefore, I urge you, brothers, in view of God's mercy, to offer your bodies as living sacrifices, holy and pleasing to God--this is your spiritual act of worship.”
Rom. 12:1 (NIV)

 

2.  Refocus Your Mind

Do not conform any longer to the pattern of this world, but be transformed by the renewing of your mind.”
Rom.12:2 (NIV)

 

3.  Assess Your Situation

“Do not think of yourself more highly than you ought, but rather think of yourself with sober judgment, in accordance with the measure of faith God has given you.”
Rom. 12:3 (NIV)

“… Be honest in your estimate of yourselves.” (NLT)

 

4.  We Need Community

“Just as our bodies have many parts and each part has a special function, so it is with Christ's body. We are all parts of his one body, and each of us has different work to do. And since we are all one body in Christ, we belong to each other, and each of us needs all the others.”
Rom. 12:4-5 (NLT)

 

5.  Fill Your Life With Love

“Don't just pretend that you love others. Really love them. Hate what is evil. Stand on the side of the good. Love each other with genuine affection, and take delight in honoring each other.”
Rom.12:9-10 (NLT)

 

6.  Nurture Your Enthusiasm

“Never be lacking in zeal, but keep your spiritual fervor, serving the Lord. Be joyful in hope, patient in affliction, faithful in prayer.”
Rom. 12:11-12 (NIV)


参考までに、邦訳聖書『新改訳聖書第3版』(新日本聖書刊行会)の該当個所を以下に掲載する。

1. そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。
2. この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい
3. 私は、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりひとりに言います。だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。いや、むしろ、神がおのおのに分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい。
4. 一つのからだには多くの器官があって、すべての器官が同じ働きはしないのと同じように、
5. 大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだでありひとりひとり互いに器官なのです
6. 私たちは、与えられた恵みに従って、異なった賜物を持っているので、もしそれが預言であれば、その信仰に応じて預言しなさい。
7. 奉仕であれば奉仕し、教える人であれば教えなさい。
8. 勧めをする人であれば勧め、分け与える人は惜しまずに分け与え、指導する人は熱心に指導し、慈善を行なう人は喜んでそれをしなさい。
9. 愛には偽りがあってはなりません。悪を憎み、善に親しみなさい。
10. 兄弟愛をもって心から互いに愛し合い尊敬をもって互いに人を自分よりまさっていると思いなさい
11. 勤勉で怠らず、霊に燃え、主に仕えなさい。
12. 望みを抱いて喜び、患難に耐え、絶えず祈りに励みなさい。

at 13:17, もーちゃん, 希望の光

comments(1), trackbacks(0)

NIV改訂訳と従来版、どちらが読みやすい?

JUGEMテーマ:聖書

英訳聖書の中で最もよく読まれている“New International Version (NIV)”(Zondervan Publishing House発行)の改訂版(NIV 2010)が、来る3月の印刷版販売に先駆け、昨年12月21日に電子書籍版(Kindle Edition)が発売された。
またその全文は
ウェブ上でも公開されている。

実際に従来版(NIV 1984)との比較をしてみる。
また参考のために、邦訳の『新改訳聖書 第3版』(新日本聖書刊行会発行)も併せて載せておく。

* - * - * - * - * - * - * - * - * - *

≪例1≫旧約聖書 イザヤ書 1章16〜17節

NIV 2010
Stop doing wrong.
   Learn to do right; seek justice.
   Defend the oppressed.
Take up the cause of the fatherless;
   plead the case of the widow.


NIV 1984
Stop doing wrong,
   learn to do right!
Seek justice,
   encourage the oppressed.
Defend the cause of the fatherless,
   plead the case of the widow.

新改訳聖書 第3版
悪事を働くのをやめよ。
善をなすことを習い、
公正を求め、しいたげる者を正し、
みなしごのために正しいさばきをなし、
やもめのために弁護せよ。

新改訳聖書で「しいたげる者を正し」に相当する部分は、2010年版では「しいたげられる者を弁護せよ」、1984年版では「……勇気づけよ」となっている。
2010年版の方が正確か。

また、「みなしごのために正しいさばきをなし」の部分は、2010年版では「父親のいない者の訴えを取り上げ」、1984年版では「……訴えを弁護せよ」となっている。
これは、2010年版で“Defend the oppressed”と“defend”という語を使ってしまったために“the cause of the fatherless”に対しては異なる表現(take up)を当てざるを得なかったためか。

ちなみに“New Living Translation (NLT)
(Tyndale House Publishers発行)では
Help the oppressed.
   Defend the cause of orphans.
と訳されている。

≪例2≫
新約聖書 ペテロの手紙第一 1章13節

NIV 2010
Therefore, with minds that are alert and fully sober, set your hope on the grace to be brought to you when Jesus Christ is revealed at his coming.

NIV 1984
Therefore, prepare your minds for action; be self-controlled; set your hope fully on the grace to be given you when Jesus Christ is revealed.

新改訳聖書 第3版
ですから、あなたがたは、心を引き締め、身を慎み、イエス・キリストの現れのときあなたがたにもたらされる恵みを、ひたすら待ち望みなさい。

「心を引き締め」に相当する部分は、
1984年版では「(いつでも)行動できるように心を整えておけ」と、一つの独立した文となっているが、2010年版では「身を慎み」とつなげて「用心深くまた全く慎重な心をもって」とし、次に続く文の副詞句として訳出されている。

≪例3≫新約聖書 エペソ人への手紙 5章1〜2節

NIV 2010
Follow God's example, therefore, as dearly loved children and walk in the way of love, just as Christ loved us and gave himself up for us as a fragrant offering and sacrifice to God.

NIV 1984
Be imitators of God, therefore, as dearly loved children and live a life of love, just as Christ loved us and gave himself up for us as a fragrant offering and sacrifice to God.

新改訳聖書 第3版
ですから、愛されている子どもらしく、神にならう者となりなさい。また、愛のうちに歩みなさい。キリストもあなたがたを愛して、私たちのために、ご自身を神へのささげ物、また供え物とし、香ばしいかおりをおささげになりました。

「神にならう者となりなさい」が2010年版では「神の模範に従え」、1984年版では「神の模倣者となりなさい」と訳されているが、ニュアンス的には大きな違いはなさそう。

「愛のうちに歩みなさい」が1984年版では意訳的に「愛の生活を送りなさい」となっていたのが、2010年版では
「愛の道を歩みなさい」と直訳的になっている。

* - * - * - * - * - * - * - * - * - *


Translator's Notes”によると、今回の改訂は全テキストのおよそ5%であり、その大部分は語彙や構文の変更だという。

また改訂の理由は、 ̄儻譴諒儔修鉾爾Δ發痢蔑磧Аalien”→“foreigner”)、▲謄スト研究の進歩によるもの、J鍵佞鯡棲里砲垢襪燭瓩里發率;,3点に集約されるとのこと。

上記の3例はいずれもに該当するものであると思われる。

基本的には新しい翻訳の方が優れていると考えるのが妥当なのだが、私の好みとしては、強いて言えば1984年版の方がしっくりくるような気がする。

あくまでも“好みの問題”であるが……。

at 17:16, もーちゃん, 希望の光

comments(0), trackbacks(0)

「わたしは新しい事をする」

JUGEMテーマ:聖書

「先の事どもを思い出すな。
昔の事どもを考えるな。
見よ。わたしは新しい事をする。
今、もうそれが起ろうとしている。」

──旧約聖書 イザヤ書43章18〜19節(新日本聖書刊行会発行『新改訳聖書第3版』による)

「先の事ども」「昔の事ども」とは出エジプトを、そして「新しい事」とは、直接的には将来(B.C.586)起こるバビロン捕囚とその半世紀後(B.C.538)の解放とを指しています。

しかしここでは、それだけにとどまらず、神がこれから私たちに与えようとしておられる恵みをも指しています。

神がこれからなさろうとしていることを、期待しつつ感謝をもって受け入れるようにとの、イザヤを通しての神からのメッセージなのです。

もちろん、
「主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」(旧約聖書 詩篇103篇2節と言われている通り、過去の神の恵みや憐みを忘れず、感謝することは大切です。

しかし、いつまでも過ぎ去った出来事にとらわれていては、長い人生の旅路をしっかりと地に足をつけて進むことができません。

英訳聖書“New Living Translation (NLT)”では、このイザヤ書の言葉は明快です。

“But forget all that--
it is nothing compared to what I am going to do.
For I am about to do something new.”

出エジプトで行われた数々の奇跡は、「これから私がしようとしていることと比べると取るに足りないことだ」と神は仰るのです。

新たな年を迎え、私たちは神の恵みを、そしてこれからなさろうとされている“良いわざ”を待ち望み、感謝をもって受け入れることができるように心を整えつつ、日々の歩みを確かなものとしていきましょう。

at 17:08, もーちゃん, 希望の光

comments(2), trackbacks(0)

一年の締めくくりに

JUGEMテーマ:聖書

に感謝せよ
主はまことにいつくしみ深い。
 その恵みはとこしえまで。

神の神であられる方に感謝せよ。
 その恵みはとこしえまで。

主の主であられる方に感謝せよ。
 その恵みはとこしえまで。

──旧約聖書・詩篇第136篇1〜3節(新日本聖書刊行会発行『新改訳聖書第3版』による

この一年、あなたにとってはどのような一年だったでしょうか。

私にとってのこの一年はまさに“波乱万丈”とも言える一年でした。

肉体的・精神的に日々ますます追いつめられ、離婚(正確にはまだ籍を抜いていないので単なる別居状態)、そして年末には退職と、ギリギリのところで次の就職先の決定……。

45年間生きてきて、これほどの苦痛を伴ったことがかつてあっただろうかと思うほど、とても辛い一年でした。

苦しみのただ中で、
「本当に神はおられるのだろうか。」
「神は私のこの苦しみをご存じなのだろうか。」
「先の見えない現状にはもはや耐えられない。」
──と、祈ることさえできなくなり、ただただつぶやいてばかりの毎日でした。

“不信仰の極み
と言ってもいい状況でした。

それでも主なる神は、私を決して見放さず、ご自身の
ご計画に従って私を導き、ここまで生かしてくださいました。

介護職に身を置いていた1年10か月が良い経験になったのかどうかは、正直なところ「はい」とは、今のところは言えません。

さらに言えば、ノンクリスチャンとの20年間の結婚生活から得られたものと失ったものとを天秤にかけて考えた時に、後悔の念が全くないとは言えません。

しかし、今は理解できなくても、将来的にはきっとこれが“意味のある生き方”だったのだということが分かる時が来るのを信じて、positiveに、そしてoptimisticに進んでいきたいと思います。

今年も当ブログを訪問してくださった方々、コメントを残してくださった方々に、心から御礼を申し上げます。

来年もどうか懲りずに訪れてくだされば嬉しく思います。

あなたがたに神からの豊かな祝福と恵みとがありますように。

at 05:08, もーちゃん, 希望の光

comments(0), trackbacks(1)

クリスマスタブロー2010

JUGEMテーマ:クリスマス

Christmas Tableaux 2010

本日(23日)、洛☆中学・高等学校毎年恒例のクリスマス・タブローが、大講堂において2時間にわたり上演されました。

第45回目を迎える今年は、全学年過去最多の5百人を超えるキャストおよびスタッフにより執り行われました。

プログラムは次の通りです(昨年とほぼ同じ)


第0幕 黎明の祈り
 キャンドルサービス
 祈り
 聖書:イザヤ書61章1〜3節

第1幕 かつての預言
 聖書:イザヤ書9章1〜6節
 聖書:民数記24章17節
 聖書:ミカ書5章1〜3節

第2幕 マリアへのお告げ
 聖歌:『朝日は昇りて』(中1聖歌隊)
 聖書:ルカの福音書1章26〜38節
 聖歌:『Ave Maria』(独唱)

第3幕 ヨゼフへのお告げ
 聖歌:『まぶねの中に』(高校聖歌隊)
 聖書:マタイの福音書1章18〜24節
 フルート独奏:奉献誦Op.12

第4幕 マリアとヨゼフ
 聖歌:『天なる神には』(高校聖歌隊)
 聖書:ルカの福音書2章1〜5節
 聖歌:『夕闇せまる』(独唱)
 聖書:ルカの福音書2章6〜7節

第5幕 天使と羊飼い
 ハンドベル:『ウェーバーによるロンド』『アダージョ』
 聖歌:『まきびと羊を』(一同)
 聖歌:『いざ子らを』(中1聖歌隊)
 聖書:ルカの福音書2章8〜14節
 聖歌:『荒野の果てに』(一同)
 ハンドベル:『主よ人の望みの喜びよ』(J.S.Bachカンタータ147)

第6幕 三博士
 聖書:マタイの福音書2章1〜8、16節

第7幕 星天使
 聖歌:『ああベツレヘムよ』(高校聖歌隊)
 聖歌:『くしくも照らす』(中1聖歌隊)
 聖書:マタイの福音書2章9節
 聖歌:『きよしこの夜』(一同・ハンドベル演奏)
 ハンドベル:『天地を創造したもう神よ』

第8幕 御降誕
 聖歌:『天には栄え』(中1聖歌隊)
 聖歌:『諸人こぞりて』(一同)
 聖書:ルカの福音書2章15〜20節
 ダンス:The Little Drummer Boy
 聖書:マタイの福音書2章10〜11節
 聖歌:『我らは来たりぬ』(高校聖歌隊)
 聖歌&ハンドベル:『神の御子は』

「(一同)」とあるのは、聖歌隊と共に私たち観客も歌うところ。大講堂内の前後3か所に設置されているスクリーンに歌詞が映し出される。

そして最後には一同で『きよしこの夜』をハミングで歌って終演。

ハンドベルの美しい響きには、とりわけ感動します。

この巨大な大講堂で総勢19人のハンドベル奏者が聖歌を奏でるのですが、その音質も手伝ってか、済んだ音がはっきりと響き渡っていました。

ところで、この「クリスマス・タブロー」は祈りとして行われるので、写真やビデオの撮影は禁じられています。

しかし“本編”終了後、観客が半分以上帰った頃に
高校聖歌隊による“アンコール”が始まります。
この時には当然撮影が可能ですから、私も慌てて手持ちのデジカメで撮ってみました。

http://www.youtube.com/watch?v=JllYa9naMIA
http://www.youtube.com/watch?v=DDHS9bEXtvU
http://www.youtube.com/watch?v=cafwVByWQ_w

音質も画像もあまりよくありませんが、雰囲気は十分に伝わっていることと思います。

そそくさと帰ってしまう観客には決して味わうことのできない“お楽しみ”です。

生徒たちの明るく生き生きとした歌声と表情が微笑ましく、心和ませるものがあります。

また来年も、再来年も、毎年必ずや観に行こうと、心に固く誓うもーちゃんでした

2010年洛星のクリスマスツリー
洛星校舎のステンドグラス
クリスマスタブロー記念2010

at 23:02, もーちゃん, 希望の光

comments(0), trackbacks(0)

久方ぶりのクリスマス礼拝〜祝会

JUGEMテーマ:クリスマス

今日19日はクリスマス礼拝。
何年ぶりか分からないくらい久しぶりに、このクリスマス礼拝に与る。

聖書朗読は、マタイの福音書2章1〜12節。

イエスが、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。
「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」
それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った。エルサレム中の人も王と同様であった。
そこで、王は、民の祭司長たち、学者たちをみな集めて、キリストはどこで生まれるのかと問いただした。
彼らは王に言った。
「ユダヤのベツレヘムです。預言者によってこう書かれているからです。
『ユダの地、ベツレヘム。
あなたはユダを治める者たちの中で、
決して一番小さくはない。
わたしの民イスラエルを治める支配者が、
あなたから出るのだから。』」
そこで、ヘロデはひそかに博士たちを呼んで、彼らから星の出現の時間を突き止めた。
そして、こう言って彼らをベツレヘムに送った。
「行って幼子のことを詳しく調べ、わかったら知らせてもらいたい。私も行って拝むから。」
彼らは王の言ったことを聞いて出かけた。
すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。
その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。
そしてその家に入って、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。
そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。
それから、夢でヘロデのところへ戻るなという戒めを受けたので、別の道から自分の国へ帰って行った。

──新日本聖書刊行会発行『新改訳聖書第3版』より引用

イエスの誕生の地から8キロほどしか離れていない祭司長や学者たちは、聖書に通じているにもかかわらず、イエスの誕生に興味がなかった。

かえって、異教の民であった、遠く何百キロも離れた東方の博士たちが星に導かれてベツレヘムまでやって来たのは特筆に値する出来事。

その博士たちは幼子イエスを導いた星に「この上もなく喜」び、イエスに「ひれ伏して拝」み、「黄金、乳香、没薬」といった高価な贈り物をささげる。

黄金イエスの尊厳を、乳香神性を象徴するもの。
また没薬は、死者を葬るために塗られる芳香性の樹脂であり、イエスが十字架につけられ殺されることを象徴するものである。

続きを読む >>

at 18:05, もーちゃん, 希望の光

comments(0), trackbacks(0)

思い煩いへの勝利

JUGEMテーマ:聖書

いかにして思い煩いに勝利するか

  神との正しい関係を持つ。

  重荷や思い煩いを祈りによって神のみ前に持って行き、そこに置いて身軽になって戻って来る。

  神の言葉の約束の上に立つ。

  問題の如何に関わらず、主を信頼し、信じ続ける。

  自分が状況を変えることができないものを、そのまま受け入れることを学ぶ。

  座して思い煩いの中にいるかわりに、そこから立ち上がって、何か活動的なことをする。趣味に時間を費やしたり、聖書を読んだりする。外に散歩に出るのもよい考えである。そうすれば、新鮮な風があなたの心のくもの巣を吹き去ってくれるでしょう。

  信頼できる友人にあなたの思い煩いを話してみる。

  仕事とレジャーのバランスに気をつける。誰にでも休暇は必要である。

  自分で薬を調合して使用しないこと。薬によってストレスや思い煩いを克服するのは危険である。何かあれば、必ず医者を訪ねるように。いつも健康にしていることは、自分と家族に対する責任である。肉体が病んでいると、思い煩いも生まれてくる。

 自分を追いつめることのないようにする。何か心配事がある時には、何か他のことをして気分をまぎらす。

 孤独を避ける。思い煩いに捕らえられた時には、ひとりにならないで外に出て、人のいる所に行く。他の人のことに興味を持つようにする。

 適当な休養をとる。夜ぐっすりと眠っている間に、思い煩いの気持ちがすっかりなくなってしまっているのに驚くことがあるでしょう。

 適当に食事をとる。間違った断食や、バランスの崩れた食餌療法などが、思い煩いの原因となっていることが案外に多い。

 今日一日を一生懸命に生きるようにする。明日起こることを思い煩わないように。その日その日を神からの賜物として生活する。

─レックス・ハンバード著『土台がくずれてもたおれない秘訣』より

at 23:09, もーちゃん, 希望の光

comments(0), trackbacks(0)

苦難の意義

JUGEMテーマ:聖書

神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。
こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。
それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているからです。
もし私たちが苦しみに会うなら、それはあなたがたの慰めと救いのためです。
もし私たちが慰めを受けるなら、それもあなたがたの慰めのためで、その慰めは、私たちが受けている苦難と同じ苦難に耐え抜く力をあなたがたに与えるのです。
(新約聖書・コリント人への手紙第二 1章4〜6節

先日、退職手続のために病院1階にある事務所へ行った。
手続きには、いつも優しく穏やかな副院長が対応してくれた。

面談室に案内されて、記入する書類の説明や退社時の諸注意など、一つひとつ丁寧に説明してくれた。

「どうでしたか、ここのお仕事? 大変でしたか?」と副院長。
「ええ、大変でした。毎日業務に追われていましたし、仕事そのものも苦手なことが多かったですし。それに、患者さんにきちんと向き合うことができなかったのが辛かったですね。業務が優先ですので、患者さんから何かアクションがあっても最後まで対応することができずに途中で放ったらかしになってしまうのが辛かったです。」
「そうでしたか。それはどうも申し訳ございませんでしたね。」
「いやいや、ここは病院ですから、他の施設とは違いますので(仕方がないことかと)……。」
「でも、いい経験にはなったでしょう?」
「ええ、いい経験になりました……。」

(本当に「いい経験」になったのだろうか
……。)

返事をしながらも、内心はそう疑問に感じていた。
私がここで働くことを神がよしとされたその理由が、正直なところよく分からなかった。

ある時、
「最も小さい者たち」(新約聖書・マタイの福音書 25章40節)に仕えるために、そしてこういう形で主に仕えるためにこの仕事を与えられたのだろうかとも考えた。

だとしても、私には苦手なことづくめの業務で、長く辛い2年間だった。
同僚には
──ワーカーだけでなく、看護師にも──かなり恵まれていたとは思うけれど。

そして今、与えられた御言葉が冒頭に掲げたもの。

この苦しみの多い仕事を通して、キリストにある慰めを
人々に与えることのできる人間に私を成長させるのが、神の目的だったのだろうか。
そしてこれからの私の人生において、これから出逢うであろう人たちに対して主の慰めを与える役目を私にお与えになるのだろうか。

決して意識的にではなく、また大げさな振る舞いをせずとも、普段の私の生き様を通して周りの人たちが主の慰めに触れるようになるのであれば、これまでの私の苦しみにも、そして私の存在そのものにも大きな意義があるではないか。

そう思うとほんの少し、心が軽くなったような気がした。

本当のところ、神の意志がどこにあるのかはよく分からないが……。

※文中の引用聖句は、新日本聖書刊行会発行『新改訳聖書』第3版より。

at 15:01, もーちゃん, 希望の光

comments(2), trackbacks(0)

御降誕を祝う置物

JUGEMテーマ:クリスマス

Crystal Nativity Set
24% LEAD CRYSTAL NATIVITY SET

学生時代にアメリカ・イリノイ州ロックフォードで短期ホームステイしたファミリーからプレゼントされた、イエス・キリストのご降誕を表したクリスタルガラス製の置物。

もらってから一度も日の目を見なかったが、四半世紀ぶりに初めて飾ることができた。

MERRY CHRISTMAS!

at 22:14, もーちゃん, 希望の光

comments(0), trackbacks(0)

祈りのうちに……

JUGEMテーマ:聖書

「そうして言った。『私の主人アブラハムの神、よ。きょう、私のためにどうか取り計らってください。私の主人アブラハムに恵みを施してください。……
(旧約聖書・創世記24章12節)

「そこでその人は、ひざまずき、を礼拝して、言った。『私の主人アブラハムの神、がほめたたえられますように。主は私の主人に対する恵みとまこととをお捨てにならなかった。はこの私をも途中つつがなく、私の主人の兄弟の家に導かれた。

(同26〜27節)

「アブラハムのしもべは、彼らのことばを聞くやいなや、地にひれ伏してを礼拝した。」
(同52節)

アブラハムは息子イサクの妻となる女性を、その時に住んでいたカナンの地からではなく、アブラハムの生まれ故郷であるメソポタミアにいる親類の中から見つけてくるようにと、最年長のしもべエリエゼルに命じます。

当時の習慣として、息子の妻はその両親が選ぶことになっていて、妻となる女性も10歳代半ばというのが普通でした。
また、息子の妻を親類の中から見つけるというのも、異教徒との結婚を避けるために普通に行われていました。

しかしながら、親類と一口に言っても“浜辺の砂”のごとくに多くいる中から“候補者”を見つけるのは、並大抵なことではありませんでした。

そうした大役を仰せつかったエリエゼルは、神に祈ります。
「私のためにどうか取り計らってください」と。
そして、イサクの妻となるべき女性リベカを探し出すと、感謝の祈りを捧げます。
さらに、リベカをイサクのもとへ連れ出す許可をその父ベトエルと兄ラバンからもらった時にも、エリエゼルは祈ります。

これから何か大きな事を行おうとするけれどもどうしていいのか分からない時、あるいは、どんなに些細だと思われるようなことでも、神に信頼し、拠り頼み、祈り、助けを求めていきましょう。
必ず神は、行くべき道を指し示し、導いてくださいます。

そして最後に、感謝の祈りも忘れないようにしましょう。

※上記引用聖句は、新日本聖書刊行会発行『新改訳聖書 第3版』より。
※参考文献:Zondervan Bible Publishers発行“The NIV Study Bible”、Tyndale House Publishers発行“Life Application Study Bible (NLT)”

at 21:29, もーちゃん, 希望の光

comments(0), trackbacks(0)